比較・ランキング

【トヨタ・アクア】VS【スバル・インプレッサ】はどっちを選ぶか!?

発売以来ハイブリッド車のベストセラーとして大人気のアクアですが購入するときにはどのクルマと比較するのでしょうか。

今回はクラスは上でも価格が近いアクアとインプレッサを様々な視点から比較してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【トヨタ・アクア】VS【スバル・インプレッサ】は価格はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

ここでは両車の価格を中心とした比較を検証してみたいと思います。

アクアの価格を調べてみましょう。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_aqua_perf_performance_eng_hv01

L 1,785,240円〜

S 1,886,760円〜

G 2,052,000円〜

クロスオーバー 2,052,000円〜

クロスオーバーグラム 2,123,280円

GRスポーツ 2,322,000円〜

GRスポーツ17インチパッケージ 2,527,200円〜

https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

スバルインプレッサスポーツ

1.6i-L EyeSight  2WD 1,944,000円

1.6i-L EyeSight AWD 2,160,000円

2.0i-L EyeSight 2WD  2,181,600円

2.0i-L EyeSight AWD 2,397,600円

2.0i-S EyeSight  2WD  2,397,600円

2.0i-S EyeSight AWD 2,613,600円

インプレッサスポーツはアクアよりもクラスが上になりますが1.6Lのグレードなら購入時に検討できる価格帯だという事がわかりました。

アクアのセールスポイントはなんといっても低燃費です、ここはインプレッサスポーツでもかなわないでしょう。

初期型ではネガティブな意見も出ていた内装の質感や走行性能も改良を重ねて高いレベルに進化してきました。

マイナーチェンジでは待望の安全装備であるトヨタセーフティセンスも上級モデルに標準装備され、それ以外のモデルでもオプション装着できるようになり、インプレッサの売りでもあるアイサイトにも負けない性能を装着できるようになりました。

当初は搭載車が限られていたアイサイトも現在では全車に装備されていてアクアにはない前車追従機能も備えていますのでこの部分ではインプレッサに優位性があります。

インプレッサスポーツ2WD&16Lなら価格が同等のアクアの上位グレードですがスバルが得意とするAWDモデルを選択すると価格は少しオーバーしますが、その走行安定性を考えると非常に悩ましいところです。

価格のみで判断するなら、やはり絶対的な燃費性能を考慮するならアクア、スバルブランドが好きで走行安定性と安全機能の充実を考慮するならインプレッサといった選択になるでしょうか。

【トヨタ・アクア】VS【スバル・インプレッサ】大きさは?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

ここまではトヨタアクアとスバルインプレッサの価格を中心にお知らせさせて頂きました。

ここからは両社の大きさについて比較検証してみたいと思います。

アクアはコンパクトカーのジャンルに入るクルマですがインプレッサはどうなのでしょう。

大きさを比べてみたいと思います。

アクア

全長4,050mm

全幅1,695mm

全高1,455mm

インプレッサスポーツ

全長4,460

全幅1,775

全高1,480

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

インプレッサにはG4というセダンもありますが今回はハッチバック同士で比較してみたいと思います。

やはりインプレッサスポーツの方が全長410mm,全幅80mm,全高25mmそれぞれ大きくなっています。

アクアは5ナンバーでインプレッサスポーツは3ナンバー枠になりますが両車共に機械式駐車場には入るサイズですね。

また、両車共にクロスオーバーモデルがあり、アクアクロスオーバー、スバルXV両車共に機械式駐車場に入りますがXVは1550mmと制限に近い為にルーフアンテナを外さないと入庫できないようです。

インプレッサのデザインは躍動感と塊間をもとにスポーティネスと先進性を融合した長く愛される本質的なものとなっています。

アクアはコンパクトながら実用性と先進性を加味し、ハイブリッドシステムを生かし、空力にこだわった斬新なデザインで登場しました。

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

インプレッサスポーツ

室内長2,085mm

室内幅1,520mm

室内高1,200mm

アクア

室内長2,015mm

室内幅1,395mm

室内高1,175mm

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/?padid=ag341_from_aqua_perf_performance02

室内サイズはインプレッサスポーツが室内長70mm,室内幅115mm,室内高25mm上回っています。

外寸に比べて室内長はさすがに小さいですね。

やはりボンネットが短く設計されているアクアが外寸の割に広い室内を確保できています。

幅はインプレッサスポーツが3ナンバー枠を生かして広い空間を保っています。

定員は両車共に5名となっていますが後ろ席に3名乗ることを考えるとインプレッサスポーツの座席幅が余裕があって魅力的です。

アクアも低床式を生かして室内高が高くなっていますが、インプレッサスポーツは水平対向エンジンの上下に薄い設計のメリットを生かして室内高を稼いでいます。

それぞれのメーカーの技術特徴を生かした形で余裕のある空間を生み出しているわけですね。

【トヨタ・アクア】VS【スバル・インプレッサ】燃費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

ここまではトヨタアクアとスバルインプレッサスポーツの大きさや価格を中心としてお知らせさせて頂きました。

ここからは両社の特に燃費性能に重点をおいて検証してみたいと思います。

トヨタアクアはハイブリッドのみでグレード構成されています。

その燃費性能を調べて見ました。

ハイブリッドシステム
最高出力73kW(100PS)1.5Lエンジン(1NZ-FXE)
最高出力[NET] 54kW(74PS)/4,800r.p.m.
最大トルク[NET] 111N・m(11.3kgf・m)/3,600-4,400r.p.m.

1LMモーター
最高出力 45kW(61PS)
最大トルク 169N・m(17.2kgf・m)

燃費はJC08モードで37km/L(Lグレード)34.4km/L(Lグレード以外)

実燃費は22~25kmという声が多いようです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

インプレッサスポーツ

最高出力 85kw(115PS)1.6L DOHC 16バルブ

最大トルク 148N・m(15.1kgf・m)

燃費はJC08モードで18.2km/L(AWDは17.0km/L)

実燃費は13~14kmといった声が多いです。

最高出力 113kw(154PS) 2.0L DOHC 16バルブ

最大トルク 196N・m(20.0kgf・m)

燃費はJC08モードで17.0km/L(AWDは16.8km/L)

燃費の面ではアクアの圧勝になります。

カタログ値ではなく実燃費でも歴然とした差がついてしまいました。

最も効率の良いとされていたプリウスの1.5Lハイブリッドシステムをさらに小型化、車体も徹底した軽量化と空気抵抗を減らしたデザインの性能は凄いものがありますね。

インプレッサスポーツもハイブリッドを使用せず、燃費では不利とされる水平対向エンジンをここまで改良し続けたのはこれもまた凄いことだと思います。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

しかもAWD機械的な抵抗が大きいにもかかわらずこの数値をだせるのですから。

同等の価格から選択するならアクアの上位モデルとインプレッサスポーツ1.6L2WDモデルという比較になりますが、室内のスペースではインプレッサ、質感ではアクアの上位モデルならば同等と言えそうです。

ランニングコストでは税制面も入れてアクアの圧勝、走行性能や水平対向エンジンの魅力といった点ではインプレッサが有利になってきます。

これらのうちどの点を重視するかで選択が決まってくると思いますが、正直どちらを選択しても後悔はないといえます。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ