アクア

【トヨタ・アクア】改造やカスタムする!エアロパーツは何がある?

トヨタアクアの改造パーツにはどんなものがあるのでしょう?

マフラー、マフラーカッターは?

トヨタが提供しているカスタム車やカスタム化のパーツには何があるのでしょうか?

エアロパーツは?

カスタム化がどこまで簡単にできるのか紹介しました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタアクアの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

引用:https://www.fujitsubo.co.jp/home/catalog

トヨタアクアについても種々の専用の改造パーツをWEBサイトや販売店で見つけることができます。

排気音を小さく抑えるためのマフラーについても好みのものに取り換えて好きな音を出すマフラーカッターを取り付けたいというマニアもたくさんおられます。

はじめからついていたマフラーはどうしても錆が出るのでこれを隠し、愛車のドレスアップを図るためにマフラーカッターのみを取り付けるのは簡単にできるんです!

好みのマフラーカッターを購入してきてスパナーでボルトを取り付ければいいのです。

ただし車検を通すためにはリアバンパーよりはみ出さないとか、地上高を9cm以上確保するといった基準を満た必要があるんです!

また種類によってはバンパーを加工するバンパーカットが必要になることもあります。

引用:https://www.automaxizumi.com/SHOP/mafura.html

好きな形状のマフラカッターを購入して取り付ければこれだけでも車の高級感が増しますが、これでは音は出ませんね!

マフラーカッターの本来の目的である音を出すにはマフラーそのものを取り換える必要があります。

以前は、マフラーは何をつけてもよくて大きな音を出して走り回る車が出たため騒音による迷惑が多く、国土交通省の規制が厳しくなりました。

現在は、マフラーの交換に関しては国土交通省による騒音の増大を招くマフラーの切断・取外し及び基準不適合マフラーの装着に関する規制を考慮して規制に適合するものを選ぶ必要がありんです!

日本スポーツマフラー協会では協会JASMA認定品としてこの基準に適合するものに認定を与えています。

マフラーを購入する時はこの認定品を選ぶべきです。

引用:https://toyota.jp/aqua/

マフラーにはスチール製やステンレス製チタン製といった材質の異なるものがあり価格も違いますが、スチールではやはり錆が出るのでステンレス製がよく選ばれます。

材料により音はあまり変わりせんがマフラー形状で音が変わるんです!

形状には砲弾型や楕円太鼓型等がありますが、これにより音質が異なります。

また外へ出るテールの本数で音量が変わります。

どのような音が出るかを映像で紹介しているメーカも見受けられますね!

取り付けにはバンバーカットを必要とするものと不要のものがあります。

バンバーカットする場合はまた別のマフラーに変えたいと思った時に外への出方が異なるため、バンパーカットしたところが空いてしまうようなことが起きます。

後のこともよく考えて行う必要があるんです!

トヨタアクアのカスタム仕様や内装はこれ!

引用:https://toyota.jp/aqua/

トヨタ自身がカスタム仕様としてスタイルから始まって室内のインテリアに関するものや種々のアクセサリー安全装備等の付属品等に関するものとあらゆるものを提示しています。

スタイルについてもグレードごとに異なる色や材質からなるフロントグリルデカール、リヤライセンスデカールやフロントスポイラーを装置でき、メッキ調やカーボン調の色を楽しむことができますね!

室内の内装についてもフロアマットやアームレスト付のコンソールボックス、トノカバーなどを交換できます。

安全装置についてもいろいろなものがそろっていますね!

子供用の安全シートは万が一の衝突時にシート本体が前方に沈み込むのを抑える構造で体を守ります。

引用:https://toyota.jp/aqua/accessories/safety/

オートアラームセットはドアこじ開けやガラス割れ等の異常を検知した時にバッテリー内蔵サイレンが警報を発します。

引用:https://toyota.jp/aqua/accessories/safety/

乗車時に快適な室内を確保するために運転席と助手席のウェルカムライトやLEDアンサーバックタイプのリモートスタート、プラズマクラスター搭載LEDルームランプなどの装置が追加できます。

また種々のサポート用具で老齢の方などの運転、乗り降りを楽にし、安全を守ることができるんです!

電子インナーミラーはバックドア内側に取り付けたカメラで後方映像を表示し安全を守ります。

後ろの席に人が載っていても車の後方を広い範囲ではっきり見渡せるので後続車の状況も見え安全委運転ができます。

バックする時にも安全ですね!

Crossoverでは車のフロント、リアの両サイドにコーナーセンサを取り付けています。

これは運転時に障害物が20cmから50cmに近づいたときには断続的にピッピッピッとなり、20cm以内に近づくとピーと連続的に鳴ることで運転手に知らせ車が障害物に接触するのを防ぐことができます。

また種々のパーツの追加を含めてカスタマイズしたカスタムカーも販売していますね!

カスタマイズカーTRDではメーカーオプションのボディカラー、ホワイトパールクリスタルシャインを採用しメーカーオプションのLEDヘッドランプを装着しています。

引用:https://toyota.jp/aqua/customize/trd/

引用:https://toyota.jp/aqua/

メーカーパッケージオプションとしてエアロパーツセット、ハイレスポンスマフラーVer.S、16インチアルミホイールなどを選択できます。

安全装置についても種々のカスタマイズが可能です。

引用:https://toyota.jp/sapotoyo/commentary/sapotoyoplus/?padid=ag341_from_aqua_accessories_sapotoyoplus

トヨタが標準的に販売しているカスタムカーの中にはアクアウェルキャブシリーズとして福祉車両車があります。

その特徴の一つは助手席回転シートなんです!

助手席ドアを全開にしてレバーを押すと椅子が外向きに回転して外に出るので足の不自由なご老人なども椅子から立ち上がるような感覚で外に出ることができます。

引用:https://toyota.jp/aqua/welcab/p_kaiten/

またバッゲージスペースに手動いす用収納装置が装備されているものもあります。

手動いすを折りたたんで収納する時に収納装置のアームを伸ばしそれに手動いすを釣り下げてスイッチ操作で中に収納することができます。

これにより30kgもある手動いすを女性でも容易に積み下ろしすることができます。

引用:https://toyota.jp/aqua/welcab/p_kaiten/

これだけ狭い車内にこれだけの装置を組み込んでしかも性能に影響を与えないとは感嘆させられます。

トヨタアクアのエアロパーツやインチアップ、ホイールについて紹介

運転の性能や操縦安定性を高めるために空気抵抗を減らし、気流による車体の浮き上がりを抑える目的で自動車の車体に取り付けるエアロパーツもセットで供給しています。

フロントスポイラー、サイドマッドガード、リヤバンパースポイラーのセットで車体の全面、サイド、後部に取り付けることができます。

フロントはバンパーを取り外さず下半分を多くことにより装着できるフロントスポイラーが手間が少なくなり便利ですね!

フロントバンパー自体を取り換えるタイプのものもありますがバンパーを外して取り換えるためかなりの作業が必要です。

引用:https://toyota.jp/aqua/

車のサイドに装着するものはいろいろな種類と呼び方があります。両サイドのドア下端に左右セットで装着するエアロパーツはサイドスカート、サイドシルスポイラーなどと呼ぶ場合もありますが、ドア自体に装着するものをドアパネルと呼ぶこともあります。

又、マッドガードは前後分割になっているものの呼び方なんです!

リアに関してもバンパーの下半分を覆うものやバンパーの下部に装着するもの、バンパー自体を取り換えるものといった種類があります。

ホイールはトヨタ自身もカスタムカーに合わせて付属装備として販売していますが広くアクア用のホイールとしてインターネットでも入手可能です。

トヨタアクアのタイヤサイズは代表的なもので14インチ、15インチですがインチアップサイズで16インチ、17インチとなります。

引用:https://toyota.jp/aqua/customize/trd/

ホイールのインチアップするにはタイヤのサイズが変わらないようにする必要がありタイヤの穴サイズ等で決められたサイズのホイールを選定する必要があるんです!

トヨタのカスタムカーではこのキットを販売しています。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ