クラウン

【トヨタ・クラウン】値引きで買いたい!相場はどうなっているの?

日本の伝統的なセダンとして長年にわたり人気のあるトヨタクラウンですが値引きの情報が気になる方も多いと思います。

今回はクラウンの値引き相場や値引き限度額、値引き目標について検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタクラウンの値引き相場はどのくらい?

トヨタクラウンの値引き相場はどのくらい?

引用:https://toyota.jp/crown/

クルマを購入する時は値引き交渉をする必要がありますが苦手だという方もいると思います。

何の対策もしなければ値引きもそこそこの所で締め切られてしまいますから、少し工夫をして有利な買い物をするのが賢い方法ですね。

クラウンはトヨタ店とトヨペット店で取り扱っています。

2018年に発売された新型クラウンですが2019年の4月現在でも人気が衰えずに値引きはそれ程期待はできなさそうです。

車両本体値引きは23万円と価格の割には引き締められた状態が続いています。

クラウンの価格帯は400万円の後半から700万円の前半になっていますが中心グレードでは500万円台です。

クラウンは法人需要も多いためにモデルチェンジ直後では買い替える固定ユーザーもあることから注文が集中しがちで値引きも引き締められています。

トヨタクラウンの値引き相場はどのくらい?

引用:https://toyota.jp/crown/

ですから値引きを引き出したい時はモデルチェンジ直後は避けた方が正解です。

クラウンの値引きを引き出すにはライバル車と競合されるのが有効ですが同じ価格帯で同じコンセプトのクルマが良いでしょう。

具体的には日産フーガやメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4などがライバル車になります。

まずクラウンのの見積もりをもらったら上記のライバル車の見積もりも貰いに行きます。

ここでクラウンが第1希望だと悟られない事が大切になります。

高級セダンでラグジュアリーかスポーティな雰囲気で迷っている感を出せたら良いでしょう。

輸入車でも値引きが拡大する時もありますから値引きの書いてある見積書を持ってトヨタディーラーに赴いて条件次第ではクラウンに気持ちが傾く事をアピールします。

この時に下取り車の査定もしてもらいますが同時期に買取専門店でも査定をしてもらいましょう。

せっかく値引きを引き出しても下取り価格はで損をしてしまうケースはとてももったいないです。

トヨタクラウンの値引き相場はどのくらい?

引用:https://toyota.jp/crown/

クラウンの様な高額な買い物をする時は10〜20万円程度は小さく感じてしまいますが冷静になりましょう。

数店舗を回るよりも一括査定などを利用して最も高い査定を出してくれる買取店を探しましょう。

ディーラーでの下取りでは同じメーカー以外では低くなる場合が多いです。

4WDやスポーツカーなどマニアックなクルマは殆ど独自の市場価格が築かれている事からわかる事だと思います。

トヨタクラウンの値引きの限度はどこまでいけるか!?

トヨタクラウンの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用:https://toyota.jp/crown/

ここまではトヨタクラウンの値引き相場についてお知らせさせて頂きました。

ここではクラウンの値引き限度について検証してみたいと思います。

クルマの値引きと査定額は同じ見積書にのりますから調整が可能になります。

値引き20万円と下取り50万円から値引き25万円と下取り50万円に増えたとしても値引き20万円と下取り65万円だったら総額値引きでは後者がお得になります。

本当の査定額を調べてから値引き交渉をしておかないと損をしてしまいます。

買取店の査定額よりもディーラー査定の方が高ければ買取店は断ってそのままディーラーで下取りして貰えば良いのです。

車両本体値引きのほかにもディーラーオプションからの値引きも可能になります。

ナビゲーションやエンターテイメント系のオプションは価格が嵩みますからそこからの値引きは2〜30%は可能だと思われます。

トヨタクラウンの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用:https://toyota.jp/crown/

ナビゲーションの普及価格モデルとドライブレコーダー、ETCユニットはセットオプションになっている場合もありますが30万円であれば9万円の値引きは期待できるでしょう。

クラウンの場合はエントリーグレード以外でメモリーナビが標準装備になりますからエアロパーツやアルミホイールなどで交渉してみるとよいでしょう。

その他にもディーラーオプションで装着するよりもカー用品で装着した方がかなり安くなるパーツもあります。

クラウンとの車格のマッチングもありますがドライブレコーダーやETCユニットは2〜3万円の差額がありますしフロアマットなども純正品は5〜10万円と結構な金額ですから社外品にすることで5〜6万は節約する事ができます。

値引き交渉は1度で済ませずにライバル車ディーラーとも交渉しながら2〜3度に分けて行うと効果的です。

おおよその交渉がすすんできましたら細かな調整に入ります。

ディーラーオプションを含めた値引き総額は25〜35万円となっていますから、中々渋いですね。

メーカーの決算期は3月ですから月初めから交渉を始めて月末にハンコを押す様なスケジュールが組めればベストだと思います。

トヨタクラウンの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用:https://toyota.jp/crown/

最終的にはディーラーに出向いて端数などを調整してもらいますがあと一声かけてズバリこの金額ならハンコを押しますと交渉してみましょう。

店長などの上司と決済の相談をしている様なら限界額付近だと思われます。

値引き交渉は効率的に行う事ですがあまりにやり過ぎるのもよくありません。

その後のお付き合いも考えてやり過ぎない程度に行う事はマナーですね。

トヨタクラウンでの値引き目標はここだ!

トヨタクラウンでの値引き目標はここだ!

引用:https://toyota.jp/crown/

ここまではトヨタクラウンの値引き相場と値引き限度額についてお知らせさせて頂きました。

ここではクラウンの値引き目標について検証してみたいと思います。

クルマには様々なディーラーオプションがありますが製品になっているものは仕入れ金額があります。

例えば10万円の製品なら仕入れが6万円などの下限が存在しますからそれ以上は赤字になるので値引きできません。

トヨタクラウンでの値引き目標はここだ!

引用:https://toyota.jp/crown/

新車販売のノルマのために時にはオプションが赤字になってもメーカーからの販売奨励金がありますから利益を上げることはできます。

そこまでオプション値引きをしてくれるのは販売台数が低迷している車種になります。

トヨタクラウンは人気車種ですからディーラーオプションであっても通常程度の値引きなら期待できると思います。

それ以外にサービスしてもらいやすいのがカーコーティングです。

コーティングは外注でなければ原価が低いですから値引きが引き出しやすくなります。

価格も2万円〜6万円などですから総額に組み込めれば大きいですね。

一旦施工しておけば年に一度くらいメンテナンスに出す必要はありますが基本的には水洗いだけで済む様に出来ます。

トヨタクラウンでの値引き目標はここだ!

引用:https://toyota.jp/crown/

もちろん追加金額を出して長持ちするコーティングを施してもらうのも良いでしょう。

その他にも自宅で納車してもらうのではなくディーラーに取りに行けば納車費用をカットする事ができます。

納車費用は1〜2万円ですがガソリン満タンにできますから大きいですね。

車庫証明を自分で取りに行けば2万円程はカットする事ができます。

最寄りの警察署に書類を取りに行って必要事項を記入し、提出してから数日で発行されますからそれ程難しい事はありません。

ここまでをまとめると車両本体値引きは限度があり、ライバル車と競合させる事で限度額を引き出します。

下取り車の査定はディーラーでの査定だけでなく買取店でも出してもらう事で本来の相場を知る事ができ、有利な方で下取ってもらう。

トヨタクラウンでの値引き目標はここだ!

引用:https://toyota.jp/crown/

ディーラーオプションもしっかりと交渉してから値引き交渉をする。

クラウンはナビゲーションが標準装備ですからその他の用品でも交渉してみる。

諸費用のカットやコーティングなどのサービスも交渉してみる。

以上の値引き交渉で25〜35万円程の値引きを引き出すことを目標にしてみてはいかがでしょう。

トヨタクラウンは発売から1年以上たっても値引きが緩まない人気車ですがリセールも期待できますから良い結果か出せるように努力を望みます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ