アクア

【トヨタ・アクア】タイヤサイズはどうなの?サイズアップや交換は?

トヨタのアクアは発売以来ハイブリッドのベストセラーとして数多くの台数が販売されてきました。

台数が多いだけにドレスアップを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はドレスアップの初歩であるタイヤ・ホイール交換に焦点をあてて検証していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタアクアのタイヤのサイズは?

引用:https://gazoo.com/news/r313653.html

ご存じだと思いますがクルマを運転する上でタイヤは最も重要なパーツです。

スポーツ選手ならばシューズに値するものでそのクルマの性格の合わせたタイヤを装着して最適な性能を発揮できるといったものです。

ドレスアップでハイブリッド車に極端な大径タイヤ・ホイールを履かせてしまいますと見栄えは良くなりますが、燃費や乗り心地は悪化してしまいます。

また。ハイブリッド車で経済性を重視しすぎる為にすり減った残りの溝が少ないタイヤを履いていても運動性能の低下、ブレーキ性能の低下、乗り心地の低下、雨天時のハイドロプレーニングに危険性があるなどの障害がでてきてしまいます。

アクアの標準のタイヤサイズを見てみましょう。

引用:https://gazoo.com/news/info/171114_2.html

グレードG,Gソフトレザーセレクション、S、Lは185/60R15 5.1/2Jとなっています。

クロスオーバーは185/60R16 6Jとなっています。

クロスオーバーはタイヤサイズは同じですがホイールサイズが径と幅が広くなっていますね。

GRスポーツは185/60R15は標準でオプション設定されているのが195/50R16。

同じくGRスポーツでも17インチパッケージでは195/45R17となっています。

アクアは世代によって同じグレードでもタイヤサイズが異なりますので注意が必要です。

世代間のタイヤサイズはどのようになっているのでしょうか。

前期型では

G、Sが175/65R15

Lが165/70R14

後期型では

G,Sが175/65R15

Lが165/70R14

X-URBANが175/60R16

引用:https://gazoo.com/news/info/171114_2.html

前期型と後期で純正のタイヤサイズは175となっておりLグレードだけが165となっていて廉価判でカタログ燃費を重視したモデルだったためにこのサイズのタイヤサイズになったと思われます。

3代目ではすべてのグレードに渡って185サイズになっており、ホイールサイズの幅が広くなっています。

後期から設定されたX-URBANでは16インチタイヤが採用され、3代目で名称が変わったクロスオーバーも引き続いて16インチを採用しています。

X-URBANとクロスオーバーでは標準装備でアルミホイールが採用されていますが、G,S,Lグレードでは樹脂製ホイールキャップ付のスチールホイールとなっています。

ホイールキャップでも最近はデザイン性に優れていますし、傷がつけば簡単に廉価で交換できるメリットもありますが、スタイルと軽量化を重視してアルミホイールを装着したい場合はオプションを選択する形になります。

トヨタアクアのタイヤのサイズアップはどうやる?

引用:https://gazoo.com/news/info/171114_2.html

ここまではトヨタアクアのタイヤサイズについてお知らせさせて頂きました。

ここからはアクアのタイヤ・ホイールをサイズアップしたい場合はどうしたらよいのかについて検証してみたいと思います。

まず確認しなくてはいけないのがアクアは燃費を重視した設計になっているためにタイヤサイズの設定は非常にシビアになっている点です。

小型軽量に作られているのでサイズオーバーのタイヤを履かせてしまいますとフェンダーに干渉したり、走行性能に影響が出たりする場合がありますので注意が必要です。

本来の性能や乗り味を発揮するにはマメな空気圧のチェックが必要です。

インチアップのメリットとしては何と言っても見た目が良くなる点です。

引用:https://gazoo.com/impression/w0000136820.html

次にGRスポーツなどでも採用されていますが各部の最適化によって運動性能が高くなることでしょうか。

コーナーリングの時にグリップが良くなり、ブレーキの利きが良くなり総合的な性能を向上させることが可能です。

デメリットとしては乗り心地が悪くなり、燃費性能の低下の可能性、スポーツタイヤでは走行音が大きくなります。

インチアップする際の注意点としては、タイヤの外径が変わらないようにすることが第一です。

次に車体に干渉しないサイズを選択する事で、これは純正のオプションサイズから選択する以外にはお店の方とよく相談してから選択した方がよいですね。

重要な点は適正な空気圧を保つという事で、前述したと通りにタイヤの中に入っている空気は走行中に温まると圧が高まりますので提示されている空気圧から下がらないようにガソリンスタンドなどで確認すると安全です。

引用:https://gazoo.com/impression/w0000136820.html

タイヤをインチアップしますと扁平率が低くなり空気の入る量が少なくなります。

扁平タイヤに入る空気は圧を高めないとタイヤ自体がクルマを支える力が減ってしまいますのでより厳密な空気管理が必要になるわけです。

タイヤサイズを変更するときはこういったメリットとデメリットをよく考えた上で実行すると、見た目は良くなったが乗り心地が悪くなったとかハイブリッドなのに著しく燃費が悪くなった等の様にならない為にバランス良く選択していきましょう。

トヨタアクアのタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_4.html

ここまではトヨタアクアのタイヤサイズについてとインチアップの情報をお知らせさせて頂きました。

ここではアクアのタイヤ交換はどのようにして行うのかについて検証してみたいと思います。

アクアのタイヤは標準装着ではどのような銘柄が採用されているのでしょうか。

タイヤといっても種類がありすぎて何を選択してよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

GRスポーツ等の特殊なモデルを除いてアクアの様な低燃費を重視したハイブリッド車ではロングライフ低燃費タイプのタイヤが標準装着されています。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/?padid=ag341_from_aqua_perf_performance02

これらのタイヤはロングライフというだけあって、普通に使用しているうちは50,000kmくらいは持ってしまいます。

スポーツタイプのタイヤですと10,000kmくらいで寿命がきてしまう製品もありますのでやはり経済的ですね。

ただ、タイヤはゴムでできていますのでどんなロングライフタイヤでも3年くらいで劣化してきます。

屋内駐車場などで直射日光が当たらないなどの条件ですともう少し保たれる場合がありますが、安全に直結するものですので、特に車検にスリップサインが出そうなものは雨天時に大変危険ですので早めに交換しましょう。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

次には経年劣化するとタイヤサイドに細かいヒビが生じてきます。

通常乗っていると気が付きませんが、マメに洗車してタイヤまで磨いている方は発見するのが早いです。

この状態を続けると高速道路で走行した時にタイヤがバースト(破裂)してしまう危険性がありますので発見したら早めに交換しましょう。

この時にできれば4本とも交換したほうがバランスがよいです。

普段乗っているとタイヤを段差などに乗り上げることがありますが、タイヤサイドをこすると危険です。

小さな傷から少しずつ膨らんでくる場合がありますので、気が付いた場合はこれもバーストの危険がありますので早めに交換した方が良いでしょう。

引用:https://toyota.jp/lifestyle/topics/tire/spare/

出先でトラブルになった場合のことを考えるとスペアタイヤに交換する手順を練習しておくとよいでしょう。

パンク程度でしたらスペアタイヤに交換して自走すればJAFを呼ばなくても対処できます。

1、路肩の安全な場所に停めてエンジンを止めてください。

2、スペアタイヤをとりだして、タイヤのナットを緩める。

3、ジャッキでタイヤが地面から浮き上がるまで上げる。

4、ホイールナットを緩めてタイヤを外す。

5,スペアタイヤを装着してジャッキを下げる。

ここまでできれば非常時でも安心ですので時間に余裕のある時に練習しておくとよいでしょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ