比較・ランキング

安い外車維持費も含めたランキングを発表します!スポーツカーは何がある?

車には様々な種類があります。
形状もいろいろありますが、海外メーカーが作っている外車があります。

外車には日本にないデザインなどの魅力があり、外車に乗りたいと思う方も多いかもしれません。
今回は、安い外車のランキングを発表していきます。

安い外車ランキングを大発表!

引用:https://autoc-one.jp/

外車といえば、値段が高い高級車を想像するかもしれませんが、意外と外車には安い車も多いです。

ここでは価格の安い外車をランキングで紹介していきたいと思います。

外車で車の価格設定が安めなのは、ドイツの有名メーカー「フォルクスワーゲン」の車があります。

フォルクスワーゲンは、日本でも数多く走っていて、馴染みのある方も多いかもしれませんね。

フォルクスワーゲンのエンブレムは、WVの組み合わせで、特徴的な形状なのでなので見れば印象に残ります。

そのフォルクスワーゲンの作る小型車、 フォルクスワーゲンupが外車では安い車になります。

第1位
<フォルクスワーゲン up>

引用:https://response.jp/

「フォルクスワーゲン up」の特徴は、ボディサイズがコンパクトであるということ。

外車は大きなボディのイメージがあり、コンパクトな車というのは珍しいですが、このフォルクスワーゲンupに関しては、非常に小さなサイズの車になっています。

<フォルクスワーゲンupのサイズ>
全長3,610mm x 全幅1,650 mm x 全高1,485mm

このようなサイズであれば、日本の狭い道路でも全く問題なく走れ、駐車場も選ばずにどこでも停めれる車です。

コンパクトサイズの外車であれば、女性でも乗りやすいですし、車にあまり乗らない方にもそれほど違和感を感じず運転できるサイズになっていると思いますよ。

車内は、もちろん大人4人が乗れるサイズです。

フォルクスワーゲンupに搭載されるエンジンmもコンパクトな、1リッター直列3気筒です。
燃費も23.1km/L(JC08モード)と燃費もいい車です。

フォルクスワーゲンup!の新車価格は、159.9万円です。
このような価格帯であれば、装備のある軽自動車を買うよりも安い価格になっています。

外車にしてはかなり安めの価格設定です。

第2位
<ルノー トゥインゴ ZEN MT>

引用:https://minkara.carview.co.jp/

フランスのかわいい車がルノートゥインゴZENです。

まず、丸いデザインで見た目が優しい印象を受ける車。
女性に好まれそうなデザインです。

ルノー トゥインゴ ZENは、ボディサイズも非常にコンパクト
全長×全幅×全高:3,620mm×1,650mm×1,545mm

エンジンタイプ:直列3気筒DOHC12バルブ
総排気量:0.998L
最高出力(EEC):52kW(71ps)/6,000rpm
最大トルク(EEC):91N・m(9.3kgm)/2,850rpm

ルノー トゥインゴ ゼン MTの車両価格は、177万円です。

最安値ではありませんが、200万円を切る安い価格に入る外車です。

第3位
<プジョー 208 スタイル 5MT>

引用:https://www.goo-net.com/

フランスの有名メーカープジョーの車。

今日も街中でよく見かける外車で、明るめの色が似合いそうな印象です。

プジョー208もコンパクトなボディーを持っています。
全長 3,975mm×全幅 1,740mm×全高 1,470mm
車両重量 1,040kg

プジョー208のエンジンは、3気筒のエンジンを搭載しています
1.2Lエンジンに5MTを組み合わせたプジョー208です。

直列3気筒DOHCエンジン
総排気量 1,199
最高出力 60/5,750
最大トルク 118/2,750
燃料消費率:19.0km/lJC08モード

プジョー208 スタイル 5MTの新車価格は、199万円です。

外車で安い車をチェックするとこのような車がありました。

大きな車のイメージがある外車にも、コンパクトカーがあり、価格が安いモデルも存在しています。

コンパクトカーは維持費が安いため、維持費を含めても外車の中では安い車です。

外車でも車両価格200万円以下でも種類があり、デザインなど好みに合わせた車を選ぶことが可能です。
意外に高そうに感じる外車も身近な価格で手に入れることかできますよ。

ランキング中の外車の維持費はどうなの?

引用:https://matome.response.jp/

デザインのかっこよさや個性があるのは外車の大きな魅力です。

日本車にはない雰囲気を持っている車。

そんな外車に乗りたいと思った時に、気になるのがお金の部分です。

中でも影響が高いのは、生活費にも関わる車の「維持費」

ここでは外車の維持費についてどのようなものがあり、いくらかかるのかをチェックしてみました。

まず、日本車よりも外車の方が維持費がかかるというイメージを持つ方が多いかもしれません。

外車はお金がかかるというようなこともよく聞く話なので、外車は維持費がかかりそうな印象を受けることも多いです。

引用:https://momonestyle.com/

車にかかる維持費はこのようなものがあります。

<車の維持費>
・自動車税
・任意保険
・タイヤ代金:約10万円(2〜3年)
・メンテナンス代金:30000円ぐらい(1年)
・ガソリン代
・車検代:約10万円〜(2〜3年)

<税金>
日本車や外車でも税金に関する部分は変わりません。
ただ、購入時に関してはエコカー減税などがあるため、選ぶ車によって税金が若干変わる場合があります。

車の維持費の一つの自動車税は、毎年5月に納める必要があります。
(自動車税:39,500~58,000円)

<任意保険>
任意保険に関しては、どのような種類の保険に入るかによって変わります。
目安の金額:約4万円(契約内容により異なります)

車両の保険も付けるのかどうかで金額は変わってきます。
基本的に、外車だから保険料が高いということはないので、日本車でも外車でも変わりません。

<ガソリン代>
ガソリン代は、車やグレードにより燃費が異なるため、選ぶグレードによりガソリン代が変わります。
ハイブリッドを選んだ方が燃費は有利です。
また、ハイオク車も多いので、ガソリン代は入れるガソリンの種類によっても変わります。

車に乗る距離によってもガソリン代は変わりますので、目安の数値が10000円(月)です。

<メンテナンス代>
外車で一番差が出るとすれば、メンテナンス代金です。

外車の場合は、車の故障時のパーツ交換が必要になると、パーツの金額が高かったり、パーツを取り寄せるのに時間がかかったりというようなデメリットがあります。

パーツの消耗品もあるため、数年ごとに交換が必要になるパーツもあるため、メンテナンス費用は日本車と差が出る傾向にあります。

引用:https://autoc-one.jp/

また、外車は国産車よりも整備性が良くないことも多いため、作業工賃が日本車より割高のケースがあります。
車検時のメンテナンス代にも注意が必要です。

外車購入を考える時に、 何年その車を乗るのかということによって考え方が変わってきます。
新車で購入して2、3年であればそれほどパーツの交換は必要がないためそこまで維持費がかからないケースが多いです。

ただ、中古車などを購入した場合は、パーツの消耗があったりとか、パーツの交換時期が迫ってたり、故障したりする部分があるので十分な注意が必要です。

特に大きなパーツが故障すると、費用がかさむため中古車選びは特に慎重に行なってくださいね。

外車の維持費は、基本的には日本車より、少し割高になると思った方がいいですよ。

外車のスポーツカーはどのくらいで買えるの?

引用:https://precious.jp/

外車といえばスポーツカー!

そのようなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

なぜなら「フェラーリ」や「ポルシェ」といった有名なスポーツカーが数多くあり、その車の知名度はとても高いからです。

ここでは、気になる外車のスポーツカーを購入するには、どれぐらいの費用がかかるのかをチェックしていきたいと思います。

まずは近年、日本でも人気の高いポルシェ。

ポルシェは、販売台数も伸びており、街中でも時々見ることがあります。
そのポルシェですが、ポルシェの中でもグレードによって金額が変わります。

例えば、ポルシェの718ケイマン

引用:http://kakaku.com/

718 Cayman Modelsの車両本体価格
6,730,000 円(消費税込)

ポルシェの安めのグレードの新車価格は600万円台です。

そして、ポルシェの911ターボモデル

引用:https://jp.autoblog.com/

911 Turbo Modelsの車両本体価格
22,670,000 円(消費税込)

ポルシェの911ターボモデルは2000万円をオーバーします。

ポルシェでも価格は、600万円〜2200万円と大きな開きがあります。

外車はグレードによる差が大きいため、どの車を選ぶかによって金額が大きく変わってきます。

ポルシェのケイマンであれば、外車のスポーツ系では、かなり安い部類に入り、国産の高級セダン車と変わらないぐらいの価格で購入することができます 。

有名な外車スポーツカーのフェラーリの価格も見てみます。

引用:https://www.webcg.net/

フェラーリーは、外車の中でも高めの車です。

その中でも安めの価格になる、新型フェラーリGTC4 ルッソの価格は3,470万円です。

フェラーリーでは、このような価格は普通になりますので、車両価格は高めです。

「ポルシェ」や「フェラーリ」ような価格の高い車が多いのは、外車スポーツカーの特徴の一つです。

これまで紹介した外車は、ちょっと価格が高めでしたが、 もう少し低価格のスポーツカーもあります。

アウディ・TTクーペ

引用:https://www.goo-net.com/

アウディの高い運転性能を維持しながら、コンパクトなボディーサイズを持つスポーツカーが「アウディ・TTクーペ」です。

オープンタイプもあるので、様々なシーンで活楽しむことができます。

アウディ・TTクーペは、外装も内装もシンプルにデザインされていて、運転する人の年齢関係なく、若い世代から年配の方までカッコよく乗りこなせる車です。

<新車価格>
1.8 TFSI S tronic:4,710,000 円

アウディ・TTクーペは中古車も多くて、時々安い車もあるので、中古車を探すのも面白い車です。

また外車にもコンパクトなスポーツカーがあります

プジョー「208GTi」

引用:https://www.peugeot.co.jp/

プジョーは、WRCなどラリーシーンで活躍し、実績のある車です。

全長:3,975mm
全幅:1,740mm
全高:1,470mm
ホイールベース:2,540mm
車両重量:1,200kg

1600ccのターボを搭載していて、コンパクトカーでも走りを楽しめる車です。

<プジョー208GTiのパワー>
最高出力:153kw(208ps)/6,000rpm
最大トルク:300kw(30.6kgm)/3,000rpm

このサイズで200馬力オーバーとパワフルな車です!

プジョー208GTiの車両本体価格は、3,686,600円~

維持費はコンパクト系の方が、パーツ代やタイヤ代も安いため、費用を抑えることができます。

今回は、外車の維持費も含めたランキングとスポーツカーを紹介しました。

スポーツカーは、価格も高いですが、維持費も高くなります。
逆に、コンパクトカーの方が維持費も安めになります。

安めの外車を探す場合は、コンパクト系から見ていくのがいいです。

また、外車のスポーツカーにも、大きな車からコンパクトカーまで、たくさんの種類がありますので探してみるのも面白いですよ。

安い外車を探す時は、中古車の選択もありますので、あなたにあったピッタリの一台を見つけてくださいね。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!