クロスビー

【スズキ・クロスビー】新型や旧型でどう違うの?年式でも説明!

2017年末に発売され、着実に人気を集めているスズキ・クロスビー。

過去に発売されたスズキのクルマのコンセプトなどを踏襲しつつ、完全な新型として世に現れました。

ここではそんな「先輩」たちも挙げながら、現在のクロスビーについて紹介したいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキクロスビーの現行・新型機の紹介をします!

引用:http://www.suzuki.co.jp/

前置きの通り、クロスビーは2017年12月25日に発売されました。

まだ一歳と少し、初代モデルが現行型です。広い内部空間と高い収納性を持つワゴンカーと、走る楽しさを追求するSUV車の良いとこ取りを目指したクロスオーバーSUVとして設計されました。

引用:https://car-moby.jp/

コンパクトで、四角ぎみでも角張りすぎず、力強さと可愛さが同居したような個性的なデザイン。

「このクルマなら、行きたいところに連れていってくれる。」という謳い文句のひとつに違わず、街中にも自然の中にもマッチするようになっています。

このボディは軽量衝撃吸収ボディー TECT[テクト]の構造が採用されており、衝突時の車体への衝撃を効率的に分散・吸収するようになっています。

歩行者に接触してしまった時の被害も軽減する構造にもなっており、デザインだけでない配慮もなされています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

インテリアも同様に、スタイリッシュな黒に差し色を取りいれ遊びごごろを一匙加えています。

撥水性の高いシートや見やすい中に遊びごごろも光る独自ディスプレイなど、実用性の高さも個性も兼ね備えています。

エクステリア・インテリア共に専用のカスタマイズアクセサリーが充実しているため、ユーザーの個性も自由に表現できます。

広く取られた室内スペースは快適の一言。

リアシートの可動にかなり自由が利くようになっており、収納スペースも十分以上に取ることができます。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

エンジンは1.0L直噴ターボによる高出力が特徴のK10C型ブースター ジェットエンジンを搭載し、それにモーター機能付き発電機を合わせマイルドハイブリッドにすることで燃費の向上も実現しました。

6AT、スイッチで路面に合わせた走行を切り替えられる4WDシステムなど、いかなる状況にも対応して走れるようになっています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

プラットフォームは新型「HEARTECT(ハーテクト)」。

サスペンションも一部に取り込んだ滑らかな骨格構造と、骨格結合部の強度を利用した部品削減による軽量化が特徴です。

総じて、目的や場所を問わず、どこでも独自の走りを見せることができるのがクロスビーの魅力といえるでしょう。

スズキクロスビーの旧型機を紹介します!

引用:http://www.suzuki.co.jp/

完全新型のクロスビー自身の旧型機はまだ存在しませんが、その前身といいますかコンセプトの元になったような車種は存在します。

デザイン・コンセプト面の前身「ハスラー」

引用:http://www.suzuki.co.jp/

スズキが誇る軽SUVの傑作、ハスラー。

クロスビーは発表時には「デカハスラー」と言われたこともあり、このハスラーの普通車版、大型化版ともいえる存在です。

丸いヘッドライトや存在感のあるフロントバンパー、特に「顔」部分の意匠は近いものとなっています。

小回りが効き、見た目もポップで親しみやすく、それでいてアウトドア性能も高いハスラーですが、クロスビーはデザインも含めた「気軽に乗れるSUV」としてのハスラーの流れを汲んでいます。

スズキはジムニーに対するジムニーシエラ、ワゴンRに対するソリオなど、人気軽自動車のサイズアップ版を度々出してきますが、クロスビーもそのひとつと言えます。

しかしクロスビーはハスラーの名前を継がずにあくまで完全な新型として発売されました。

実際、雰囲気こそ似ているものの、比べれば一目瞭然なほどに別のクルマです。

普通車・性能面の前身「イグニス」

引用:http://www.suzuki.co.jp/

クロスビーとハスラーの関連性は見て分かる程ですが、ある面においてはハスラー以上にクロスビーと似通ったクルマがあります。

クロスビーに少し先駆け2016年2月に発売されたコンパクトSUV、イグニスです。

普通車のコンパクトSUV、同一のプラットフォームとマイルドハイブリッド機構を搭載、スライドするリアシート、車体やタイヤのサイズ等、クルマとしての性能はクロスビーとかなり近いと言えます。

搭載エンジンや適応性の増した4WD制御、更に広く取れる収納スペースなど、クロスビーはイグニスよりアウトドア向けな印象です。

ワゴンカーとしての前身「ソリオ」

引用:http://www.suzuki.co.jp/

ここまでクロスビーの先輩として挙げてきたのはSUV車でしたが、実は公式が謳うクロスビーのジャンルはクロスオーバーワゴン

スズキのワゴンといえばワゴンRですが、そのワゴンRの普通車版を先祖に持つのがソリオです。

ソリオもプラットフォームはイグニス・クロスビーと同様にHEARTECTを採用していますので、この三車は骨格が同じ三兄弟みたいな存在でしょうか。

シートアレンジの自由さと、それに伴う収納性の高さは確かにクロスビーの「収納性に優れたワゴンカー」として先輩といえます。

スズキクロスビーを年式毎に比較!!

引用:https://kakaku.com/

先ほど三兄弟としたソリオ、イグニス、そしてクロスビー。

この三車を年代順で並べるとソリオ(4代目/2015年式モデル)→イグニス(2016年式モデル)→クロスビー(2017年式モデル)となります。

ソリオが今のプラットフォームを採用したのが2015年からですので、もし比較するならこの年代以降からとなります。

スズキ ソリオ(2015年~)

引用:https://kakaku.com/

この時のフルモデルチェンジからHEARTECTを採用し、著しい軽量化と性能向上、更なる車内拡大に成功しています。

それ以外にも、歩行者にも作動する衝突被害軽減ブレーキ機能「デュアルセンサーブレーキサポート」、TECTボディ、マイルドハイブリッドなど、三兄弟の基本システムは大体ここから既に搭載されています。

エンジンはK12C型デュアルジェットエンジンとなり、従来より更に小型化に成功したことも、軽量化に一役買っています。

スズキ イグニス(2016年~)

引用:https://kakaku.com/

完全新型にして、Aセグメント区分のコンパクトカーでは二台目のHEARTECT採用となりました。

ソリオはワゴンカーであったのに対し、イグニスはSUVとして発売されました。

エンジンも引き続きマイルドハイブリットシステムとK12C型デュアルジェットエンジンを採用し、ブレーキサポートなどの安全機能はセーフティパッケージという名称で一つにまとめられた上で標準搭載されました。

スズキ クロスビー(2017年~)

引用:https://kakaku.com/

イグニスにハスラーのガワを被せ、ソリオの収納性をできる限り持たせた結果がクロスビーです。

エンジンはK10C型ブースタージェットエンジンになり、馬力重視となりました。

セーフティパッケージという名称は使われていないものの、安全サポート機能は軒並み引き続き採用されている他、新たに後退時のブレーキなど、後方の安全もサポートされるようになりました。

スズキ ソリオ(2018年~)

引用:https://autoc-one.jp/

SUVの弟が誕生する中で、何度かの仕様変更を経てソリオがマイナーチェンジしました。

クロスビーが搭載した後方・後退時の安全サポート機能をこちらも採用し、更にデュアルセンサーブレーキサポートが夜間の歩行者も検知するようになり、
安全性がますます向上しました。

こうして追っていくと、ソリオ4代目を皮切りに、イグニス、クロスビーと、軽とは違うスズキのコンパクトカーの新たな形が次々と現れているように見えます。

三車とも同じベースがあるものの完全に別のクルマですので、一律して性能が上昇しているかは分かりづらいですが、特に安全予防機能の面では、日進月歩の技術向上は確かに見て取ることができます。

今後クロスビーが進化するときは、この流れを汲んだ上で更に独自の進化を遂げるのではないでしょうか。

 

アイキャッチ画像引用:https://twitter.com/louvre_x8/status/999983794210816001

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ