CR-V

【ホンダ・CR-V】外寸や外装は?機械式駐車場には入るのか!?

2018年に見事な復活を果たしたホンダ・CR-V

現在のニーズに合わせて進化を遂げ、ミニバンと大型SUVの中間のようなデザインとなりました。

アウトドアや遠出には持ってこいのホンダ・CR-Vですが、普段使いも気になるところ。

今回は、ホンダ・CR-Vのかっこいい外装や大きさも含めて、

「機械駐車場は利用できるのか」など、普段使いのあれこれをお伝えします。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダCR-Vの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

まずは、ホンダ・CR-Vの外寸である横幅・長さ・車高についてお伝えします。

ご存知の方も多いと思いますが、車での全長・全幅・全高は

全長=長さ 全幅=横幅 全高=車高 を表わしています。

ちなみに公道を運転する車の最大の寸法は決まっていて、保安基準に準じています。

高さ3.8m・長さ12m・幅2.5mを超えてはいけない決まりとなっていて、

車の大きさが全高2m・全長4.7m・全幅1.7mのどれでも超えてしまうと、

普通自動車(4輪以上の場合)となり、それぞれ大きさがそれより少なければ

小型自動車(4輪以上・エンジンはディーゼルまたは総排気量が2000cc以下のガソリンの場合)になります。

また、3輪以上で全高2m・全長3.4m・全幅1.48mより小さいクルマは

軽自動車(エンジンの総排気量が660cc以下の場合)になります。

さて、ホンダ・CR-Vの全長・全幅・全高の話に戻します。

ホンダ・CR-Vの全長・全幅・全高はグレードでは変化がありませんが、
FFか4WDかの違いで全高のみ変わってきます。

ホンダ・CR-Vの外寸は以下の通りです。

全長=4.605m

全幅=1.855m

全高=1.680m(4WDの場合は1.690m)となっています。

ちなみに前モデルの4代目に比べると、

全長=+7cm

全幅=+3.5cm

全高=-0.5cm

と外寸の変化がありました。

7cmも長く、横幅は広くなりローダウンしているのですね。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

こちらも人気車種のホンダ・ヴェゼルでも比べてみましょう。

まずホンダ・ヴェゼルの外寸は以下の通りです。

全長=4.295m

全幅=1.770m

全高=1.605m

ホンダ・ヴェゼルとの外寸比較は、

全長=+3.1cm

全幅=+8.5cm

全高=+7.5cm

となりました。

やはり比べてみると横幅がかなり大きく、この横幅の大きさは

ハリアーや国産SUV車ではあまり見ないワイドサイズです。

全体的に見てもホンダ・ヴェゼルよりも一回り大きく、

CR-Vの外寸は、Lサイズ寄りのミドルSUVと言えるでしょう。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

外装はもちろんのこと、広々とした車内空間が人気なようで

人気は日本だけでは留まらず、先行発売した海外でも大変な人気があります。

ホンダCR-Vは機械式駐車場に入るのか!?

さて、先程はホンダ・CR-Vの外寸についてお話しました。

先程もお伝えした通り、ホンダ・CR-Vは

他車と比べてみても横幅がワイドサイズになっています。

見た目もかっこいいし、アウトドアには最適だけど

普段使いはどうなのでしょうか。

タイトルにもある機械式駐車場は、ショッピングモールなどの商業施設や、

マンションなどでよく見かけますよね。

機械式駐車場について調べてみると、

機械式駐車場の車両制限は全長5.000m以下・全高1.550m以下となっている場所が多いようです。

ワイドサイズのホンダ・CR-Vが機械式駐車場を利用する際に、一番気になるのが

全幅のサイズだと思います。

こちらは駐車場によって制限が分かれているので、一概には言えませんが

全幅1.700m以下の車種→基本的な機械式駐車場は安心して良し

全幅1.800m以下の車種→機械式駐車場のほとんどが対応している

全幅1.850m以下の車種→機械式駐車場によっては入れない

と大きく分けるとこんな感じです。

さて、もう一度ホンダ・CR-Vの外寸を見てみましょう。

全長=4.605m
全幅=1.855m
全高=1.680m(4WDの場合は1.690m)

となっています。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

全長が4.605mということは、全長5.000m以下の車に該当しているので問題なし。

問題なのは、全幅と全高ですね。

ホンダ・CR-Vの全幅は1.855mとなりますが、

全幅1.850m以下の車種は機械式駐車場によっては入れないとされています。

それよりも幅の広い1.855mですので、機械式駐車場を選ばないと入らないことも

ありそうです。

また全高についても、ホンダ・CR-Vの車高は1.680m(4WDの場合は1.690m)となり、

一般的な機械式駐車場は全高1.550m以下の所も多いようなのでこちらも注意が必要ですね。

とは言っても対向車のマツダ・CX-8と比べてみると、

マツダ・CX-8の全長が4.900mなのに対し、.ホンダ・CR-Vの全長は4.605mとなっています。

全長を短くすることにより、家の駐車場などに対応しやすい狙いもあるようです。

とはいえ、Lサイズ寄りのミドルSUVなので狭い路地裏や駐車場での走行は十分注意したいことろですね。

ホンダCR-Vの気になる外装、外装パーツは?

 公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

ホンダ・CR-Vは標準装備が大変素晴らしく、メーカーオプションが無いことは驚きです。

それだけ標準装備に対して自信を持っていて、それは外装や外装パーツにも表れています。

そして装備が優秀なだけではなくホンダ・CR-Vが人々を惹きつけているのは、

コンセプトが「モダン ファンクショナル ダイナミック」と言うだけあって、

やっぱり武骨さのあるカッコいいエクステリアも大きな要因と言えますね。

前述でもお伝えしたように
全長=+7cm
全幅=+3.5cm
全高=-0.5cm
と先代と比べると長く・広く・ローダウンした新型ホンダ・CR-Vですが、

それだけではなくフルモデルチェンジを終えて、大幅に雰囲気が変わりました。

良いところはそのままで、先代ホンダ・CR-Vから引き継いでいる

他メーカーではなかなか真似出来ない高い位置のリアコンビネーションランプ

6ライトから三角形になって狭くなっていくデザインのウィンドウグラフィックス

バンパー・ドア下を黒くして作り出すプロテクション機能も備わっている中で

肉体改造をしたかのように進化を遂げました。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

フロントマスクはスポーティにメッキグリルとハニカミグリルの2段式を採用し、

より低重心となっています。

またメーカーマークとフロントグリル・ヘッドライドが繋がって見えるようにし、

よりカッコよさに磨きがかかりました。(ソリッド ウイング フェース

リアスタイルやサイドビューについても工夫を凝らし、

18インチのアルミホイール標準装備ホイールベースも先代より伸ばしていること

ホンダ・CR-Vのカッコよさに繋がっています。

また今回は7人乗りの3列シートも出ていますが、四角いフォルムではなくあくまでSUVらしく、

3列シートに見えないスタイリッシュさも、ホンダ・CR-Vの外装でのこだわりを感じますね。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

サイドライン~リア部分が先代よりも水平で曲線になったことも関係しているのかもしれません。

また、新型ホンダ・CR-Vより国内のホンダ車では初めて対応したシャッターグリル

これは運転中にジエーターグリルへの空気の流れを遮断し、空力特性を高めるため

燃費向上に期待が持てる機能となっています。

SUVの本物感を見せつつ、都市の中でもスタイリッシュな存在感が光るホンダ・CR-V。

今までよりもさらに力強さをプラスしたホンダ・CR-Vに今後も目が離せません!

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ