クロスビー

【スズキ・クロスビー】スペックや加速性能、乗り心地はどうなの?

スズキの新型クロスビーについて調べてみました。

実際のスペックや加速性能、乗り心地はどうなのでしょうか?

また、体験談はどのようなものがあるのでしょうか?

紹介していきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキクロスビーのスペックはこれだ!

引用:www.suzuki.co.jp/car/

クロスビーはクロスオーバーSUV車として2017年12月にデビューしました。

クロスビーが目指したのは、SUVらしい逞しさ力強さ

そして広い室内空間のワゴン

では、実際のスペックを見てみましょう。

エンジンはK10C型ブースター ジェット エンジンを搭載 1.0L直噴ターボ 6ATを採用。

クルーズコントロールシステムを搭載。

減速エネルギーを利用して発電し、加速時はモーターで力強くエンジンをアシストするマイルドハイブリッド。

2WDと4WDの両方あります。

引用:https://cartune.me/

特に路面状況に応じた走りを実現する4WDシステム。路面に応じて4つもモード変更ができます。

①スポーツモード

力強いトルクを発揮。エンジン回転数を高めにキープすることで、パワフルでスポーティーな走りを実現。

②スノーモード

必要以上のエンジントルクを抑制し、タイヤの空転を抑えることで、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進・加速をサポート

③グリップコントロールモード

タイヤの空転が発生した車輪のブレーキ制御を早めに強くすることで、ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポート。

④セルディセントコントロールモード

ブレーキ操作をしなくても自動的に車速を約7km/hにコントロールすることで、急な下り坂で車速を制御。

引用:www.suzuki.co.jp/car/

使い分けることで走りやすさをより追及することが出来るようになります。

なんだか、この4つのモードのスペックを挙げただけで、乗りたくなってしまいますね。

試乗してそのまま購入された方もいらっしゃるようなので、とても走りやすいのではないでしょうか。

実際のユーザーレビューでは、

・スポーツモード最強!

・加速時や登坂時にモーターアシストが機能して、燃費に優しい、十分な加速がある。

・雪道走行が楽しみ!

・出足は1000ccとは思えないほどいいです。

・スポーツモードと6ATで運転がとにかく楽しい。

車の性能や加速が良いなど、全体的に好意的な意見が多いようです。

それから、あまり目立たないですが、最小半径4.7mで回れるというスペックも持ち合わせています。

狭くて曲がりくねった道や路上駐車の車をかわすのに非常に効果を表すのではないのでしょうか。

運転しやすい。これは大事なポイントの一つです。

引用:https://lets-xbee.com/

燃費は公式HP 2WD JC08モード 22.0km/L 4WD JC08モード 20.6km/Lとなっています。

ですが実際のユーザーレビューではどうなのでしょうか?

ユーザーの声を抜粋すると

・エアコンONで13kmから15km エアコンOFFで18km前後

・街乗り13kmから14km 高速17kmから18km

・長距離移動では、21.5km

・燃費重視で走ると16km~19km

・この走り性能を考えれば燃費も合格レベル

平均をまとめますと、大体14kmから16kmというのが一般的なようです。

ハスラーが公式 2WD CVT車で32.0km/Lであることを考えると燃費ではあまり期待はできないようです。

ですが、ユーザーは、走りが楽しめる車でこの燃費であれば満足という回答が多いのが印象的でした。

スズキクロスビーの乗り心地は…どうなのか!?

引用:https://car-mo.jp/

ドライバーの体格や好みにあわせシート調整ができるよう設計されており、自分に合った設定ができます。

ドア3段階オープンなので狭い駐車場でも対応しやすいです。

駐車場が狭いと隣りの車にドアをぶつけやすいので、気を使いますよね。

ですが、スズキのクロスビーはドアが3段階オープンなので、無用なトラブルを避けることもできます。「jp-iijima.com/ クロスビー」の画像検索結果

引用:jp-iijima.com/

また、HYBRID MZでは紫外線(UV)約99%カット&赤外線(IR)カットをフロントガラスで採用するなど、日焼け等にも配慮されています。

特に女性には、嬉しいスペックの一つなのではないでしょうか。

引用:www.nr-mix.co.jp/

それだけではなく、前席シートには座面にシートヒーターを標準装備

寒い冬でも、座面が暖かくなり、震えながら運転することも無くなりそうです。

引用:news.livedoor.com/

広さはどうなのでしょうか?

車体は全長×全幅×全高 3760×1670×1705mm

同じスズキのハスラーより幅が広くなっています。

では実際のユーザーレビューを見てみましょう。

・シートに座った瞬間、車内の広さを実感する。後席もゆったり。

・シートは柔らかめ。

・SUVで車高高めなので重心の高さから曲がりはガマンレベル

・背が高いので横風などの影響は受けます。ただ自分的にはちょうど良い乗り心地です。

・後席の広さ…とにかく広い

・段差での突き上げも激しいとも感じないないし、振動も少ないので運転が楽だと思う。

車内の広さに関しては好意的な意見が多く、ただシートは柔らか目でもうすこし固めでも良いのではという意見もあります。

車高が高いのでカーブなどの曲がりに関しては、我慢という意見がありますが、シート着座の位置も高く運転はしやすいようです。

乗り心地に関しては、運転しやすいという意見が多いようです。

引用:https://www.carsensor.net/

調査をしていて、気が付いたことがあります。

それは、サスペンションに関することで、良くないとか書かれていないことです。

段差での突き上げも激しいと感じないというレビューがありました。

それはスズキの優れた操縦安定性を発揮するサスペンションが装備されているからです。

引用:https://www.webcartop.jp/

これは段差や長距離移動の想定をしており、高速道路などで使用するクルーズコントロールシステムを

搭載していることからもスズキが乗り心地を追及している姿勢が伝わってきます。

もう少し乗り心地に関するレビューを見てみましょう。

・高速走行に疲れる事がかなり軽減されましたし、驚くほどしなかやに走行します。

・全くの安定走行するので運転が楽になりました。

・車全体を細いコイルで小さな振動を吸収し、更に太いコイルで大きな段差を吸収して

いるな感じがしており、とても良いです。

・走っていて気持ち良い振動を伝えてきます。

・ボディ全体で衝撃をうまくいなしている。

ここから感じたことは、レジャーなど旅にとても使いやすい車だということです。

通常道路から高速道路に乗って、旅先の様々な路面(山道など)にも対応してくれる。

スズキの開発者が乗り手の事をすごく考えているという印象をレビューから感じています。

スズキクロスビーの加速性能を報告します!

引用:https://www.webcg.net/

今回、スズキの新型クロスビーは、1.0L直噴ターボで、1.5L自然吸気エンジン並みの高出力、

高トルクを実現しています。6速ATも標準装備しています。

更にマイルドハイブリッド車で発進時や加速時にはモーターがアシストしてくれます。

これが、スムーズな動き出しや高速道路の追い越し時に非常に効果を発揮します。

アクセルべた踏みの必要がなくなるということです。

さてそれでは、実際のユーザーレビューはどうなのか見ていきましょう。

・高速道路での追い抜きや合流、パワーや加速力が必要な場面でもストレスなく運転できた。

・パワーは満足。上り坂も余裕です。

・ダウンサイジングターボエンジンのおかげで、十分以上にパワフル。

・高速道路の追い越しも急な坂道も余裕。パドルシフトでシフトダウンして一気に加速、楽しいです。

・低速域で走行している時は、若干振動や揺れが気になる。

低速で走行しているときは、若干振動や揺れが気になるようです。

3気筒エンジン特有のものなのでしょうか。

中速や高速では、走っていてパワフルでストレスがないなど、加速性能が良く運転が楽しいというレビューが多いようです。

運転が楽しい!これだけで加速性能が良いかどうか答えが出ているような気がします。

引用:https://wakuwaku-car.xyz/

普段使いからレジャーまで、街乗りでも、山でも、高速でも対応する。

引用:www.suzuki.co.jp/car/

独身の人でも家族持ちの人でも楽しく乗りこなせる。

引用:https://car-happy-time-go.xyz/

今回は触れていませんが、試乗に奥さんを連れて行ったらデザインが可愛いくて即決定した、というレビューも多いです。

丸目で親しみやすい表情が、いいのかもしれませんね。

引用:https://matome.response.jp/

これから車を持とうとしている人も今は別の車に乗っている人も、

次に購入する車にスズキのクロスビーを検討する価値は非常にあると思います。

走っていて、楽しくて、街乗りにもレジャーにも対応できるそんなワクワクを提供してくれる。

それがスズキ クロスビー(XBEE)!!

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ