アクア

【トヨタ・アクア】エコカー減税で自動車税の費用がどう減るのか?

トヨタアクアはエコカーとしての基準を満たしていますので減税が受けられます。

これは自動車にかかるすべての税金にかかわっており、維持費に大きく利いてきます。

アクアの減税はどいったものかを解説します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタアクアのエコカー減税は効く?

自動車の税金には自動車取得税、自動車税、重量税があり自動車取得税とは、取得価額50万円を超える自動車を購入時に発生する税金のことをいいます。

自動車重量税は、車検時に払うもので車両重量と、新規登録からの経過年数に応じて税額が決まってるんです!

自動車税・軽自動車税とは、毎年4月1日に車の所有者に対してかかる税金です。

平成29 年度税制改正でエコカーに対する減税が実施されましたがご存知ですか?

国土交通省が定める排出ガスと燃費基準に合うエコカーに対して自動車税、自動車重量税、自動車取得税が軽減される優遇措置が実施されています。

これはエコカー税制とグリーン化税制の2つで前者が自動車重量税、自動車取得税に対する減税処置があり、後者は自動車に対する減税処置を決めています。

取得税は2018年4月1日~2019年3月31日までに新車を取得する場合、重量税は018年5月1日~2019年4月30日までに新車登録および最初の車検を受ける場合、自動車税は2019年3月31日までに新車を取得する場合に減税が行われます。

エコカー減税は2種類のグループで異なっているんですよ!

1つはガソリン自動車とハイブリッド自動車のグループであり、もう1つは電気自動車・クリーンディーゼル車・天然ガス自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリッド自動車などのグループです。

トヨタアクアは前者のグループに入ります。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/

トヨタアクアは平成32年度燃費基準50%達成車の認定を国土交通省より取得しているハイブリッド車という事で、平成29年度税制改正による新エコカー減税は自動車重量税が購入より5年間免税され、自動車取得税も免税なんです!

グリーン化特例は同様に排出ガス規制を一定の基準以上に達した車に対して行うものでトヨタアクアの場合基準をはるかに越しています。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/

そのため登録の翌年度の自動車税は概ね75%減税です。

この二つの減税は29年度の与党の税制改正大綱で検討が行われその年から2年間適用を延長されているものであるが、その後は31年度税制改正大綱の中で検討が行われていきます。

その中で基準となる排ガス規制の値も時代に合わせて決定され減税の基準も決められていきますが、温暖化の影響が厳しくなるため地球環境の保全の重要性はますます高まっているのですべての減税は続いていくものと予想されますね!

トヨタアクアで自動車税は安くなるの?

エコカー減税に追加してグリーン化特例というものがあります。

これも排ガス基準をあるルール以上達成した車に対して付与するものでトヨタアクアの場合排ガス規制値を10%以上オーバーすべきという基準に対してはるかにオーバーしていますから適用されます。

このルールによる減税は自動車税に対して適用されるんです!

自動車税は毎年4月1日に車を所有している人にかかりその年の税金を支払うものですが、特例が適用されると購入した翌年の4月1日にかけられる自動車税の75%が減税になります。

グリーン化特例も29年度より2年間実施が延長されていて適用されていますが、次は31年度税改正大綱の中で検討が進み、延長が決定されれば同じように続いていきます。

一般的に自動車税は34,500円ですからその75%が減税され支払う税金は9,000円となります。

これが購入した年の翌年の4月1日に実施されます。

その翌年からは減税措置はありませんから毎年4月1日に34,500円の自動車税を払う必要があります。

ところで自動車取得税は今後消費税が10%に増税されるとどうなろのでしょうか?

元々消費税と自動車取得税は似たような意味あいのものですね。

自動車取得税は購入した自動車の価格に対して3%かかるものですから消費税が増税されていけば廃止されても不思議ではありませんね!

しかし一度決まっている税制を減らすということは政府の立場としてはかなり抵抗があるでしょうからどうなるかわかりませんがもし廃止されるとなるとこの分エコカーであるというメリットが少なくなっていくのは否定できません。

引用:https://toyota.jp/aqua/

元々自動車取得税は道府県が市町村に対して道路整備のために交付する費用の財源として使うことを目的に徴収されていたのですが今では税制改正によりこの目的税より一般財源化されています。

しかも消費税の導入により購入の際には消費税も課せられるため二重の税金構造を持っていることが容易に推測できるでしょう!

この機会に自動車取得税という名前を廃止して自動車税に一本化してこの率を環境適合性能に応じて変えていくという案はすっきりしているように思われます。

ただ自動車取得税を廃止する代わりに自動車税を改定して環境性能で変化させるという案が検討されています。

環境性能割の課税対象になる自動車は、自動車取得税の場合と同様で購入する自動車の環境性能に応じて、税率が0%から3%の間で変動します。

こうなるとやはりハイブリッドのような環境適応車が有利になっていきますね!

トヨタアクアの税金費用はどのくらい?

トヨタアクアを購入し、維持していくにはどれだけ税金がかかるのでしょうか

現在アクアの新車を購入して登録した場合にはまず自動車取得税は0円でかからないんです!

エコカー減税がなかった場合には重量に応じてかかるのでグレードによって異なりますが5万円前後になりますがこれは全額減税です。

また自動車重量税も0円ですよ!

エコカー減税がない車にかかる税金22,500円は全額減税です。

自動車重量税は車の購入時と車検ごとにかかりますが、アクアはグリーン化特例で自動車重量税の減税の対象車ですから5年間は購入より免除され3年後の車検時にはやはり0円ですよ!

その後購入から5年後の車検時には15,000円の税金がかかります。

以降2年ごとの車検時に同様に1,5000円の税金がかかります。

引用:https://toyota.jp/aqua/

自動車税は34,500円ですが購入の翌年の4月1日に課税される分についてはグリーン化特例による減税が適用され、75%が減税されるんですよ!

その結果納入税金額は9,000円となります。

この自動車税の減税はその年だけで翌年からは4月1日ごとに34,500 円が課税されます。

中古車の場合どうなるかを説明します。

自動車取得税と自動車重量税のエコカー減税は中古車でも適用されます。

ただし適用の基準が複雑なので注意して下さい!

まず環境基準は自動車取得税と自動車重量税で同じですが、排ガス基準および平成27年度と平成32年度燃費基準の達成度合いで、エコカー減税を受けられるかどうかが決まります。

アクアの場合この基準を満たしているため減税が受けられます。

こうしてくるとガソリン車より税金の面でかなり有利になるのが理解頂けますね!

それでは軽自動車と比較した場合どうでしょうか?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

軽自動車にかかる税金も自動車取得税、自動車重量税、自動車税の3つです。

自動車取得税は自動車を購入する際にかかるもので軽自動車の取得価格の2%で普通車の3%より安くなります。

自動車重量税は軽自動車の場合重量に関係なく一律で3,300円/年購入時の新規検査時は3年分をそれ以外の車検時には2年分をまとめて支払います。

したがって新規検査の場合は9,900円で、2年ごとに車検時に6,600円なんです。

自動車税は、毎年4月1日時点で自動車を所有している者にかかります。

軽自動車の場合これを軽自動車税と呼びます。

これは税制が改正されたため2015年4月1日以降に新規検査を受けた軽自動車は10,800円/年で2015年3月31日までに新規検査を受けた軽自動車は7,200円/年

の額です。

普通車同様にエコカー減税があり、基準を満たしている車種に対しては自動車取得税は非課税または20%から最大80%の減税が受けられるんですよ!

重量税は、新規検査時に非課税または25%から最大75%の減税が受けられます。新規検査時に非課税となった自動車は2回目の車検時も非課となります。

軽自動車税は25%から最大75%の減税ですよ!

これらをまとめてアクアと比較するとエコカーの軽自動車では圧倒的に有利になります。

ただ安いというだけでは軽自動車が有利ですからやはりアクアはそれだけの魅力があって人気が出ているんです!

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ