アクア

【トヨタ・アクア】試乗評価は実際に乗ってみて良いのか?悪いのか?

トヨタアクアに乗ったときの評価は?

乗り心地は?燃費の良さは?運転性能は?

専門家の試乗評価もかな発表されています。

またあなたが買おうと思って試乗する時は何に気を付けたらいいのでしょうか?

という観点より解説しました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタアクアの試乗レポート!

トヨタの公式サイトではすべての販売店で試乗できる機種を提示し、試乗の予約を行っています。

引用:https://toyota.jp/information/testdriveguide/

購入したい人がいつでも試乗を予約でき、車の評価ができます。

引用:https://toyota.jp/information/testdriveguide/

また社会には自動車評論家と呼ばれる集団がいますがご存知ですか?

日本にも数十人以上の自動車評論家が存在します。

これはモータージャーナリストとも呼ばれ、試乗の評論だけでなく普段は車に関する記事を投稿しています。

新車が出るとこれらの自動車評論家がそれぞれの方法で試乗評価を行いそのレポートを発表してるんです!

新型アクア発表後これらの自動車評論家が試乗レポートを発表しています。

各方面の試乗レポートが紹介されていますがその中より目立ったものを紹介します。

G ソフトレザーセレクションのグレードで距離700kmという試乗レポートも紹介されていますよ!

試乗ルートは東京から北関東、甲信越を周遊し国道292号線渋峠で標高2172mtと言う国道最高地点をとおり、さらに標高1472mの山梨・神奈川県境の柳沢峠を越えるコースで全行程の3割が山岳路という厳しいものです。

まずは燃費です。

この区間で合計で657.6km燃費計測を行いました。

給油量が合計25.56リットルのため実燃費は25.7km/リットルになりますが、通算の燃費計値は26.2km/リットルでした。

以前のアクアは高低のある道や高速では急に燃費が落ち、プリウスと逆転することも起こりましたが、完全に改良されたとの評価でしたね!

途中ワインディング道路や坂で加速を繰り返すという厳しい走り方にもかかわらず25km/L以上をキープしたというのは大したものでおとなしく走れば30km/Lも可能ではないかとの評価でした。

トヨタアクアの実際に乗ってみた試乗評価は?

引用:https://toyota.jp/aqua/

前述の試乗レポートが厳しい条件での運転性能と燃費の評価に重点を置いていたのに比べ、すべての項目で車としての評価を行ったレポートも発表されています。

2017年式アクアのSグレードのまだ150kmしか走っていない車で400kmの試乗した時のレポートなんです!

まずはハイブリッドの加速減速の質感や加速力についてはアクセルペダルを踏み込んでから最大加速に入るのは0.5秒~1秒後と比較的ゆっくりしているようです。

発進直後など速度が低いところからの加速は悪いが逆に中間加速とか上り坂での加速では、エンジン回転の高まり以上の力強さが感じられます。

その代わりは、ペダルレスポンスの部分で通常の1500ccエンジンを動力とする他車よりは、微調整に対する反応が良く、奥の方20%という部分での”少し抜く”という操作に対しても反応するようです。

これらはミッションに違いがあり、ガソリン車のように変速して高速で速度を上げていくというイメージではないためなんですね。

従来のアクアで見られたギーギーという音は鳴りを静めエンジン始動時にペダルを踏みこんだ時のノイズもずいぶん軽減されました。

引用:https://toyota.jp/aqua/

次は乗り心地です。

サスペンションが大幅に改善され乗り心地はワンランク上の車種並みになったという評価ですね!

リアシートでもフロアシートと変わらないくらい凸凹に対するショックを吸収して乗り心地の良さを確保しています。

広さに関してはこれまでの狭さを感じさせません。

リアシートのくぼみにより座ってしまえば体が安定してゆったり感を与えているようですね!

天井にが低い分、乗り降りの煩わしさは免れません。

足を出して、頭を抜いて、体を出すという行動になれる必要がありそうです。

ハンドルの操作性は400km近くまでは取られるよな課題があったようですが、距離を走ると消えていったとのことです。

高速での加速についてはやはり日本車特有のハンドルのふわふわ感は存在するんでしょうね!

ブレーキに関してはブレーキを抜く動作に関して調整が難しく、減速力のコントルールが難しいと評価しています。素早く踏むとブレーキアシストがすぐ介入し作動中は、弱める調整が全く効かないらしいためのようです。

燃費の評価はドライバーは交代で2名、乗員は最大3名という条件で出しています。

混雑の少ない市街地を中心に、流れに沿った運転だけを考えて250km走った時の燃費25.5km/Lであったとのことです。

トヨタアクアはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://toyota.jp/aqua/

自動車評論家によるレポートは参考になりますが、あくまで評論家としての立場で試乗したものです。

自動車メーカは自動車評論家にとっては大事な顧客ですから問題点の辛辣な評価はしにくい面もあることも理解して下さいね。

またこれまでの機種に比べて改良された点を強調して評価したいという点も特徴です。

また他社の同じ分類の機種と比較してどうかという面も大事なポイントになります。

このため特に厳しい条件で試乗してみて、その性能を評価することが特徴となっているようですね!

車を購入したいと思われる方はそのあと日常に乗るために買うのですから、あくまでその条件でどういった問題があるのかということが試乗のポイントになります。

まずは乗ったときの扱いやすさです。

ハンドルの握り具合、アクセル、ブレーキの踏み具合などは特に大事でしょう!

引用:https://toyota.jp/information/testdriveguide/

引用:https://toyota.jp/information/testdriveguide/

また視界の見やすさも評価の対象です。

引用:https://toyota.jp/information/testdriveguide/

いろいろなところを走ってみるのが評価には重要ですね!

通常駅までの送り迎えや買い物に使うのが中心の方には町中で込んだ道路での運転や狭い駐車場での駐車が容易かどうかなどの評価が大切です。

家族での帰省やドライブに遠出するために使うのが多い人にとっては高速道路での運転や田舎での運転がスムーズにできるかが問題になります。

引用:https://toyota.jp/aqua/

また家族の人数を考えてその数人が乗った時にどうなるかを評価すべきです。

坂の多いところや山道を通らなければいけないところに出かける人にとってはその条件と同じような場所を同じぐらいの人数乗車してみる必要がありますね!https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

気候の問題もあります。

夏が長く暑い場所ではクーラーをつけて走る期間が多くなります。

寒い地域では逆にヒーターが欠かせませんね!

それに雪の中を走りことも多いのですから損ことも考えないといけません。

燃費についてもこれらの条件によって全く異なる数字が出ます。

普通の道路と混んだ町中では全く違う数字が出ますよ!

高速道路などでも走り方でかなり変わります。

また燃費など温度によってもすぐ10%ぐらいの差が出るでしょう!

引用:https://toyota.jp/aqua/

温度によってエンジンの調子が変わるので同じガソリンで走れる距離が変わります。

そこへヒーターで電気を使うのですから燃費には大きな影響が出るのは理解できるでしょう。

ハイブリッドでないEV車が充電せずにどれだけ走れるのかということは大事なことですが、この時もヒーターやクーラーで大きな差が出ていました。

バッテリーにとってクーラー、ヒーターの負荷は厳しいものです。

いろいろな条件での燃費についてはディーラーによく聞いてくださいね。

運転のしやすさや乗り心地についても将来運転することが多い条件で評価する必要があります。

たくさん乗って高速を走るときにはアクセル踏み込みの時の加速性能とともにハンドルの切れなども問題になります。

またブレーキの効きもよく一度試しておいて下さい。

ブレーキも坂道などではどうなるかも一度試しておくのが大切です。

引用:https://toyota.jp/information/testdriveguide/

車庫入れに関しては自分の家の車庫に入れてみましょうね。

またよくいくモールの地下駐車場などに入れてみるのもお勧めします。

これまでエンジン車に乗っておられた方はハイブリッド車では少しかってが違います。

特に発進や車庫入れの時などの感覚が違います。

また坂道などでの発進や下るときエンジンブレーキの感覚が変わってくるので一度試して下さいね。

こういった点を考慮してポイントを決め、それを経験評価するために試乗されることをお勧めします。

またラゲッジスペースなども普段よく入れる荷物を入れて確かめておく必要があります。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ