アクア

【トヨタ・アクア】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

発売以来トップセラーを続けているトヨタアクアですがモデルチェンジの予定はどうなっているのでしょうか。

今回はモデルチェンジの情報や過去に行われてきた変更内容を検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタアクアのモデルチェンジ情報とは?

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/141208_1.html

トヨタアクアは2011年12月に初代が発売されました。

発売当初からクラス随一の世界でトップクラスの燃費を売りにしています。

構成はハイブリッド専用車でプリウスの1.8Lハイブリッドに対して1.5Lハイブリッドになっています。

 

2013年5月一部改良

上級グレードのGのブラックソフトレザーセレクションを設定し、高級化を希望するユーザーの声に答えました。

内装の充実化を図るとともにUVカットガラスなどを採用した。

2013年11月2度目の一部改良

ハイブリッドシステムとエンジンの改良で燃費の向上が図られました。

車体の改良を大幅に行い補強とサスペンションのセッティング変更を行い、新型タイヤを採用することによって大幅な静粛性の向上を実現しました。

スポーツモデルのG’sシリーズもこの時から追加されました。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/141208_1.html

2014年12月マイナーチェンジ

新しいグレードとしてX-URBANが追加された。

外観に新しい意匠のバンパーとヘッドライトを採用してフェイスリフトを実施した。

新色2色を含んだ全14色がラインナップされカラーの選択肢が豊富になりました。

今回で内装の大幅な質感の向上が図られ、インパネのピアノブラック塗装や新意匠のエアコンパネル、Gグレードではインパネに合皮があしらわれる等グレード間の差別化が施された。

車体の高剛性化と空力の改善も行われ、走行性能も向上されている。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/141208_1.html

2015年11月3度目の一部改良

新たにトヨタセーフティセンスCと先行者発信告知機能を採用、上級グレードには標準装備となっています。

レーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせでプリクラッシュブレーキと車線逸脱警告機能、オートマチックハイビームで構成された衝突回避支援パッケージをトヨタセーフティセンスCと呼ぶ。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/141208_1.html

2017年6月2度目のマイナーチェンジ

外観の意匠が大幅に変更され、メーター内部にTFTマルチインフォメーションディスプレイが装備されました。

X-UABANがCROSSOVERに改名されリニューアルされました。

2018年4月4度目の一部改良

トヨタセーフティセンスCが改良され、予防安全機能の統一化で総称がトヨタセーフティセンスと変更されました。

トヨタアクアのモデルチェンジを予想します!

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/141208_1.html

ここまではトヨタアクアのマイナーチェンジの内容などについてお知らせさせて頂きました。

ここではアクアのフルモデルチェンジに関する情報を検証してみたいと思います。

アクアのフルモデルチェンジは2019年11月だという情報があります。

大人気のコンパクトカーですのでメーカーでも最大級に力を入れてくると思いますが、なんといっても注目されるのが燃費性能です。

現行モデルが1.5Lハイブリッドで世界トップレベルの燃費を誇っている状態からプリウスの40.7km/Lを超えてくるのではないかと言われています。

ユニットは1.5Lハイブリッドで変わりないようですが大幅に改良を施して、低フリクション化、モーターや熱効率の改善などによって45km/Lを目標にしていると言われています。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170619.html

エクステリアの内サイズは大型化はしないと思われますがデザインは最近のトヨタのトレンドを取り入れたややアグレッシブな傾向になるのではないでしょうか。

インテリアに関しては初代からマイナーチェンジの度に上質感のあるものに変更を重ねてきました。

アクアのユーザーは上質なインテリアを好む傾向にあるようですが販売価格との兼ね合いやコストパフォーマンスもありますので極端には変えられないでしょう。

安全装備は販売に影響があるので現在のセーフティセンスからどこまで取り入れてくるのか興味深いですね。

少なくとも全車標準装備にはなり、上位グレードと下位グレードでオプション設定として内容を変えて使い分けるのではないでしょうか。

プラットフォームはトヨタの新型車が採用しているTNGAに進化するでしょう。

TNGAとは(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)と言い開発をシステム化して良いクルマを進化させて行こうと言う取り組みです。

これにより車体の高剛性化や軽量化が進化して走行安定性のさらなる向上、低燃費の実現や生産システムの最適化などを総合的にプロジェクト化されています。

グレード構成は現在の部分を継承していくと思われます。

マイナーチェンジ後に派生したクロスオーバーも好調に販売されていることから新型でも設定は継続していくでしょう。

価格は現在の傾向から少し値上がりすると思われます。

2019年には消費税が8%から10%に値上げされますが自動車の様な高額商品では影響が大きくなりますので政府でも何かしらの減税は行なってくると思われます。

年末から消費税値上げ予定の10月までは駆け込み需要が発生するかもされませんね。

トヨタアクアのモデルチェンジ時期はいつ頃?

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170619.html

ここまではトヨタアクアのフルモデルチェンジ情報などについてお知らせさせて頂きました。

ここではアクアのモデルチェンジの時期について検証してみたいと思います。

トヨタアクアのフルモデルチェンジの予定は前述した様に2019年の11月とも言われています。

トヨタのコンパクトカー売れ筋モデルはどの様に進化してくるのか注目したいところです。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170619.html

プリウス以来採用されているTNGAとはどの様なものなのでしょうか。

ただ事故の少ない丈夫なボディ作りとは違う様なので少し掘り下げてみたいと思います。

TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)とは。

1、基本性能の向上

2、グルーピング開発による部品・ユニットの賢い共用化

3、仕入れ先と協力して原価低減

4、商品力向上

の4項目をグループ化してもっといいクルマづくりを進化させる。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170619.html

プラットフォームは乗り降りのしやすさを最優先課題として車の低重心化、各部品の低配置化、乗車時のベストな姿勢の確保、流麗なデザインなど徹底的に追求する。

基本的な部分を徹底的に鍛えることで生まれてくる思想や哲学を車造りに落とし込んでいく。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170619.html

車両開発においては10年先を見据えた複数の車種を同時にグルーピング開発することにより部品の共通化を行い徹底した原価の軽減を行う。

生産や組み立て製造工程が効率化されることで部品とクルマ本体の高い品質を確保していく。

単なるプラットフォームのことを指した名所ではなく、総合的な開発プロジェクトの総称のことをTNGAと呼ぶ様ですね。

もう一つ掘り下げたいのが安全装備です。

現在のアクアにトヨタセーフティセンスCが装備されています。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170619.html

2018年4月の改良で最新の装備にアップデートされましたが新型ではどのように進化してくるのでしょうか。

新型アクアではトヨタセーフティセンスCから第2世代のトヨタセーフティセンスへと進化を遂げるのではないかと言われています。

単眼カメラ+レーザーレーダーの組み合わせから単眼カメラ+ミリ波レーダーの組み合わせ進化したのがセーフティセンスPとなります。

これらをさらに進化させ、カメラの小型化や性能の大幅な向上することにより、検知システムが高性能になるというものです。

具体的には検知される対象の幅が広がるということと、レーンチェンジシステムの精度の向上です。

自動運転の時代を踏まえるとこのシステムは毎年アップデートしてくるでしょう。

新型アクアがどのように進化してくるか、楽しみですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ