クラウン

【トヨタ・クラウン】スペックや加速、乗り心地はどうなのか!?

2018年に15代目となるモデルを発表し、好調な売れ行きを記録しているのがトヨタクラウンです。

今までのアスリート、ロイヤルサルーン、マジェスタというモデルを無くし、1つのモデルに絞って、顧客層の若返りを狙っている様です。

新しいクラウンのスペック、乗り心地について、調べてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

クラウンのグレード毎のスペックを見ていきます。

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/crown/

サイズ

(全グレード共通)

全長  4,910㎜

全幅  1,800㎜

全高  1,455㎜(4WD車は1,465㎜)

室内長 1,980㎜

室内幅 1,500㎜

室内高  1,185㎜

車両重量 1,690kg~1,890kg

最小回転半径 5.3m~5.7m

 

高級ミニバンの代表格、ヴェルファイアの全長が4,935㎜で、全幅が1,850㎜なので、今までミニバンに

乗っていた方には、違和感無く乗れるサイズです。

 

セダンタイプで幅広く支持をされている、プリウスで、全長4,630㎜、全幅1,775㎜なので、全長が300㎜程度長くなりますが、

全幅は25㎜程度広くなる程度なので、長さの感覚だけ掴む必要があります。

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

よく比較されるライバル車のサイズと比べてみます。

トヨタクラウン

全長  4,910㎜

全幅  1,800㎜

全高  1,455㎜~1,465㎜

 

日産フーガ

全長  4,980㎜

全幅  1,845㎜

全高  1,500㎜~1,515㎜

 

レクサス IS

全長  4,680㎜

全幅  1,810㎜

全高  1,430㎜

 

フーガがクラウンよりも、全体的に大きくて、レクサスが全体的に少し小さくなっています。

 

エンジン

・3.5L

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/crown/

エンジン種類  V型6気筒

最大出力    220kw/6,600rpm.

トランスミッション シーケンシャルシフトマチック(10速)

燃料タンク容量 66L

 

・2.5L

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/crown/

エンジン種類  直列4気筒

最大出力   135kw/6,000rpm.

トランスミッション シーケンシャルシフトマチック(6速)

燃料タンク容量 66L

 

・2.0L

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/crown/

エンジン種類  直列4気筒

最大出力   180kw/5,200rpm~5,800rpm

トランスミッション

スーパーインテリジェント8速オートマチック/シーケンシャルシフトマチック(8速)

燃料タンク容量 66L

トヨタクラウンのスペックはこれだ!

エンジンのスペックだけ見ると、わかりづらい文字や数値が並んでいますので、解説します。

 

まず、エンジン種類のV型と直列の違いについてです。

V型はシリンダーを左右交互にV字型に配置したエンジンです。直列は、シリンダーを直列に並べたエンジンです。

V型のメリットは、排気量を大きくしても、エンジンのサイズをコンパクトに出来るメリットがあります。

直列のメリットは、エンジンの構造がシンプルになる為、部品数が少なく済むことです。

 

次に最大出力についてです。

最大出力とは、エンジンの最大の仕事量を表す数値となります。

例えば、3.5Lのエンジンで言うと、6,600回転の時点で、220kwの性能が出せる、という事を意味します。

この出力が大きければ大きいほど、スピードが出せる事になります。

トヨタクラウンの乗り心地は…どうなのか!?

それでは、実際の乗り心地がどうなのか、ジャーナリストのレポートや一般ユーザーのレビューを

集めてみました。

トヨタクラウンの乗り心地は…どうなのか!?

【ポジティブな意見】

・硬くもなく、柔らかくもなく、ちょうど中間のような乗り心地。

・3.5Lハイブリッドのエンジンは、パワフルですが、音は静か、加速もスムーズ。

・ハンドリングは進化している。

低速域から高速域までスムーズ。

・ハンドリングは過去最高といえる。

TNGAの勝利と言える。

・一般道でも高速道路でも、ハンドルに手を添えているだけで、滑らかにまっすぐ進む。

・ハイブリッド走行からガソリン走行への切り替えが以前と比べるとスムーズになった。

・低速域での走行がスムーズで、ハンドリングも軽い。

・レーダークルーズコントロールで少し走行したが、かなり楽に運転できる。

・Tコネクトの説明を受けたが、非常に便利な機能だと思う。

・取り回しが想像以上に良く、驚いた。

・リアシートの座面の形状には疲れにくさにこだわった設計がされている。

・あらゆる路面でフラットな乗り心地を実現する為に、ドイツ・ニュルブルクリンクで

テスト走行が重ねられた。

・カーブやコーナーでのハンドリングが格段に向上している。

 

【ネガティブな意見】

・乗り心地が意外と硬く、違和感を感じた。

自分の想像と実際の走りにかなりギャップがあった。

・乗り心地は固め。

ターゲットとなる中高年層には、この乗り心地を嫌う人も多いと思う。

・ドライブモードセレクトの操作方法がやりにくい。

どのモードを選ぶにも、モニター下のハードキーを押して、

モニターの画面でモードを選ぶ必要がある。

・ナビの操作が少しわかりにくく、慣れるまで、時間が掛かりそう。

・シフトノブが重く、女性は苦労するかもしれない。

トヨタクラウンの乗り心地は…どうなのか!?

引用URL https://toyota.jp/crown/

乗り心地に関しては、ポジティブな意見が多かったです。

特に今回のクラウンは、メルセデスベンツやBMWといった高級欧州車をかなり意識した作りになっており、

乗り心地に関しても、欧州車の乗り心地に近づけた様です。

このことで、今までクラウンのターゲットだった60代以上の方から、年齢層を若くすることは出来ている様です。

 

ネガティブな意見としては、いままでの柔らかい乗り心地に慣れてきたクラウンユーザーには、乗り心地が硬い、という意見があります。

今までのイメージで乗ると、少し違和感を覚えるかも知れません。

 

また、ドライブモードの操作や、ナビの操作は少しわかりにくい部分がある様で、こちらに関しては、

次回以降のモデルでの改良を期待したいと思います。

トヨタクラウンの加速性能を報告します!

最後にクラウンの加速性能についてのジャーナリストのレポート、一般ユーザーのレビュー

を集めてみました。

トヨタクラウンの加速性能を報告します!

引用URL https://toyota.jp/crown/

・ハイブリッドシステムは、EV走行からエンジン始動までとてもスムーズ。

・加速は充分満足出来るレベルで、ハイブリッドシステムの進化を感じる。

・3.5Lハイブリッドモデルの加速性能はスポーツカー並の性能。

・モーターを燃費だけでなく、加速へ発揮するモードがあるため、加速が早い。

・加速性能は向上しているが、室内へ入ってくるエンジン音は少し大きくなった気がする。

 

色々とレポート、レビューを探してみましたが、加速性能に関しては、ネガティブな意見は

殆どありませんでした。

 

その証拠に、加速性能を判断する際に使われる、0-100km/h加速タイムをしらてべてみました。

0-100km/h加速タイムは、発進から100km/hに達する秒数を計測するものです。

参考までに、他の車のタイムも調べました。

 

【0-100km/h加速タイム】

クラウン(3.5L)   6.5秒

クラウン(2.5L)   8.4秒

クラウン(2.0L)   7.5秒

86        7.3秒

アルファード(3.5L) 7.5秒

プリウス      9.5秒

ヴォクシー     11秒

 

クラウンの3.5Lモデルに関しては、スポーツカーの86よりも100km/h到達タイムが

早い、という結果になりました。

 

当然ながら、ファミリー向けの色が強い、プリウスヴォクシーに比べると、格段の差があります。

ちなみに、レースカーなどにも使われる、日産GTRは2.7秒、ホンダNSXは3.0秒です。

普通に走るのではあれば、そこまでの加速性能は不要だと思います。

クラウンの加速性能で、ネガティブな意見が少ないのも頷ける結果です。

トヨタクラウンの加速性能を報告します!

引用URL https://toyota.jp/crown/

いかがでしたでしょうか?

 

15代目で、今までの路線から大幅な変更をしたクラウンですが、

乗り心地、加速性能に関しては、ポジティブな評価を得ている印象です。

 

トヨタの高級車で言うと、「いつかはクラウン」という様に、クラウンが最高峰に位置してきましたが、

2005年にレクサスがアメリカから逆輸入されてくると、少し影が薄くなってしまった印象です。

それもあって、今回、ここまで思い切った変化をしてきたのは、間違いありません。

今後も、このような変化を期待していきたいと思います。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ