比較・ランキング

CR-Vとレネゲードを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

ホンダCR-Vジープレネゲードは個性的なSUVとしてドライブにレジャーに大活躍ですが比較してみるとどうなのか気になりますね。

今回はCR-Vレネゲードの大きさや乗り心地、燃費や維持費などを比較検証してみたいと思います。

CR-Vとレネゲードの乗り心地や大きさはどっち?

ex05_jpg_img_1440-e1551801693201

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv/gallery.html

まずは大きさを比較してみましょう。

ホンダCR-V

全長4605mm

全幅1855mm

全高1680mm

ホイールベース2660mm

室内長1970mm

室内幅1550mm

室内高1230mm

価格帯323〜436万円

pic_photos_01-e1551802076904

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

ジープレネゲードの大きさを調べてみました。

全長4255mm

全幅1805mm

全高1695mm

ホイールベース2570mm

価格帯355万円

in03_jpg_img_1440-e1551801745240

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv/gallery.html

ホンダCR-Vはレネゲードに対して350mm長く50mm広く15mm低くなっています。

ホイールベースは90mm長くなっていますから外寸から考慮してもCR-Vのほうが一回り大きなサイズになっていますね。

CR-Vのエクステリアデザインは歴代から受け継がれたホンダらしい無骨からは離れたSUVのフォルムをまとっていています。

先代モデルは2.4Lと2.0Lガソリンでしたが1.5Lガソリンターボと2.0Lハイブリッドにダウンサイジングされて軽量化にもなり、動力性能はしっかりと燃費も上がりました。

インテリアは破綻のない上質な物で丁寧にデザインされ、3列シートのグレードも用意されていますから選択肢が増えて嬉しいですね。

装備が充実すると共に価格も相当に上がってしまったのは仕方ないでしょうか。

レネゲードはグレードが整理されて2019年からはリミテッドだけのモノグレードとなりました。

1.4Lガソリンターボとやはりダウンサイジングエンジンですが加速性能に不満はありません。

FFのみでAWDの設定はありませんがレネゲードを選択するユーザーはアウトドアは行わずにSUVのフォルムを好んで購入する場合が多そうですからこれで正解だと思います。

インテリアは本革シートが奢られたシンプルながらSUVらしいインパネグリップもついた本格派ですから雰囲気もありますね。

ありきたりのセダンに乗るよりもFFの小排気量ターボで元気よく市街地を走り回るオフロードの雰囲気をまとったクルマを乗りこなすのは自らのプロデュース力に長けたレネゲードユーザーです。

パワートレーンはCR-Vが頭抜けていますがファッションとしてクルマを見たときに映えるのはどちらでしょうか。

CR-Vとレネゲードの維持費はどっち?

ex07_jpg_img_1440-e1551801792141

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv/gallery.html

ここまではホンダCR-Vとジープレネゲードの大きさや乗り心地についてお知らせさせて頂きました。

ここからはCR-Vとレネゲードの税金などの維持費について検証してみたいと思います。

クルマを維持していくには何種類も税金を納めなくてはなりませんね。

自動車税は購入時には月割りで納付し、翌年度からは1年分を5月末までに納付します。

重量税は購入時に3年分納付し、次回車検ごとに2年分を納付します。

ホンダCR-Vの税金はどうなのか調べてみました。

自動車税は1.5Lガソリンターボ グリーン化税制対象外 購入翌年度に34,500納付。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 購入翌年度に10,000円を納付。

重量も気になりますから調べてみました。

1.5Lガソリンターボ エコカー減税対象車 新車購入時3年分で22,500円を納付。

2.0Lハイブリッド  エコカー減税対象車  新車購入時3年分で7,500円を納付。

車検は格安車検で80,000円程度でエコカー対象車は70,000円程の予算が必要で,車検をディーラーで行う場合は100,000〜150,000円程の予算を用意しておくと良いでしょう。

CR-Vのタイヤサイズは235/60R18オールシーズンタイヤですので交換時には4本で80,000円程度の予算を用意すれば安心です。

pic_photos_02-1-e1551802145546

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

ジープレネゲードの税金情報も調べてみました。

自動車税はどうでしょうか。

1.4Lガソリンターボ グリーン化税制対象外 購入翌年度に34,500円を納付。

重量税も気になりますから調べてみました。

1.4Lガソリンターボ エコカー減税対象外 新車購入時3年分で22,500円を納付。

車検費用は格安車検では輸入車は追加費用が発生しますので85,000円程の予算が必要です。

車検をディーラーで行う場合では120,000円からのの予算を用意しておくと良いでしょう。

輸入車ディーラーでは油脂類やエレメント、バッテリーなどの消耗品は早めの交換を推奨されますからその分の費用は予算に考えておくことが必要です。

pic_design_pc-e1551802232396

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

レネゲードは215/60R17が標準サイズのオールシーズンタイヤです。

交換する時は60,000円程度の予算を用意しておくと安心ですね。

ところでジープディーラーが近隣にない場合はメンテナンスに困りますね。

しかし日常のオイル交換やエレメント交換する時はカー用品店で取り寄せもできますから利用するのも一考です。

CR-Vとレネゲードの燃費はどっち?

ex08_jpg_img_1440-e1551801835509

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv/gallery.html

ここまではホンダCR-Vとジープレネゲードの外寸やデザイン、乗り心地、税金関連の情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはCR-Vとレネゲードの燃費について検証してみたいと思います。

ホンダCR-Vのカタログ値の燃費を調べてみました。

1.5Lガソリンターボのカタログ値の燃費はJC08モード で14.6〜15.8km/Lとなっています。

2.0Lハイブリッドのカタログ値の燃費はJC08モード で25.0〜25.8km/L。

WLTC平均モード 25.8km/L 市街地モード 21.2km/L 郊外モード 22.1km/L 高速モード 20.7km/L

実燃費はどうなっているのでしょう。

pic_main_pc-e1551802286271

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

1.5Lガソリンターボ 実燃費は10.6km/Lです。

2.0Lハイブリッド 実燃費は15.8km/Lとなっています。

ひと月あたりの燃料費を1年間に1万キロ走行した場合で比較してみます。

1.5Lガソリンターボ10,000÷10.6=952×130レギュラー=123,760÷12=10,313円。

2.0Lハイブリッド10,000÷15.8=632×130=82,160÷12=6,846円。

in02_jpg_img_1440-e1551801927480

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv/gallery.html

ジープレネゲードのカタログ値の燃費を調べてみました。

1.4Lガソリンターボ WLTC平均モード  13.5km/L 市街地モード9.7km/L 郊外モード14.0km/L 高速モード15.8km/L。

レネゲードの実燃費も気になります。

1.4Lガソリンターボの実燃費は12.5km/Lとなっています。

ひと月あたりの燃料費を1年間に1万キロ走行した場合で比較してみます。

1.4Lガソリンターボ10,000÷12.5=800×150ハイオク=120,000÷12=10,000円という結果になりました。

レネゲードの355万円という価格帯は国産車のSUVのライバルがひしめき合う中では激戦区になります。

ex09_jpg_img_1440-e1551801877551

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv/gallery.html

ここではCR-Vとの比較になりますがそのCR-Vはライバル達に比べるとやや高めの価格が気になるところです。

主な販売先がアメリカだということもあり、サイズ感やデザインも海外に向いている気もしますね。

人気を得るには卓越したデザインか実用性に優れたコストパフォーマンスがないと残ってはいけません。

対してレネゲードは他にはない個性を持っており、同じ価格帯のCR-Vと比較するなら1.5Lガソリンターボの本革シートモデルことになります。

雰囲気では圧倒的に優っているレネゲードをここでは推したいところですね。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!