アクア

【トヨタ・アクア】スペックや加速性能、乗り心地はどうなのか!?

トヨタアクアはその燃費の良さ、走行性能で爆発的な人気を得ています。

この性能は何からくるのでしょうか?

アクアのパワートレイン、ボディ技術総てが貢献しています。

アクアのスペックを紐解きその解説を行います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタアクアのスペック

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

路面に吸い付くような安定性を感じさせると評判のアクアの走行性能は何からくるのでしょうか?

アクアのパワートレイン、ボディ形状等総てが燃費を下げ快適なは走行を得られる設計になっています。

これらについて解説します。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/eng_hv/

アクアはハイブリッドシステムで1.5Lエンジンと1LMモーターが備えられておりこれが両方とも働くと最高出力73kWが出ます。

エンジンは最高出力54kWで4,800r.p.m.で、モーターは最高出力45kWです。

エンジンは燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンで低燃費でハイパワーが売り物なんです!

さらに独自に開発された排出ガス再循環システムにより効率を上げています。

電流のハイブリッド制御にはバッテリーの直流電流とモーター発電用の交流電流を最適に制御するという必要がりますが、これも独自開発の昇圧コンバーター付パワーコントロールユニットで制御しています。

駆動用モータの電力は小型高性能化されたハイブリッドバッテリーから供給されています。

このバッテリーの信頼度も高く、後部座席の下に配置することによりラゲージスペースのゆとりが確保されています。

ハイブリッドの心臓部であるトランスアクスルは駆動用・発電用モーターとエンジンの動力分割機構でこれが高効率のハイブリッド制御を行う中心部なんです!

ギヤトレーンの最適設計により、小型・軽量化され動力の伝達ロスも最小化されています。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36629

この部分がトヨタのハイブリッドの中心技術でトヨタがハイブリッドで世界の先進会社になった元となるものですね!

ブレーキを踏んだ時に運動エネルギーが回収されてバッテリーの充電が行われるのがハイブリッドシステムの特徴です。

これによりエネルギーのロスを最小にして燃費の向上を実現しています。

これを行う電子制御ブレーキシステムは油圧ブレーキと回生ブレーキより成り立っていますが、その制動力の分担は最適制御されており、最大の効率でロスの少ない回収が可能で充電が行われます。

これらの細かい制御が燃費の向上に貢献してるんです!

そのほかすべての部品、ボディの小型軽量化を図り、重量の低減がなされています。

これらの構造により世界最高級38.0km/Lの燃費性能が得られています。

また車体の形状も燃費に大きく貢献してるんですね!

車体はびっくりするくらい低く設計され、重心を低く設計されています。

またエンジンなどの重いものは総て車の中心に寄せて、低い位置に置くことで車の重心を下げて安定性を確保しています。

運転席のドライビング位置も低く設計されているので地面に吸い付いて運転しているような安定感を感じさせるでしょう!

これだけ車の重量を小さくすると加速した時にふわーと浮くような感じで不安定さを感じるものですが、それをほとんど感じさせません。

低い車高高と重心の低さが貢献してるんです!

またその形状は車の空気抵抗を極限まで少なくすることを追及して数々の工夫がなされています。

後部のルーフを下げた形状やルーフパネルをカモメの形状にしたところなどにそれを感じるでしょう!

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/
引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

タイヤ周辺のパーツも空気の入りと流れをスムーズに行う形状を採用しています。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

最小回転半径は4.8mと道が狭いところでも容易にUターンが可能です。

狭い駐車場や、混んだ細い道での走行、Uターンも容易にできます。

トヨタアクアの乗り心地は…いいのか!?

引用:https://toyota.jp/aqua/

2017年6月19日のマイナーチェンジにより最も改善されたのは乗り心地でしょう!

従来ごつごつした感じであったものがサスペンションの伸縮性の大幅改良で実に滑らかな乗り心地を実現できました。

サスペンションのボディ後端部分の剛性を高め、新しいタイプのショックアブソーバーも採用して減衰力は少し下げたためです。

この結果、路上の細かなデコボコを伝えにくく、段差を乗り越えた時の粗さも抑えられたと感じられるでしょう!

タイヤは燃費性能を重視のためエコタイヤを履いています。

エコタイヤは転がり抵抗を低下させておりその分タイヤのグリップ力が下がっていたのですが、最近グリップ力を確保して転がり抵抗を低くする技術が開発されました。

このことも乗り心地の改善に寄与してるんです!

またかって気になったエンジンルームからのガチャガチャした音も聞こえなくなりました。

ハイブリッドカーの静かであるという特性に加えて、サスペンション改善でボディの安定性を増し、ノイズ対策の遮音材をあちこちに挿入し、窓ガラスにも遮音性の高いガラスを採用したため室内の静けさは完全に改善されました。

ハイブリッド特有の運転時の進み方は慣れてくると運転の際の乗り心地の良さを感じさせるでしょう!

アクセルを踏むと、モーターだけで発進します。

引用:https://toyota.jp/aqua/

本当にすーっと音もなく出ていく感じで慣れないうちは逆に気を付けないと飛び出して何かにあたりそうになりますね!

この時は静かで排出ガスも出しません。

発進から中速走行時には、エンジンが始動せず、モーターのみで走行するので同じようにスムーズな静かな動きです。

高速になるとエンジンとモータで最適な効率で走行します。

加速すると時はエンジンとモータがダブルパワーで働き、駆動力が最高に達しトップクラスの加速性能が出ます。

高速などでもすいすいとスピードが出ていきますよ!

車体の低さのため地面に吸い付いたような感じでスポーティーな走りを楽しんで下さい!

この走行感覚がポップな色彩とともに若い人に人気があるのでしょう。

エンジンが音を立てて頑張っているといった感じは全くありませんね!

坂にかかってもエンジンとモータがダブルパワーで頑張り実に楽々と登っていきます。

通常はECOドライブモードでエンジンとモータ併用で走行しますが、EVドライブモードスイッチにより、モーターのみでの走行になり、静かに走行します。

町中の込んだ道や夜帰ってきたとき静かに走りたいときなどに利用すると便利です。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

これらの運転に慣れるとエンジン車より乗りやすいと思われます。

トヨタアクアの加速性能を報告します!

加速性能は 0km/hから100km/h になるまでの加速タイムで示されますがアクアの場合は 10.6 秒です。

コンパクトカーでは平均的な数値ですが、モーター・アシストの効果で、体感加速は数値以上でしょう!

加速性能に貢献するのはまずエンジン性能です。

エンジンだけでは54kwのものがモータの出力が加わって最高ではモータの45kwと加えた99kwとなり加えることによるロスを減じても74kwが出ます。

これにより高速道路でもスムーズな走行を実現しています。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

また坂を上るときにもエンジンとモータが協力し合って楽々と登っていきます。

引用:https://toyota.jp/aqua/performance/performance/

さらに影響を与えるのが車の重量です。

アクアの重量は1,060kgから1,100kgとコンパクトカーのほとんどが1,200kg近いのに比べて極端に軽くなっています。

これは各部品の小型化、軽量化を図るとともに車体も高さを低くしてボディの軽量化を図った結果ですね!

またその形状により空気抵抗の低減を図っています。

アクアのボディはルーフの真ん中が最も高く前から緩やかに上がる流線型をしています。

これが空気抵抗を下げるのに大きく貢献してるんです!

引用:https://toyota.jp/aqua/

またクルマを正面から見た時に、カモメ型と呼ばれるようにルーフ中心部を凹ませた形状にしています。

これは空気抵抗を減らし、車両重量の軽量化にも効果があります。

フロントタイヤ周りやアンテナ周りも空気抵抗を減らす工夫がなされています。

これらがすべて走行性能に貢献して快適な走りを感じさせられるんですね!

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ