アクア

【トヨタ・アクア】安全性はどう?自動ブレーキの効きはいいのか!?

発売してから常にベストセラー上位に存在し続けるトヨタアクアですがその運転しやすさは気になりますね。

今回は安全装備はどうなのか、自動ブレーキの性能などもふまえて検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタアクアは運転しやすい?しにくい?

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

コンパクトカーのベストセラーであるトヨタアクアは燃費の良さで有名ですが、運転しやすさといった点ではどうなのでしょうか。

全長は4m少々で発売当初は今よりもバランスがソフトでコンフォートバランスに寄りすぎているとの評判でした。

マイナーチェンジで車体の剛性やサスペンションのセッティングを大幅に見直して見違えるような走行性能になりました。

設計上からハイブリッドユニットなど重たい物は可能な限り低い位置に搭載しています。

ドライバーが座る位置も低く設計されていて車両も重心が低くなるように最適化されて設計がされています。

前後輪の間(ホイールベース)が広くとられていて高速走行時の安定性が高まりました。

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

空力処理は外寸だけでなく、ボディのアンダーフロアまで徹底され爽快な加速と燃費の向上を両立させています。

加速はエンジンとモーターの2つの動力で高い加速性能を発揮、高速道路での進入時でももたつきは感じません。

ハイブリッドユニットの抜群の静粛性を生かして車内での会話や音楽の視聴も快適に過ごすことができます。

最少回転半径は4.8m、都心の狭い住宅街でもUターンや車庫入れでも苦労することはありません。

ハイブリッドシステムでは、エンジンを使わないでモーターだけ駆動させるEVドライブモードが使用でき、深夜や早朝に静かな住宅街での車庫入れなどで便利です。

まず、アクセルを踏むとモーターで発進、普通に街中を走行しているときはエンジンとモーターを効率的に使用して無駄のない駆動を行い、下り坂では車輪がモーターを駆動して減速エネルギーをバッテリーに充電することができます。

渋滞にはまった時はエンジンがストップしてガソリンを無駄にしないようになります。

引用:https://toyota.jp/aqua/customize/crossoverstyle/?padid=ag341_from_aqua_grade_customize_crossoverstyle

そして信号が変わって発信する時はエンジン+モーターの力で力強い加速、長い上り坂でもダブルのパワーで余裕に上ることができます。

そしてまた下り坂では使ったパワーを充電できる凄いシステムなんです。

バッテリーに余裕があれば帰宅時にEVモードで無音で車庫入れすることも可能です。

このようにトヨタアクアは運転しやすく使い勝手も抜群のコンパクトカーといえるのではかいでしょうか。

トヨタアクアの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

ここまではトヨタアクアの運転しやすさや取り回しなどについてご紹介させて頂きました。

ここではアクアに装備されている自動ブレーキや安全装備について検証していきたいと思います。

最近ではどのメーカーでも安全装備を充実させる傾向にあります。

ミリ波レーダーから始まり、単眼カメラ機能の向上や技術の蓄積などもあり、世界的に安全技術はますます進化しています。

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

アクアに搭載されている自動ブレーキはトヨタセーフティセンス(衝突回避支援パッケージ)と呼ばれています。

アクアではレーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーを基にした総合的な制御で事故の回避や衝突時の軽減を支援しています。

プリクラッシュセーフティは道路上の車や人を装備したレーザーとカメラで見極め、危険が近づいた場合には、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキアシストが働いてドライバーのブレーキ操作を助けます。

間に合わなかった場合には自動ブレーキが働き、衝突回避または被害軽減をサポートします。

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

はみださないをサポートする車両逸脱警報は、道路上の白線をセンサーで認識して、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせます。

夜の見やすさをサポートするオートマチックハイビームはロービームとを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。

切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

パーキングサポートブレーキはアクセルの踏み間違い等で起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。

車庫入れなどの運転時に4静止物への接近を表示とブザーで知らせるクリアランスソナーに、静止物との接触を緩和する機能を追加しました。

低速走行時に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

ドライブスタートコントロールはシフト操作時における急発進を抑え、万一の衝突時に衝撃を抑えます。

後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示することで注意を促し、ハイブリッドシステム出力を抑えます。

Bi-Beam LEDヘッドランプは単眼ででハイビームとロービームを切り替えられる設計になっています。

省電力性能が高く、しかも照射力に優れています。

先行車や対向車に対しての誤まった照射を防ぎ、車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

トヨタアクアの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

ここまではトヨタアクアの運転しやすいか、運転しにくいか、安全性、自動ブレーキについてお知らせさせてきました。

ここではアクアの安全装備である横滑り防止機能の性能について検証してみたいと思います。

初期型アクアではトヨタセーフティセンスは装備されていませんでしたが、ここまで検証してきたように、安全性、事故の軽減に対するトヨタの取り組みは凄い物がありますね。

もはや衝突軽減装置、自動ブレーキは必須といってよいかもしれません。

そうはいっても自動ブレーキなどの安全装備は新車購入時にしか装着車を選択できないですね。

ですからクルマを購入する時はメーカーごとに表現や装備の異なる安全装置について、よく知っておく必要があります。

トヨタセーフティセンスの他に横滑り防止装置があります。

 

Vehicle Stability Controlは急なハンドル操作や滑りやすい路面でのコーナリング時に横滑りが発生した場合、総合的に出力を制御して車両安定性を確保します。

Traction Controlは発進・加速時にタイヤの空転を抑えて、アクセル操作を容易にします。

ブレーキング時にタイヤロックを防ぐアンチロックブレーキ機能(ABS)に、ドライバーのコントロールのままに前後・左右輪に理想的な制動力配分を行うElectronic Brake force Distributionを採用。

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/

ブレーキの踏み込み速度と量から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシストも採用しています。

衝突時の被害を軽減するために6つのエアバッグを装備しています。

引用:https://toyota.jp/aqua/safety/?padid=ag341_from_aqua_navi_safety

SRSエアバッグ(運転席・助手席)SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)さまざまな状況を想定した安全性の確保として>全方位コンパティビリティボディ構造を採用しています。

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディGOAは、様々なサイズの異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求する、軽量化されたクルマの衝突安全性確保と、重量級のクルマの衝突したときの衝撃を軽減する方法によって双方の安全を図るという考え方を採り入れています。

引用:https://toyota.jp/aqua/customize/premiumpackage/?padid=ag341_from_aqua_grade_customize_premiumpackage

トヨタのアクアはセーフティサポートカーといい、自動ブレーキなどの安全運転支援装置を装備するドライバーの安全をサポートするクルマを政府が普及の啓蒙活動を促進しています。

インテリジェンスクリアランスソナーをオプション装着するとサポカーSとなります。

グレードによって装備が異なりますので注意が必要ですが心強いですね、トヨタアクアの安全装備は日進月歩で進化し続けています。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ