アクア

【トヨタ・アクア】維持費やローンは?残価設定にする?説明します!

トヨタアクアはハイブリッド車の長年に渡るベストセラーカーですが購入する時にはローンを使用する方が多いのではないでしょうか。

今回はアクアのローンの種類や金利、残価設定プラン等について検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタアクアのローンはどのくらい?

引用:https://gazoo.com/news/info/180403.html

トヨタアクアはコンパクトカーのジャンルですが、ハイブリッド車ですので、税制上の特典がいくつか提要になります。

ガソリン車でも条件によっては減税の適用になるものの、免税の特典までは適用にはなりません。

同クラスのクルマを比較した場合、ガソリン車とハイブリッド車では価格に20~50万程の差ができてしまうため、減税の恩恵のみで購入の判断とするのは一概には言えません。

長い目で考えるとやはり、総合的に税制面だけでなく、ハイブリッドならではの性能面、走行性能やグレード間の必要な装備の差など考慮にいれて総額判断をするべきです。

引用:https://gazoo.com/impression/w0000136820.html

最近は自動車を購入する時に残価設定ローンを使用する方がふえてきました。

トヨタでもいくつかのプランがありますが、特徴などを調べて見たいと思います。

トヨタトリプルアシスト3つの組み合わせで購入時の負担を減らしライフスタイルにあった賢いクルマの買い方をトヨタが提案するものです。

1、残価設定プラン

車両金額の一部を残価(3~5年後の予想下取り価格)として据え置き、残りの金額を分割で支払いします。

メリットとして、毎月の支払いを通常のクレジットよりも低く抑えることができます。

3~5年後に次のクルマに乗り換えるときは、同じ販売店で新しいクルマに乗り換えるか乗っていたクルマを返却すればこれ以上の支払いは発生しません。

また、そのクルマを乗り続けたい場合は、残価分を一括精算するか、再クレジットで支払うことで継続して乗り続けることができます。

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_5.html

2、使ってバック

使ってバックの利用でTS CUBIC CARDのポイントを車のクレジット払いに充てることができるサービスがあります。

日々の買い物やクルマのガソリン代等の支払いで獲得したポイントがトヨタの販売店で購入した新車と中古車を購入した場合、1ポイント=1.5円でキャッシュバックできます。

例えば60,000円のお買いものをした場合60,000×1%=600pで600pの1.5倍で900円分がキャッシュバックされます。

キャッシュバックのタイミングとしては月々のクレジットの支払いに充当するか、年に1回ポイントを振込の2種類から選択できます。

トヨタアクアの残価設定はいくらなの?

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_5.html

ここまではトヨタアクアの購入時に使えるお得なプランをご紹介させて頂きました。

ここでは残価設定ローンの具体的な仕組みや金利などについて検証していきたいと思います。

クルマを購入すると、必ず加入しなければいけないのが自動車保険です。

トヨタのプランでは自動車保険もクレジットに組み込めてしまいます。

新車購入時に残価設定クレジットと一体化し、保険の支払額は契約期間終了まで一定なので計画的な支払いが可能となります。

しかも万一事故を起こした場合でも保険契約中の支払い額は変わりませんし、全国のトヨタディーラーネットワークのフォローがありますので

万一の事故やトラブルでも安心です。

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_5.html

残価設定プランでは販売店などで設定が異なりますが平均的と思われる数値を検証してみましょう。

アクアクロスオーバー現金支払い総額2,174,400円の場合、36回払いでは初回が38,949円で2回目以降が37,200円×34回、最終回が779,760円となっています。

金利は5.8%で金利込の総支払額は2,283,509円です。

60回では同じく総支払額,2174,400円の場合初回が32,156円で2回目以降が28,600円×58回、最終回が513,000円となっています。

金利は同じく5.8%で金利込の総支払額は2,403,956円です。

通常のディーラーローンですと36回で総支払額2,174,400円の場合は初回が60,107円で2回目以降が57,800×35回。

金利は7.8%で金利込の総支払額は2,283,107円です。

60回では同じく総支払額2,174,400円の場合初回41,790円で2回目以降が37,300×59回。

金利は7.8%で金利込の総支払額は2,442,490円となっています。

トヨタの残価設定プランの金利は5.8%という事がわかりました。

通常のディーラーローンは金利が7.8%でやはり金利面では残価設定プランがお得という事になります。

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_5.html

36回プランで7.8%と5.8%の金利差で総支払額があまり変わらないのは残存価格にも金利が加算されているからで、回数が長い60回だとかなり増額になってしまいますのでできるだけ低い金利設定の残価設定プランが賢い選択でしょう。

もっと金利が低く設定されたプランを利用したい場合は銀行のマイカーローンの利用がおすすめです。

2018年10月現在の金利は変動金利採用ですが都市銀行が2.5%地方銀行が2.4~4.4%となっています。

銀行に行く時間があり、書類を集めるのが面倒でなければ支払額が大きいだけに金利の負担が少なくすみます。

引用:https://bestcarweb.jp/money-insurance/car-loan/

トヨタのプランでもディーラー1か所で済み様々な特典もありますから、総合的に考えて数年ごとにのりかえる計画なら残価設定プラン、長く乗るつもりなら銀行のマイカーローンが適しているのではないかというのが結論になります。

トヨタアクアの維持費結局どのくらいかかるの?

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_4.html

ここまではトヨタアクアのローンの種類や残価設定プランの詳細についてお知らせさせていただきました。

ここではアクアの年間の維持費や諸費用などについて検証していきたいと思います。

トヨタアクアは残価設定ローンで賢いカーライフを送るのが良いでしょうとの結論がでましたが、そのほかに様々な諸費用が発生してきます。

これらはローンに組み込めないので別に計画を立ててカーライフを楽しまなくてはいけませんね。

まずは税金関連ですが、自動車税は毎年5月に支払い用紙が送られてきます。

最近では銀行の他にコンビニやクレジットカードでも支払いができるようになり、大変便利になってきました。

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_4.html

アクアはハイブリッド車ですのでエコカー減税の適用があります。

排気量1.5Lの場合自動車税は34,500円でエコカー減税75%で新車購入の翌年に限って25,500円の減税で納付額が9,000円で済みます。

購入時は月割り納付になりますので実質は減税になりませんが、自動車取得税が非課税となり、重量税も免税となります。

3年目からは通常の1.5L車として34,500円の自動車税を納付する形となっています。

ガソリン代ですが年間1万キロ走行するとして、アクアの実燃費を25km/Lとすると10000÷25=400L×140円=56,000円

通常のガソリン車だと実燃費を12km/Lとすると10000÷12=833L×140円=116,620円となり年間でガソリン代が半分以下で済む計算になりました。

引用:http://ehimetoyota.jp/aquamc/distinations/price/

オイル交換ですが4Lで3000円年間1回でエレメント交換2,000円で合計5,000円。

車検の時もエコカー減税の恩恵で重量税が減免され点検工賃と部品代程度ですので50,000万~100,000万位の出費で済むのではないでしょうか。

距離を走ってタイヤ交換が必要になればマックス料金位になるかもしれませんが、そうでなければ整備代もそれほどかからなくて済みます。

アクアはセカンドカーとしての需要も絶大なのがわかりますね。

 

引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ