クラウン

【トヨタ・クラウン】サイズ比較とサイズ感はどう?他車とも比較!

1955年に初代「トヨペット・クラウン」が登場して以来実に64年。

名実ともに国産車の最高峰として、国内はもとより、

いまや世界の高級サルーンを相手に戦うまでの存在になったトヨタクラウン

2018年6月には、思い切ったフルモデルチェンジを行いました。

今回は、そんな新型クラウンのサイズ面にフォーカスを当てて掘り下げてみましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタクラウンの大きさはどのくらい?

トヨタクラウンの大きさはどのくらい?

2018年6月26日、実に15代目となるトヨタクラウンが発表されました。

1955年に初代モデルが登場して以来64年。長い伝統を誇るクラウンですが、

セダンという車種自体が保守的なイメージのカテゴリーとなり、

特にクラウンではユーザーの平均年齢が、65~70歳と高くなってしまった状況を踏まえ、

新型では、「若返り」をテーマに思い切ったフルモデルチェンジを行いました。

そうした新型クラウンのボディサイズは以下の通りです。

トヨタクラウンの大きさはどのくらい?

https://toyota.jp

全長:4910mm

全幅:1800mm

全高:1455mm

エクステリアなど全面的に変更されたデザインとは異なり、

先代クラウンのロイヤルサルーン、アスリートとの違いはわずかで、

全長が15mm伸びた程度にとどまっています。

但し、前輪と後輪の間隔であるホイールベースについては、新型は2920mmと、

先代クラウンのロイヤルサルーン、アスリートと比べ、70mm拡大されています。

全長は4910mmと5mに迫る勢いの長さとなっていますが、ぎりぎり5mに収まっています。

一般的なミドルクラスの車両と比較すると、200mm~300mm程度長いのですが、

5m未満であれば、よほど狭小な駐車場でない限り大きな支障はないでしょう。

しかし、密集した狭い住宅地に駐車する際は少々確認が必要かもしれません。

それ以上に注目すべき点は、全幅が1800mmに抑えられている点でしょう。

最近はコンパクトカーですら、車両の大型化が進んでおり、

1800mmを超えるサイズのクルマがどんどん発表されています。

例えば、コンパクトカーを代表するホンダシビックも全幅1800mmです。

トヨタクラウンの大きさはどのくらい?

https://www.webcg.net

いわゆるEセグメントと呼ばれる車の中でも、日産シーマ、フーガ、ホンダアコード、

スバルレガシーなど、すべて1800mmを超えています。

SUVに至っては、新型フォレスターが1800mmを超えたため、ミドルクラス以上では、

1800mm未満のクルマは1台もなくなりました。

1800mmであれば、狭い道での離合は問題ありませんし、狭いコインパーキングでも

車体はきちんと枠内に収まるでしょう。

トヨタクラウンの大きさはどのくらい?

1800mmに全幅を抑えたことは、日本の道路事情を考えると、ライバルに対して

少なくともサイズの上だけでも大きく有利に働きそうですね。

おそらく、1800mmという全幅には、開発サイドの大きなこだわりがあったかもしれません。

トヨタクラウンの実際のサイズ感はどんな感じ?

トヨタクラウンの実際のサイズ感はどんな感じ?

https://gqjapan.jp/

先ほどは、全幅に限ってコンパクトな点を強調しましたが、サイズ感ということでいうと、

例えば、日産のシーマは全長5120mmと5m越え、全幅1845mmと、

新型クラウンと比べて非常に大きく感じます。

ですから、実際利用されている口コミを見ても、

「見た目の大きさはあるが、実際に運転すると大きさを感じない」

という声がよくみられました。

一方で、気になるのが荷室のサイズです。

ところで、クラウンのセールスマンが、顧客との契約前に8割方聞かれることがあるそうです。

それは、「ゴルフバッグを4つ積めますか」ということだそうです。

トヨタクラウンの実際のサイズ感はどんな感じ?

クラウンでゴルフに行くという人の中でも、4人乗車する、というのは少数派でしょう。

しかし、実際4人で乗っていくかどうかは別として、ゴルフバッグを4つ積めないと

顧客は満足しないそうです。

では、クラウンのトランクルーム、果たしてゴルフバッグを4つ積むことができるのでしょうか。

繰り返しになりますが、全幅1800mmとラグジュアリーカーとしては決して広くなく、

デザイン重視でボディのリアクォーターの絞り込みも大きくなっています。

充分な広さのトランクルームを確保するには不利な条件ばかりがそろっています。

ところが、これがなんと最大で9.5インチのゴルフバッグを4搭載できるというのです。

トヨタクラウンの実際のサイズ感はどんな感じ?

https://kanagawatoyota.com

実はこの広さを確保するために、技術的な工夫がされています。

実は新型クラウンのトランクリッドはパワー式でなく、手動です。

クラウンほどの高級サルーンにしては意外なことですが、

充分なトランクルームを確保するために、トランクリッドを支えるステイを

外側に配置して、さらにリッドを開けるためのモーターを置くと場所を取ってしまうので、

あえて手動式にしていたのです。

これでこのボディサイズにしては大きな容量を確保できたトランクルームが実現しました。

トヨタクラウンの実際のサイズ感はどんな感じ?

https://www.webcg.net

ちなみに比較のために、某高級輸入車の荷室も参考に見てみてください。

トヨタクラウンの実際のサイズ感はどんな感じ?

https://web.motormagazine.co.jp

比べてみると、以下にクラウンの荷室が工夫されているかよくわかりますね。

但し、2.5Lハイブリッドの場合、アクセサリーコンセントを装着すると、

ゴルフバッグは3個まで、アクセサリーコンセントを装着し、なおかつ、

リアオートエアコンを装着すると2個までしか入らなくなるそうです。

せっかくトランクリッドを手動式にしてまで容量を大きくしたのに、

リアにいろいろなものを装着してしまうと、どんどん荷室スペースは狭くなるようです。

ちなみに、ゴルフバッグを4個積むと、他の荷物は一切入らなくなるというケースは多いので、

着替えなどのバッグは車内に持ち込まないといけないかもしれませんね。

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

https://toyota.jp

では、新型クラウンのサイズ比較をして、このクルマの個性を確認してみましょう。

まずは、少し繰り返しになりますが、先代クラウンとの比較をしてみましょう。

全長が先代型アスリートの4895mmから4910mmと45mm伸び、ホールベースは2850mmから、

2920mmになって、ホイールベース自体は、マジェスタの2925mmに近い長さです。

ちなみにマジェスタの全長は4970mmでしたので、前後のオーバーバンクを短縮した

格好になっています。

全高はアスリート1450mmとマジェスタ1465mmの中間となる1455mmとなります。

全幅は前にも触れたように1800mmで変わりません。

小回り性能を示す、最小回転半径は5.3mと先代と同じクラス。

いかに日本の道路と日本のユーザーのことを考えているか、ということがここからも分かります。

では、ライバル車と比較してどうでしょうか。

新型クラウンは先代の3タイプ(ロイヤルサルーン・アスリート・マジェスタ)が

グレードに当てはめられることになったため、ライバル車は多くなりましたが、有名な

4車と比較してみましょう。

一つは日産の海外向け高級ブランドである、インフィニティのフーガ。

海外勢からは、メルセデスベンツCクラスセダン、BMWの3シリーズセダン、アウディの

A4です。

・フーガ

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

https://www3.nissan.co.jp

全長:4980mm

全幅:1845mm

全高:1500~1515mm

・メルセデスベンツCクラス

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

https://www.webcg.net

全長:4690~4715mm

全幅:1810mm

全高:1430~1455mm

・BMW3シリーズ

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

https://www.webcg.net

全長:4645mm

全幅:1800mm

全高:1430mm~1440mm

・アウディA4

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

https://www.webcg.net

全長:4735mm

全幅:1840mm

全高:1410~1430mm

こうして見てみますと、インフィニティ(日産)のフーガがいかに巨大か、

ということが良くわかります。

全長、全幅、全高すべてが最も大きくなっています。

新型クラウンは、フーガを除き、比較的前後に長く作られていることが分かりますね。

また高さも高くなっています。

しかし、10年程度前からヨーロッパのセダンで流行している、

スポーティーなデザインを取り入れた結果、ボディの軸を低くし、まるで地面に

へばりつくようなデザインのおかげで、それほど目立って高くないように

見えるようになっています。

また、先代に比べ、ピラーの太さが細くなり、側面が流麗で伸びやかにみえるように

デザインされているところも、そうした効果を生み出しているかもしれません。

トヨタクラウンのサイズ比較をします!

https://www.webcg.net

以上のように、新型クラウンは、大きさだけで高級感を出すのではなく、

日本の道とユーザーの使い勝手を考え抜かれた大きさになっているということが、

わかりました。気になった方は実際に乗ってみて、その大きさ、というより、

使い勝手の良さを確認してみてください。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ