比較・ランキング

【ホンダ・CR-V】VS【スバル・フォレスター】はどっちにする?

ホンダCR-Vは1995年に登場した、ホンダのシティユースSUVです。

今回はホンダの新型・CR-Vとスバル・フォレスターの情報について調べてみました。

現段階ではそれぞれの良い点と悪い点があるのか、そのほかにも口コミの評価などの情報を踏まえ、

この記事ではそれらを紹介していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【ホンダ・CR-V】VS【スバル・フォレスター】は価格はどっち?

引用:http://kakaku.com/

引用:http://kakaku.com/

順に上からホンダ・CR-V、下がマツダ・CX-8になります。

これらはそもそも売られている値段や評価がサイトによって違うので今回はカーセンサーさんのサイトで比較していきたいと思います。

まずはかつて存在を消し、再び発表されたホンダ・CR-V新型車です。お値段はこちら!

引用:https://www.carsensor.net/

引用:http://kakaku.com/

およそ350万円になっています。

その内の詳細としましては1.5Lの車で

・EX(5人乗り)でおよそ330万

・EX(7人乗り)でおよそ350万円

・EXマスターピース(5人乗り)でおよそ365万円

・EXマスターピース(7人乗り)で390万

となっています。

2.0Lでは

・ハイブリッドEX(5人乗り)でおよそ400万

・ハイブリッドEXマスターピース(5人乗り)でおよそ420万です。

何がそこまで違うんでしょうか。

EXという表記はそのままでガソリン車ということです。

ハイブリッド車か、ガソリン車での差額では50万円近くもします。おどろきですよね。

以前にホンダ・CR-Vについての記事を書かせていただいたのですが、

なぜホンダCR-Vはここまで価格が高いのか疑問に思う方が多数いらっしゃることかと思いますのでその理由を簡単にご紹介させていたいただきたいと思います。

まずホンダCR-Vは日本での販売を中止していました。それには日本の道路幅が関係していて、日本は車道がアメリカに比べ少し狭いので車体の大きいCR-Vは売れなかったという事実が判明しております。

それも含めて、今回のホンダCR-Vは性能にいくつものこだわりを実現しております。というのももともとの標準装備(スペック)がライバル社に比べ圧倒的に高いのです。

一番に注目していただきたいのが、今回のモデルに加わった3modepowertrainという機能です。この機能は走行状況に応じて自動でエンジンを切り替えてくれるのです。

そうすることで環境にやさしい低燃費で走行することが可能なのです。とても魅力的ですよね。

本題に戻り、次はスバル・フォレスタの価格です。

引用:https://www.carsensor.net/

およそ280万程度です。ホンダCR-Vに比べるとかなり安い価格として提供されております。

スバル・フォレスターは乗車定員が5名で2018年度グッドデザイン賞を受賞しております。

引用:https://www.subaru.jp/

これに対して審査委員からは以下のように評価されております。

「先代モデルから奇をてらわずに丁寧に正常進化している。インテリアデザインでは表情異なるレザーの組合せやステッチなど、細部の拘りと適切なCMF*1が施され、コンセプトに相応しい耐久性だけでなく、上質感がバランス良く表現された点を評価した。」

過大な評価を得ていることがわかりました。

【ホンダ・CR-V】VS【スバル・フォレスター】大きさは?

続きまして、両車両の車体サイズになります。

基本的にどちらとも全世代と大きさを比べると少し大きくなっています。具体的にどうなっているか順にご説明していきたいと思います。

まずはホンダ・CR-Vからです。

引用:http://cartalk.tokyo/

全長 4,605 mm x 全幅 1,855 mm x 全高 1,680-1,690 mmとなっております。

一般的な自動車にすると少し大きい気もしますよね。

次にスバル・フォレスターです。

室内は、全長が15.5cmとかなり小さくなっていました。

これは、7人乗り3列シートにも対応させるため、5人乗りのグレードも後部の収納スペースを広げたためと考えられます。

CR-Vでは【新型】から7人乗りが実装されましたが、ボディは5人乗りとまったく同じです。

このため、すべての座席が窮屈になってしまいます。よって、よほどのことがない限り、7人乗りはオススメできません。

逆に横幅や高さについては、1cm前後とはいえ広くなっているため、【旧型】に比べるとほんの少しゆとりがあります。

引用:http://cartalk.tokyo/

全長 4,625 mm x 全幅 1,815 mm x 全高 1,715-1,730 mmとなっているようです。

長さと高さではこちらの方が勝っているようですが、幅は少し小さいようです。

車体サイズにそこまっでこだわりがないという方にはどちらでもいいとは思いますが、駐車する際にあまり幅を取りたくない、だとかほかにも物を置いておきたい。という方には下のスバルをお勧めします。

ちなみにスバル・フォレスターは全モデルに比べると少し大きくなっています。理由は特にないとは思いますが赤ちゃんが成長したのと同じようなものだと思います。

また新型プラットフォーム「SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)」を採用することでホイールベースが30mm延長されていました。

【ホンダ・CR-V】VS【スバル・フォレスター】燃費はどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/

こちらはホンダ・CR-Vの燃費になります。

3L並みの加速と革新の燃費性能を実現したハイブリッドシステムとしてはなかなかのものだと思います。

JC08モードの数値は

・市街地モード(信号や渋滞等の影響を受ける走行時の測定)

・郊外モード(信号や渋滞等の影響を受けない走行時の測定)

・高速道路モード(高速道路走行時の測定)

という3つの走行モードの平均的な使用時間を表しているものです。

なので、

・市街地モード|21.0km/L

・郊外モード|22.1km/L

・高速道路モード|20.7km/L

の平均21.2km/L(WLTCモード)となっているということですね。

引用:https://www.honda.co.jp/

引用:https://www.honda.co.jp/

また、ホンダCR-Vは低燃費なだけにたくさんの実績を獲得しております。

ハイブリッドはミドルクラスSUVではトップクラスの良好な燃費なので、ガソリン代を気にせずドライブできますね。

ハイブリッドモデルで2.0Lハイブリッド | JC08モード | 25.8km/Lを実現していて走行状況に応じてモードを切り替えてくれる3modepowertrainを実装しているという低燃費性で、ほかにはない性能を現実化しています。

とても魅力的な作品だと思いました。

引用:https://www.subaru.jp/

スバル・フォレスターですが、JC08モードで14.4~18.6km/Lと書かれています。

燃費だけの表記でいいましたらホンダ・CR-Vの方がいいですね。たしかに比較してみますと10km/L近くもの差がありますものね。

今まで燃費はそこまで比較対象にしなくてもよいのでは?というお声を何件かいただいたのですが、車選びにおいて燃費は非常に重要になってくると思います。

車の平均寿命は約10年以上とも言われていますから、コスパを考えてメリットデメリットも絞れば必然的に10年以上持続できる車としてホンダCR-Vは対象内になるんです。

そうなんです。ホンダ・CR-Vは値段が高いだけというわけではないんですね。ちゃんとこのようなアフターサービスまで充実化させて後先のことも視野に入れておきながら、3modepowertrainを実現させているという点で過大に評価されてもおかしくない作品だと私は思いました。

事実、両方ともにたくさんの実績を残してはいます。

この記事はあくまで参考です。ですので実際に試乗されてから検討してみるのもいいかもしれません。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ