比較・ランキング

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】を比較する!どっち?

トヨタ・クラウンとレクサス・GSについて調べてみました。

実際のところ、価格はどのくらい違うのでしょうか?

また大きさや燃費に関しては、どうなのでしょうか?

調査していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?引用:https://note.mu/anna_candymail/

ここからは、対決形式で書いていきたいと思います。

ではトヨタ・クラウン対レクサス・GSの同門対決です。

今回も、3回戦勝負でいきましょう。

①手数(グレードの種類)②一番上同士と一番下同士の価格差の安い方③ユーザーレビューの満足度

まずは先攻、クラウンの公式価格(税込み)からです。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?引用:https://toyota.jp/

RS仕様から、

・【2.0 RS-B】2WD車 約500万・【2.0 RS】2WD車 約518万

・【2.5 RS Four】4WD車 約563万・【2.5 RS】2WD車 約542万 

・【2.0 RS Advance 】2WD車 約559万・【2.5 RS Advance】2WD車 約580万 

・【2.5 RS Advance Four 】4WD車 約602万・【3.5 RS Advance】2WD車 約691万 

標準仕様、

・【3.5 G-Executive】2WD車 約719万・【2.5 G-Executive Four】4WD車 約632万

・【3.5 S】2WD車 約624万・【2.5 G Four】4WD車 約584万

・【2.5 G】2WD車 約562万・【2.5 S Four“C package”】2WD車 約537万

・【2.5 S“C package”】2WD車 約516万・【2.5 S Four】4WD車 約519万

・【2.0 G】2WD車 約542万・【2.5 S】2WD車 約498万

・【2.0 S“C package”】2WD車 約494万・【2.0 S】2WD車 約475万

・【2.0 B】2WD車 約461万

(北海道地区は寒冷地仕様のために価格がプラスになります。)

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?

引用:https://lexus.jp/

後攻、レクサスGSの公式価格(税込み)は、

GS300シリーズ

・【GS300】2WD車約578万・【“I package”】2WD車約618万

・【“F SPORT”】2WD車約661万・【“version L”】2WD車約679万

GS300hシリーズ

・【GS300h】2WD車約616万・【“version L”】2WD車約656万

・【“F SPORT”】2WD車約699万・【“version L”】2WD車約717万

GS350シリーズ

・【GS350】2WD車約644万・AWD車約667万

・【“version L”】2WD車約684万・AWD車約706万

・【“F SPORT”】2WD車 約748万・AWD車約750万

・【“version L”】2WD車 約745万・AWD車約745万

GS450hシリーズ

・【GS450h】2WD車約744万・【“version L”】2WD車約784万

・【“F SPORT”】2WD車約847万・【“version L”】2WD車約845万

(北海道地区は寒冷地仕様のために価格がプラスになります。)

①クラウンは21種類、レクサスGSは、20種類のグレードがあります。

今回は21種類のクラウンの勝利です。

しかし両車とも種類が豊富ですね。

ノーマルタイプが用意されているのは、車をいじりたい人向けでしょうかね。

グレードに関しては別の記事でもご紹介致します。

②一番上の価格差勝負は、

クラウン、【3.5 G-Executive】2WD車 約719万

レクサスGS、【“F SPORT”】2WD車 約847万

約128万差でクラウン。

一番下同士でも、

クラウン、【2.0 B】2WD車  約461万

レクサスGS、【GS300】2WD車 約578万

約117万差でクラウン。

卓球の水谷 隼選手のような、多彩なサービスでクラウンのストレート勝ちです。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?引用:https://www.irasutoya.com/

今回の価格差対決はクラウンに軍配があがりました。

③ユーザーレビューの満足度はどうでしょうか?

まずは、トヨタ・クラウンから

・【ハイブリッドに比べてだいぶコスパは良いと思います。

これで安全装備もついているのいて、

リセールも期待できるので背伸びせず乗れる車だと思います。】

・【ハイブリッドより安い分税金が高いので初期コストは同じぐらいになると思います。

ハイブリッドの電池がどのぐらい持つのかによりますが、交換した場合は結構お金がかかりそうな気もします。

いろいろと試乗して好きなものを買えば、どれを買っても間違いはないと思います。】

・【私は購入を決定する前に、贔屓にしている営業マンに無理を言って、

一時間半ほど試乗の後、購入を決定。実は今日が納車日でした。

7月1日の注文から納車まで待つ事、三カ月半。心の奥底では、RS、俺には大丈夫だろうかとの不安が、

今日完全に払拭されました。良い車ですよ。トヨタの粋を結集した!!】

・【完成度はかなり高い。購入年齢層を低く、との意気込みでのモデルとのことだが、

この価格にしてベンツや自社のレクサスに対抗しうる指標や水準を普通に持っている。】

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?引用:https://toyota.jp/

今度はレクサスGSのレビューです。

・【割高とは思いますが、レクサスブランドとディーラーのサービスを考えると妥当だと満足しています。】

・【国産車と比べると割高感はありますが、これだけのクオリティですと、

他の外車と比べればお得感はありますし、納得できる範囲かと。】

・【価格としては、安くは無いと言う事で同じく星4つ総合評価は文句なしに星5つとする。】

・【価格は決して安くはないが、ブランド力、ステータス性、品質、

オーナーズデスクなどのアフターフォロー等を考慮すれば、非常に魅力的なクルマになっていると感じた。】

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?引用:https://lexus.jp/

ユーザーレビューでの満足度としますと、やっぱり両車ともレビューがいいですね。

完成度の高いレベルにある車は、やっぱりレビューもいいです。

両車ともに、いい車の特徴である“乗り手を選ばない車”です。

ユーザーレビューの「満足度」対決は引き分けです。

①クラウン②クラウン③引き分けで価格対決はクラウンの勝利でした。

なかでもクラウンは「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環である

TNGA(Toyota New Global Architecture)に基づき、開発されています。

そして地球上で最も過酷と称されるサーキットのドイツ・ニュルブルクリンクで

走行を検証、高いハンドリング性能と、高い走行安定性を目指して作られました。

高い開発コンセプトの結晶が今回のクラウンです。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】は価格はどっち?引用:https://toyota.jp/

その高い開発のコンセプトがレビューを見ればわかります。

・【非常に乗りやすく、走っていて楽しい車。】

開発者のガッツポーズが目に浮かびます。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】大きさは?

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】大きさは?引用:https://toyota.jp/

今度は、大きさ対決です。

では、先攻のクラウンから外寸法を紹介します。

■トヨタ・クラウンの車体の大きさ

全長:4,910mm

全幅:1,800mm

全高:1,455mm「4WD:1,455mm」

■レクサスGSの車体の大きさ

全長:4,880mm

全幅:1,840mm

全高:1,455mm

全長は約30mmでクラウン、全幅は40mmでレクサスGS、全高は同じで引き分けです。

大きさに関してはほぼ変わらない結果となりました。

それでは大きさの第2試合目は、室内の広さ対決です。

クラウンもレクサスGSも共に、5人乗りです。

では、先攻のクラウンから調査していきます。

■トヨタ・クラウンの室内の大きさ

全長:2,070mm

全幅:1,535mm

全高:1,200mm

■レクサスGSの室内の大きさ

全長:2,025~2050mm

全幅:1,530mm

全高:1,180mm

車体の大きさに続き、ほぼ同サイズです。

クラウンの方がやや広いので勝利したのはクラウンですが

ほぼ広さ的には同じといってよいと思います。

クラウンもレクサスGSも、ゆったりとした空間で快適に過ごせるよう設計されています。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】大きさは?引用:https://toyota.jp/

クラウンのコンセプトは【TOYOTA史上最高に楽しい車】というコンセプトで、

室内も上品ですっきりとした仕上がりになっています。

特に感じるのが、全体のコンセプトをまとめ上げる統一感です。

随所にあしらったステッチがどの部位であっても、形状や間隔などの見え方を統一させているため

視覚的に統一感を感じます。

触れる場所などにドアトリムやインストルメントパネルには表皮巻きを施しています。

表皮巻きを施すことにより、触り心地が良くなるように設計されています。

今回のクラウンからは、高級感もありながらかつスポーティさを感じます。

革の色に関しても、白、黒、こがね(茶系の本革シート)、

特別仕様車に関しては、ウルトラスエードと本革のコンビとなっています。

シートのデザインに関しては、どのグレードも同じデザインとなります。

シートは厚みがあるので、座面が柔らかく、そして写真でも確認できる通り、

サイド面もしっかりとしているので、体の収まりが良く

快適に運転することができます。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】大きさは?引用:https://toyota.jp/

クラウンのG-Executiveでは、後席のシートヒーターも標準装備されています。

Gグレードでもメーカーオプションで搭載することができ、

後席も快適に過ごすことが出来ます。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】大きさは?

引用:https://lexus.jp/

一方のレクサスGSは、こちらも高級さ、触り心地、上品さを感じます。

特に“version L”に関しては、運転席、助手席共にセミアニリン本革シートに 、

夏場でも冬場でも快適に過ごせるよう、ベンチレーションという機能が搭載されています。

シートの中に電動ファンが仕込まれていて、空気の流れができるようになっています。

それから前席のみならず後席もヒーター機能が付いていて

快適に過ごせるようになっています。

これは、レクサスクライメイトコンシェルジュといいエアコンとも連動しており、

快適さを維持してくれます。

クラウンにも前席に同様に搭載されています。

このように車体、車内ともにまったくほぼ互角な快適性を備えている

クラウンとレクサスですが、燃費の方はどうなのでしょうか?今度は燃費を比較してみます。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】燃費はどっち?

トヨタ・クラウンとレクサスGSの燃費を比較します。

公表されているカタログスペックのJC08モードを参考にします。

それでは、クラウンとレクサスGSの燃費を比較してみます。

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】燃費はどっち?

引用:yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/

■トヨタ・クラウンの燃費

【2.0L車】市街地モード8.7km/L:郊外モード12.6km/L:高速道路モード15.1km/L

【2.5L車】市街地モード14.9~17.2km/L:郊外モード19.2~20.8km/L

:高速道路モード19.4~20.9km/L

【3.5L車】市街地モード12.7~17.2km/L:郊外モード16.4~20.8km/L

:高速道路モード17.7~20.9km/L

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】燃費はどっち?引用:https://toyota.jp/

クラウンに関しては、V6エンジンと2基のモーターから構成されるハイブリッドシステムに

変速機構を直列に配置したマルチステージハイブリッドシステムを採用しています。

エンジン回転数を広い範囲で使用できるシステムを活かして、応答性の良い駆動力を発揮し、

ダイナミックな加速を生み出しています。

正にスポーティな走りで【TOYOTA史上最高に楽しい車】。

クラウンの新しい時代を生み出すにふさわしい車です。

■レクサスGSの燃費
【2.5L車】GS300:23.2km/L

【3.5L車】GS450:18.2km/L

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】燃費はどっち?引用:https://lexus.jp/

レクサスGSに関しては、さすがと言うべきでしょうか。

高トルクのモータとアトキンソンサイクルエンジンの組み合わせにより、

2.5L車で23.2km/Lという低燃費を実現しています。

さて、ここまでは、JC08モードという試験でのお話。

それでは実燃費は実際の所どうなのでしょうか?

ユーザーの皆さんの意見を見ていきましょう。

まずはクラウンから、

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】燃費はどっち?引用:https://toyota.jp/

・【冬の首都圏で片道4km通勤がメインの使い方は、ハイブリッドは酷なのか、

13km/L行くか行かないか位。

然しながら、前車の200系ロイヤルは、凡そ7km/L位で有ったので大満足。】

・【今のところ街中を乗ることが多いので、燃費は11~12km/Lくらいです。】

・【エコorノーマルモードであれば都内レベルの街乗りで15km以上。

新4号深夜の巡航速度で17km程度。地方国道の60km/h定速運転であれば22km以上。

現状最高燃費は25km。フル給油での航続距離は街乗りでも1200kmに達する。】

続いてはレクサスGS、

【トヨタ・クラウン】VS【レクサス・GS】燃費はどっち?引用:https://lexus.jp/

・【街乗りは良いとは言えませんが、高速だと伸びます。平均燃費で9キロ台なので、

3.5リットル300馬力オーバーにしては良いのではないでしょうか。】

・【まだ、550㎞程度の走行ですが郊外通勤で、表示は14.5㎞/Lです。

満タン法で13.7㎞/Lでした。クーラーは控え目温度設定27℃です。】

・【街中リッター5〜6km 高速リッター9〜14km】

どちらも、燃費より走行性能かと勝手に思っておりましたが、

特にクラウンの燃費の伸びがいいですね。

街中は10㎞/L以下かと思っていたら11~15km/Lを記録してきました。

燃費は乗り方にもよるのですが、JC08モードでの燃費より

2割以上落ちるのが通常です。

ですが、JC08モードでの高速モード20.9km/Lに対して、

実燃費25km/Lは、乗り方もさることながら

車自体のポテンシャルの高さを示しています。

クラウンのコンセプトである、【TOYOTA史上最高に楽しい車】

伊達ではないその走り、一度経験したいものですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ