C-HR

【トヨタ・C-HR】新型や旧型でどう違う?年式で説明します!

2016年12月日本での販売を開始したトヨタC-HRこの車はトヨタがSUVにおける世界戦略の要として送り出されたものであり、かなり欧州を意識した開発および戦略を見せていました。

そのようなトヨタSUV世界でお目見えしてから4年、日本で発売されてから2年の経過をみてみましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタC-HRの現行・新型機の紹介します!

トヨタC-HRの現行・新型機の紹介します!引用元:https://toyota.jp

トヨタの現行機は一部改良を加えて2018年5月に改良されたものです。初代のトヨタC-HRが発売されてから1年半ほどで出された改良版のトヨタC-HR。

市場の反応はどうでしょう?また、どこに力を入れて変更されたのでしょうか。

トヨタC-HRの現行機について

トヨタC-HRの現行・新型機の紹介します!引用元:https://toyota.jp/

トヨタC-HRの現行機は2018年5月にお目見えしました。2016年12月に旧型機が発売されて以来、好調な推移での中で投入されたマイナーチェンジモデルだったのですが、大方の見方としては、大幅な変更はなくビジネスモデルに沿った軽微な修正という捉え方でした。

それだけ初代がきっちり作り込まれていたということだと思います。そのような変更だったので、現行機・旧型機という捉えられ方があまりなされていないといったところが一般ユーザーの見方のようです。

現行機はこんなところが変わった

トヨタC-HRの現行・新型機の紹介します!引用元:https://toyota.jp

2018年5月に行われたマイナーチェンジ。どのような内容だったかを確認しておきましょう。

今回おこなった点は大きく分けて2点になります。1つめは「LEDパッケージ」を出したというところです。前後のライトがLED化したのです。

これにより〝視認性の向上〟〝見た目のスタイリッシュさアップ〟という面が得られています。流れるウインカーもトヨタ初で搭載されました。

もう1つはガソリンターボ車に2WD車を追加投入したことです。これにより、従来の4WD車と比べて約20万円も価格が下がりました。

よりトヨタC-HRが手の届く存在になったといえます。

上記2点が大きな変更と言えるといえますが、それ以外にも新色を追加したりといった手が加えられました。

全体的に、あまり大きな手を加えることなく、よりコストパフォーマンスを良くしたというのが今回のマイナーチェンジの狙いだったと思います。

トヨタC-HRの旧型機を紹介します!

トヨタC-HRの旧型機を紹介します!引用元:http://kakaku.com

前述したとおり、この2018年5月に行われたマイナーチェンジは本当にごくわずかのものであり、大部分がそのまま据え置かれました。それだけ旧型機のインパクトが強かったトヨタC-HR。

そこには開発に関わった人々の熱い想いと、それに応えた発売時のユーザーの熱気がありました。その全体感をご紹介します。

パリでお目見えした初代

トヨタC-HRの旧型機を紹介します!引用元:https://autoc-one.jp

トヨタC-HRは2014年9月22日、フランス・パリで行われたモーターショーにてその産声をあげました。

それは実に日本でトヨタC-HRとして発売される2年も前の話。

トヨタにおいて、コンパクトなSUVを世界市場で投入することは悲願でした。

豊田社長による「本物のクルマを作ろうよ」という呼びかけにより進められたこのプロジェクト。

開発チームのメンバーは「妥協せず、徹底的な作りをしよう。SUVとしてほんもののクルマをつくろう。」として、〝走りの素晴らしさ〟〝スタイリッシュなかっこよさ〟を併せもつ一台を目指しました。

その走りを磨き続けた地がドイツのニュルブルクリンク。

この地にある〝世界一難しい〟とされるコースにて徹底的に走り込み、データを積み上げて改良に改良を加えて生まれた車。それがこのトヨタC-HRなのです。

トヨタでもここまでやりきったのは初の試みだそうです。

そのような縁で、トヨタC-HRは当初から欧州への投入をかなり意識していました。また、実際に走り込んで研ぎ澄まされた走りをもつC-HRは、これまで欧州車一筋だったユーザーを振り向かせているそうです。

日本を始めとして、中国などグローバルな市場で「トヨタが作ったトヨタらしくないコンパクトSUV」としてその地位を確立しています。

旧型機の発売当初について

トヨタC-HRの旧型機を紹介します!引用元:https://newsroom.toyota.co.jp

前項の通り、熱いマインドをもって欧州で産声をあげ、満を辞して日本市場に2016年12月登場したトヨタC-HR。

トヨタらしくない外観、インパクトのあるCMなどの効果なのか、爆発的な売れ行きをみせました。納車がまったく間に合わず、発注しても半年待ちというような事態が生まれるなど、一つの社会現象までみせました。

その要因としては「トヨタがプリウスで培ったハイブリッド技術を如何なく発揮」「シャープでソリットな外観で、タイヤのインチにいたるまでインパクトのあるスタイル」「乗る場所を選ばない多目的スタイルの車」というこの車がもつ様々な魅力に市場が鋭く反応した結果だと言えると思います。

その結果が、2018年11月現在で累計約19万台という累計販売台数に表れていると考えます。

また、その一台はトヨタでも珍しい「トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店」という全チャネルでの販売を敢行し、トヨタ東日本・岩手工場で一手に生産するという体制にも意気込みとして表れています。

トヨタC-HRを年式毎に比較!!

トヨタC-HRを年式毎に比較!!引用元:https://toyota.jp

トヨタが誇るコンパクトSUV、トヨタC-HRは徹底的な戦略をもって生まれた1台であり、旧型機よりその徹底した作り込みで話題を呼んだ1台でした。

また、その呼吸をほぼ受け継ぎながら、さらに先進性を深めた改良の現行機が今日では販売されています。

ここで、その旧型機と現行機について、様々な角度から比較してみたいと思います。

新型機と旧型機ではここが違う!

トヨタC-HRを年式毎に比較!!引用元:https://toyota.jp

旧型機と現行機、まずは外観から比較していきます。

現行機に変わって大きく変化した部分にライト類があります。フォルムなどはそのままに、ライティングにLEDランプを採用したのが現行機の大きな特徴となります。

ですので同じ顔をしていながら、さらに眼光鋭く目を見開いている印象が出たと思います。

また、流れるウィンカーが現行機において採用されていますので、走り出した時の雰囲気がより欧州的な車としての雰囲気を出しているのではないかと考えます。

カラー設定も発売当初はワントーン設定のみでしたが、2017年8月よりツートーンカラー設定が追加投入されました。

インテリアについては旧型機と現行機において、一切変更はありません。それだけ作り込んでいるからだと思います。

また、パワートレインについても大きな変更はありません。1.8Lハイブリッド車(2WD)、1.2Lターボエンジン車(4WD)という設定で準備されました。

これについては現行においては1.2Lターボエンジン車(2WD)というのが追加投入され、よりコスト的に手の届く範囲にきたと言えると思います。

マイナーチェンジある?

トヨタC-HRを年式毎に比較!!引用元:https://worldcar-ranking.com

さて、このように自信をもって投入され、長きにわたって〝スタイリッシュでコンパクトなSUV〟として愛されてきたトヨタC-HRだけに、なかなか大きな変化を生まないであろうと考えられます。

そんなトヨタC-HR、マイナーチェンジは再び行われるのでしょうか。

現状、市場における予想としては、マイナーチェンジの時期として2020年が予想されており、パワートレイン系の追加投入がなされると予想されています。具体的には〝ハイブリッド車に4WDモデルを投入〟また、北米仕様の2.0LのNAエンジンモデルが逆輸入される可能性もあると考えられます。

トヨタC-HR現行機・新型機に関するまとめ

トヨタC-HR現行機・新型機に関するまとめ引用元:https://toyota.jp

今回は、旧型機と現行機の比較を通して、トヨタC-HRの歴史についても様々に紐解いてみました。

実際、トヨタC-HRの開発において、走り込みとそのチューニングは全てドイツで行われています。これはトヨタでは類を見ない方法であり、それだけ世界市場を意識し、ドイツ勢などに対抗する1台として開発してきたことがわかります。

トヨタが時々生み出すロングランヒットの一台として、長くこの外観と先進性で選ばれ続けるのではないかと思いますし、それを裏打ちする歴史があるのだと感じますね。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/c-hr/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ