クロスビー

【スズキ・クロスビー】不具合とリコール情報紹介!対応はどう?

車を購入したあとに、設計や製造上の過誤で製品に欠陥が分かる場合があります。

このようなことは起きて欲しくないですが、スズキクロスビーではどうなのでしょう?

今回は、クロスビーのリコールや不具合情報をまとめてみましたので、参考になればと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキクロスビーの不具合報告はあるの?

引用:https://clicccar.com/

スズキ・クロスビーは2017年に発売されて1年以上経過していますが、不具合報告はあるのでしょうか?

クロスビーの不具合報告があるのかを調べてみました。

ネット上でクロスビーの不具合をチェックしてみると、いくつかの報告が出てきます。

まず、クロスビーの不具合が多いのは「音」に関するもの。

その中でも、リア周辺から音がするという声が多いです。

・リアの方から耳障りな音がする。
・アイドリング時にリアから音がする。
(ハイブリッドMZ 2WD)

排気に合わせて車内後部から音が聞こえてくるという現象があるようです。

引用:https://www.shigoto-ryokou.com/

動画で撮影されている映像もありましたが、「ボワーン ボワーン」という音がするそうですよ。

この音は、マフラーが原因になっているようです。

実際に、何人かの方が同じ体験をしているようなので、このような症状が発生する車もあるかもしれません。

もしこのような異音がでたら、ディーラーに相談した方がいいかもしれません。

車はエンジンが乗っているため、多少の振動や音は出ることがありますが、車内で聞こえる耳障りな音は勘弁してほしいですね。

他に不具合で目立ったのは、エンジン回転数に関するもの。

引用:http://blog.livedoor.jp/

停車中にエンジン回転数が急に上がる、というのような不具合を感じている方もいるようでした。

クロスビーはCVTではなく6ATなので、多少の回転数の変化はあるとは思いますが、明かにおかしいのは異常の可能性が高いと思います。

そのような車は運転が怖くて不安ですね。

最近では、新車を買っても故障するケースはめったにありませんが、ごく稀に起こるときもあります。

私の知人はミッションの変速がおかしくて、新車購入後3か月ほどでミッションを交換した事例がありますから。

特に初期型はトラブルが起こりやすい部分はあるかもしれません。

また車では不具合が数多く起こると、メーカー側が部品を回収して修理する「リコール」が発生します。

引用:http://moco-communication.com/

リコールは車やパーツに関する何らかの欠陥、不具合、または品質上の理由等により、製品の点検や修理を無料で行うこと。

リコールが出た場合はディーラーの点検修理を受けることになります。

クロスビーのリアの音に関してはリコールとしてあがってきていないため、現在リコール扱いではないようです。

リアの音は、現在納車される車は対策が行われている可能性も高く、問題が解決しているかもしれません。

車を長く安全に乗るためにも、不具合やリコールに関しては、今後もしっかりチェックしていきたい部分です。

スズキクロスビーのリコールの情報は出ているのか?

引用:https://autoc-one.jp/

スズキ・クロスビーではどのようなリコールがあるのでしょう?

リコール情報をチェックしてみました。

まず、現在報告されているのは、「エアバック」に関してのリコールです。
<該当車種>
クロスビー
型式:DAA-MN71S

リコール開始日は、
平成30年11月14日。

リコール対象車の台数は、382台となっています。
<不具合の内容>
助手席エアバッグの取付作業が不適切なため、助手席エアバッグ固定用スクリュが取付けられていないものがある。

そのため衝突時にエアバッグが正常に展開せず、乗員保護性能が低下するおそれがあるとのこと。

助手席のエアバックが作動しないかもしれないというのは、けっこう大きな問題ですね。

引用:https://motor-fan.jp/

もしもの時に作動しないこと、助手席に乗っている人の安全にも関わるので、該当している車の場合は早く修理したい所です。

改善の内容は、助手席エアバッグ固定用スクリュの有無を確認し、取付けられていないものはスクリュを取付ける作業になるようです。
<リコールの流れ>
・リコール対策車は、メーカーから通知、連絡がきます。
・ディーラーで予約して修理をしてもらいます。
(もちろん費用は発生しません。無料です)

多少時間のかかる作業になりそうなため車をディーラーに持って行くのは面倒ですが、該当車は早めに作業して安心してクロスビーに乗ってくださいね。

ただこちらのエアバックのリコールに関しては、すべてのクロスビーではなくある期間のみ製造された車です。

リコール対象車の製作期間:平成30年9月3日~平成30年9月20日

こちらの17日の間に製造された車が対象になるようなので、台数は382台となり、確率的には低いかもしれません。

引用:https://okazaki-kanko.jp/

クロスビーのリコール車両は車の車体番号でも確認できますので、車に積んである車検証の車体番号でも確認できそうです。

リコール対象車の車台番号:MN71S-126235~MN71S-127702

もし不安な方は車検証をチェックしたり、ディーラーに聞いてみるといいですよ。

ちなみにリコール対象車を保有している場合は、メーカーから通知や連絡が来ると思います。

引用:http://drivers.kurumaerabi.com/

私も以前、リコール対象車に乗っていましたが、メーカーから郵便で「リコール対象車」というハガキの通知が届いていました。

リコール通知は郵送が多いので、
時々、郵便物もチェックしないといけないなーと思いましたよ。

リコールはそんなに頻繁におこるものではないので、実際に自分の車がリコール対象車になる確率は高くはないですが、もし対象車になっている場合は早めに対策した方がいいです。

引用:http://bbs.kakaku.com/

また、発売して数年後にリコールになるということもあります。

過去には発売後10年たって、リコールが出た車もありました。

10年後にリコールと言われても、ピンときませんね。

リコール対応には期限はありませんが、事故につながることもあるので気をつけてください。

スズキクロスビーの不具合とリコール対応状況とまとめ

引用:https://car-moby.jp/

スズキ・クロスビーの不具合やリコールは、いくつか報告されています。

クロスビーの不具合では、音に関係するものが目立っていました。

特にインターネット上では、リアの異音に関しての意見は多かったです。

クロスビーの不具合の発生報告はありますが、際立って多いわけではなく、通常の新車で起こる範囲内のレベルだと言えます。

特に問題がある車というわけではありません。

もし車に乗っていておかしいなと感じたら、ディーラーで見てもらうのがいいですよ。

不具合が気になる時は、自分の車だけそうなのか?

他にも同じような症状が出ている車がないのか?

チェックしてみるといいかもしれません。

引用:https://www.cash-hiroba.com/

現在ネットを使用すれば口コミの情報もありますので、他の方の状況を確認してみるのもいいです。

ちなみにクロスビーを販売しているスズキでは、年間10件ほどのリコール届出件数がありました。

一時期リコール隠し問題などが話題になったこともありますが、リコールの多いメーカーだと年間20件を越える所もあります。

ここ3年間ではこのような自動車リコール届出件数になっています。

平成27年:232件
平成28年:224件
平成29年:204件

リコールは年々減少傾向にあるようですよ。

もし自分の車に乗っていて不具合を感じたら、まずディーラーや販売店に車を持ち込み、確認してもらうのがいいです。

違和感を感じたり、不安なまま車に乗るのは気分も良くないですから。

クロスビーのリコールに関しては、現在、「助手席エアバッグの取付」に関する1件が確認されています。

もし対象車の場合は、早めにディーラーで対応してもらってくださいね。

引用:http://home.kingsoft.jp/

今回はクロスビーの不具合情報やリコールに関して書きました。

車の購入後になるべく起きてほしくないのが「不具合」や「リコール」です。

ただ今後もリコール扱いになることもありますので、時々不具合やリコール情報もチェックるすといいかもしれません。

また小さなトラブルや不具合は、大きなトラブルにつながることもあります。

気になることがあったら早めに対策した方がいいですよ。

クロスビーをベストな状態で車に乗っていきたいですね。

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ