クラウン

【トヨタ・クラウン】燃費や実燃費はどうなの!?良いの?悪いの?

1955年に発売され、トヨタを象徴する車とも言えるのが、クラウンです。

2018年に5年半ぶりにフルモデルチェンジを行い、15代目のクラウンが発売されました。

クラウンといえば、高級車のイメージで、燃費に関してのイメージがありません。

そこで、クラウンの燃費が実際どうなのか、調べてみました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタクラウンの燃費はどう?

トヨタクラウンの燃費はどう?

引用URL https://toyota.jp/crown/

クラウンのカタログに掲載されている燃費を紹介します。

今までの燃費基準は、日本国内の基準であるJC08モードで表示されていましたが、

2018年10月から国際基準である、WLTCモードによる表示になっています。

まず、WLTCモードについて、簡単に説明します。

WLTCモードとは

WLTCモードは、2014年3月に国連で採択された、国際的な燃費、排ガス基準の測定方法です。

今までのJC08モードと違う点は、WLTCモードは、市街地モード、郊外モード、高速道路モードと

これら3つのモードを統合したモードが記載されています。

 

それ以外に、JC08モードと違う点は、乗る人の重量の他に荷物を載せる想定で重量を設定していたり、

エンジンが冷え切った状態でスタートさせる、といった点があります。

実際に乗る際の状況に即した基準に変更になりました。

 

クラウンに関しては、JC08モードも記載されていますが、WLTCモードの数値を

紹介します。

グレード毎のカタログ燃費

トヨタクラウンの燃費はどう?

引用URL https://toyota.jp/crown/

3.5L2WDハイブリッド車

(3.5 RS Advance/3.5 G-Executive/3.5 S)

燃費消費率 16.0km/L

市街地モード 12.7km/L

郊外モード  16.4km/L

高速道路モード 17.7km/L

 

2.5L2WDハイブリッド車

(2.5 RS Advance/2.5 RS/2.5 G/2.5 S“C package”/2.5 S)

燃費消費率 20.0km/L

市街地モード 17.2km/L

郊外モード  20.8km/L

高速道路モード 20.9km/L

トヨタクラウンの燃費はどう?

引用URL https://toyota.jp/crown/

2.5L4WDハイブリッド車

(2.5 RS Advance Four/2.5 RS Four/2.5 G-Executive Four/2.5 G Four/2.5 S Four“C package”/2.5 S Four)

燃費消費率 18.2km/L

市街地モード 14.9km/L

郊外モード  19.2km/L

高速道路モード 19.4km/L

 

2Lターボエンジン車

(2.0 RS Advance/2.0 RS/2.0 RS-B/2.0 G/2.0 S“C package”/2.0 S/2.0 B)

燃費消費率 12.4km/L

市街地モード 8.7km/L

郊外モード  12.6km/L

高速道路モード 15.1km/L

トヨタクラウンの燃費はどう?

引用URL https://toyota.jp/crown/

数字を見る限りでは、ハイブリッド車に関しては、想像以上に良い印象です。

ターボエンジン車は予想通りというか、高級車の燃費、というイメージです。

トヨタクラウンの実燃費と燃費確認の情報

次に、実燃費の情報を調べてみました。タイプ別に分けてみました。

トヨタクラウンの実燃費と燃費確認の情報

引用URL https://toyota.jp/crown/

3.5Lハイブリッド車(2WD)

【実燃費データ】

市街地 12.3km/L

郊外  15.9km/L

高速  18.3km/L

【口コミ】

・市街地を走って、10km/Lくらいでした。燃費はあまり気にしていません。

・市街地、郊外を100km程度走って12km/L。燃費を気にするなら、2.5Lの方が良いらしい。

 

2.5Lハイブリッド車(2WD)

【実燃費データ】

市街地 16.5km/L

郊外  19.2km/L

高速  20.3km/L

【口コミ】

・高速で19km/L、市街地で15km/Lくらいです。

・1000km走行して、19km/L。かなり良い印象。

・燃費を意識せずに走行して、15km/Lくらい。

トヨタクラウンの実燃費と燃費確認の情報

引用URL https://toyota.jp/crown/

2.5Lハイブリッド車(4WD)

【実燃費データ】

市街地 14.3km/L

郊外  17.1km/L

高速  19.6km/L

【口コミ】

・エアコンを普通に使用した冬場で、平均で15km/L程度です。良いときで18km/Lくらいです。

 

2.0Lターボエンジン車

【実燃費データ】

市街地 8.2km/L

郊外  13.1km/L

高速  17.2km/L

【口コミ】

・実燃費で9km/Lくらい。こんなものだと思う。

 

WLTCモードと比べると、若干悪い程度の数値の様です。

意見として圧倒的に多かったのは、燃費はあまり気にしていない、という点でした。

 

もし、燃費を気にするのであれば、2.5Lハイブリッド車の2WDが良い様です。

燃費が良いといわれているプリウスで平均20km/L程度ですので、

高級車の代表格であるクラウンで平均15km/Lは十分だと思います。

 

燃費の影響があるかどうかはわかりませんが、クラウンのグレード別の販売数で言うと、

2.5Lハイブリッド車が一番売れています。

トヨタクラウンの燃費は向上しているのか?

トヨタクラウンの燃費は向上しているのか?

引用URL https://toyota.jp/crown/

クラウンの燃費、実燃費を見てきましたが、過去のモデルと比較して

燃費が向上しているのか、調べてみました。

旧モデルとの燃費比較

クラウンアスリート

ハイブリッド車 17.3km/L

 

クラウンロイヤル

ハイブリッド車 18.1km/L

 

クラウンマジェスタ

ハイブリッド車 18.5km/L

 

新型クラウン

3.5Lハイブリッド車 18.0km/L

2.5Lハイブリッド車 24.0km/L

2.0Lターボエンジン車 12.8km/L

旧モデルが、JC08 モードでの記載の為、新型クラウンもJC08モードを調べました。

 

3.5Lモデルは、そこまで高くない印象ですが、2.5Lはかなり良くなっています。

新型クラウンは、エンジンが変わったとの事なので、エンジンを見ていきます。

 

クラウンのエンジン性能

3.5Lハイブリッド車のエンジン

トヨタクラウンの燃費は向上しているのか?

引用URL https://toyota.jp/crown/

今回のクラウンには、トヨタブランド初の「MULTI STAGE HYBRID SYSTEM」

が採用されています。

 

V6エンジンと2基のモーターから構成されハイブリッドシステムに変速機構を直列に配置した、

と記載がありますが、どういうの事なのか説明します。

 

今までのプリウスなどに搭載されていたハイブリッドシステムは、車速が60kmを超えると、

モーターが殆ど作動しませんでした。60km以上の速度でエンジンをアシストできるパワーが

モーターに無かったためです。

 

MULTI STAGE HYBRID SYSTEMは、モーター自体にもギアがあるような構造になっており、

車の速度が上がるにつれて、上のギアを使ったモーターでのアシストが可能となっています。

これにより、時速130キロ程度までモーターのパワーが発揮されるようになっています。

つまり、高速道路を走行する時でも充分にモーターの恩恵を受けて走ることができます。

 

・2.5Lハイブリッド車のエンジン

トヨタクラウンの燃費は向上しているのか?

引用URL https://toyota.jp/crown/

2.5Lハイブリッド車のエンジンは、3.5LのようなMULTI STAGE HYBRID SYSTEMは

搭載していません。

 

ただ、搭載されているハイブリッドシステムは、以前のモデルに比較して小型、軽量、高効率化をはかることで、

低燃費を可能にしています。

 

・2.0Lターボエンジン車

トヨタクラウンの燃費は向上しているのか?

引用URL https://toyota.jp/crown/

トヨタ独自の直噴過給技術を採用した2.0Lターボエンジンが搭載されています。

シフトレバーでMを選択すると、マニュアル感覚で運転できるモードへと切替わり、素早い変速とスムーズな加速が

自分でコントロールすることができます。

 

トヨタクラウンの燃費は向上しているのか?

引用URL https://toyota.jp/crown/

いかがでしたでしょうか?

 

トヨタの高級車といえばクラウン、というイメージですが、近年でレクサスブランドが

確立されたことで、若干影が薄くなってしまった印象はあります。

 

そのため、ピンク色の車体をCMに出したり、有名タレントを豪華に使ったCMを

作るなど、話題を出そうとしています。

 

燃費に関しても、MULTI STAGE HYBRID SYSTEMのトヨタ初搭載は、クラウン

といった感じに、大事にしたいブランドという意思は感じられます。

(このハイブリッドシステムは、レクサスにも搭載されました。)

 

過去のクラウンと比べると、燃費性能は、高級車と思えないレベルまで向上しています。

あまり燃費を気にしない、という方も、参考にして頂ければと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ