CR-V

【ホンダ・CR-V】価格・費用はどう?グレードで違いはあるのか?

2018年8月・日本で2年ぶりに姿を見せたホンダ・CR-V 

これぞSUV!ごついフォルムやデカいタイヤに惹かれますが

グレード性能や車体価格・費用も気になるところ。

気になるホンダ・CR-Vの値段や新型の魅力・グレード装備など

新車グレード別の価格表を踏まえたホンダ・CR-Vにかかる本当の費用をお伝えします。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダCR-Vの価格や値段はいくら?

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

ホンダ・CR-Vはガソリン車とハイブリット車のどちらも販売されています。

ホンダ・CR-Vはグレードの種類が多くはなく、シンプルで本体価格についても

分かりやすくなっています。

グレード別の違いはまたお伝えするとして、まずは気になる値段についてお伝えします。

ホンダ・CR-Vガソリン車のグレード別による本体価格は下記となります。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

EXグレード 

・FF(5人乗り)  →323万280円

・FF(7人乗り)→342万1440円

・4WD(5人乗り)→344万6280円

・4WD(7人乗り)→363万7440円

EX ・Masterpieceグレード

・FF(5人乗り) →359万1000円

・FF(7人乗り) →381万4560円

・4WD(5人乗り)→380万7000円

・4WD(7人乗り) →403万560円

となっています。(消費税込)

一方の、ホンダ・CR-Vハイブリット車の本体価格は下記の通りです。

https://www.hamiltonhonda.net/

HYBRID EXグレード

・FF(5人乗り)→378万4320円

・4WD(5人乗り)→400万320円

HYBRID EX・Masterpieceグレード

・FF(5人乗り) →414万5040円

・4WD(5人乗り)→436万1040円

となっています。(消費税込)

ガソリン車はグレード別に5人乗りと7人乗りが選べますが、

ハイブリット車は5人乗りのみとなっています。

気になるCR-Vガソリン車における5人乗りと7人乗りの値段の違いを、

どれほど変わるのか計算してみました。

FF・4WDどちらも均一の値段の差となっていてます。

その差額ですが、EXグレードですと19万1160円となっていて、

EX ・Masterpieceグレードでは22万3560円の価格の差でした。

また、エンジンによっても大きく値段は変わります。

ガソリン車であるEX・5人乗りと

ハイブリット車であるHYBRID EX・5人乗りの差額は55万440円となります。

どの型にしようか迷う方は、こちらの価格の違いも頭に入れておくと良いですね。

400万越えのグレードもあるホンダ・CR-V車体価格のため

やや他車種に比べて高いイメージではありますが、

一番手が届きやすい値段のCR-V・EXグレードでも

運転にあると嬉しい装備がたくさんあるのでハイスペックであり、

そのため、メーカーのオプションがないことは驚きの一言です。

他車種の装備オプションの値段を考えると、一概に高いとはいえないでしょう。

ホンダCR-Vの費用はどのくらいかかる?

ホンダ・CR-Vのグレードやエンジン別の値段については先程お伝えした通りですが、

購入して喜んでばかりではいられません。

ホンダ・CR-Vのオーナーになると、かかる本当の費用をあなたはご存知ですか?

後から泣きを見る前に、ホンダ・CR-V購入前に価格を知っておきましょう。

自動車取得税

まずホンダ・CRーVを購入した際に必要な費用としてこちらが挙げられます。

こちらは新車を購入し新規登録・届出をした際にかかってくる費用です。

なので中古車を購入した方は、関係のない税と言えます。

さて、肝心な料金ですが

自動車取得税の税額は税額課税標準額×3%という決まりがあります。

どういうことかというと、

課税標準額100万円の新車を購入したとします。

100万円に3%の課税額が課せられていますので、

100万円×3%= 3万円 が自動車取得税となります。

これにならって、

ホンダ・CR-V EXグレード(FF・5人乗り)を

例として考えると、本体価格は323万280円ですので

323万280×3%=9万6909円

となりました。

大きな額ですので、忘れずに費用の内に入れておきたいですね。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

車検代

次に車検代について調べてみましょう。

車検は新車購入時は3年ですが、

それ以降は2年後に受けなければならない決まりとなっていて、

値段が高いので負担になる方も多いのでは。

車検代は法定費用非法定費用の2種類の足した額の費用が必要となってきます。

法定費用(自動車重量税と自賠責保険料・印紙代)は絶対に逃れられない費用ですが、

非法定費用は(部品交換代や手数料など)場合により安く費用を抑えることが出来ます。

まずこの中の自動車重量税についてですが、

必要な時期が決まっていて車検時に必要な費用であるのと、

新車購入時にも必要な費用となっています。

そして、車体の重量により値段が異なってきます。

車体の重量0.5トン毎に4,100円が必要です。

また、エコカー減税対象車は割引対象となり、

0.5トン毎2500円となっています。

これにならって車検の料金を考えていきましょう。

ホンダCR-V・EXグレード(FF・5人乗り)をモデルとして考えてみましょう。

まず先程もお話した自動車重量税についてです。

CR-V・EXグレード(FF・5人乗り)は、

残念ながらエコカー減税対象車ではなく、

車両重量1500kg超~2000kg以下の分類になるため、

車両重量税が3万2800円となります。

ちなみにハイブリット車は

どちらのグレードもエコカー減税対象車となっています。

その他にかかる費用として、

自賠責保険料はどの車種も一律2万7840円ですが、

他にも印紙代が1800円かかり、合計で6万2440円となります。

この他に悪い所があれば部品を交換したり、

ディーラーや店に払う手数料などが非法定費用となります。

こちらは一定に定められておりませんので金額は様々ですが、

ディーラーで車検を受けると13万から20万円くらいかかる

と考えておいて良いのではないでしょうか。

高い費用なので頭が痛いですが、安くする方法もあります。

まず値段を安くしたい人には、ディーラーで受けていた車検を

整備を得意とする工場や、車検に特化した店で受けることをお勧めします。

カー用品店などに、車検の時期に関係なくても定期的にエンジンオイルやバッテリー、

タイヤの消耗具合を見てもらうことにより

急な出費が防げる場合もあります。

また、「ユーザー点検」という言葉をご存知でしょうか。

ユーザー車検とは1つの車検方法の名称です。

車検場に整備を行った車を自ら持ち込んで、点検を受けることを指します。

この「ユーザー車検」を受けることにより、代行手数料を払うことなく

お得に車検を受けることが出来ます。

その一方で消耗品の劣化などは素人には分かりにくく、

酷い状態になるまで気付かないデメリットもあります。

また一日仕事になりますので、慣れない方はかなり労力を使うことにもなりそうです。

ここは賢く 自分に一番合った車検の受け方を選びたいところです。

この他にも自動車税・リサイクル料・駐車場代など

気付けば色々な費用が必要なことに気付きますね。

ホンダCR-Vのグレードの違いは?MT車はあるの?

ホンダ・CR-Vには前述したとおり、

ガソリン車とハイブリット車があることをお伝えしました。

先代のホンダ・CR-Vにはハイブリット車が無かったのですが、

新型ホンダ・CR-Vから搭載されたのです。

また、ガソリン車には5人乗りと7人乗りがあり

「歓びを、ひろげる。」が謳い文句の

ゆとりを考えられた5人乗りと

「多人数乗車という価値で、SUVの可能性をひろげたい。」

を謳い文句にした

7人乗車を可能にした3列目シートも気になるところ。

グレードに関しては、

ガソリン車・ハイブリット車のどちらも

2種類ずつグレードが出ていますが、

最近の他車種のグレードを見ていると

すっきりとシンプルで分かりやすくなっていますね。

ぱっと見た感じで物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、

この新型CR-Vは本当にすごいんです。

まず、2種類のグレードがあるとお伝えしましたが、

こちらの2種類の特徴としては

装備がどちらもしっかりと備わっていて、

ほとんど装備の違いがないことが特徴です。

ホンダ・CR-V標準装備

数多くあるので全て挙げることは不可能ですが、例えば

ラインドスポットインフォメーション

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

こちらは走行中に見にくい斜め後方車両を検知してドアミラーなどで

知らせてくれる優れもの。

その他にも、ユーザーの疲れを把握し休憩を促してくれる

ドライバー注意力モニター

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

などのホンダの安全技術搭載は当たり前。

見た目に対しても

インラインタイプのLEDヘッドライト

LEDアクティブコーナリングライトもスタンダードグレードから搭載。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

見た目にも美しい

マルチインフォメーション ディスプレー

本革巻のステアリングホイール

アルミホイール(18インチ)も完全装備。

さらに、運転席や助手席にシートヒーターを搭載したり

アームレストがついたコンソールボックスなどこの他魅力的な装備が

たくさんあります。

これらがEXグレード(ガソリン・ハイブリット)も含む

全てのグレードに装備されています。

他車種と比べると、驚くほど高性能です。

車体価格が多少高くても頷けますね。

では、EXより上のグレードはどうなのでしょうか。

EX・Masterpiece(ガソリン・ハイブリット)グレードにはさらに5つの標準装備

ついています。

Masterpiece専用装備

リアバンパーの下に足先を出し入れするだけで、テールゲートを開閉可能の

ハンズフリーアクセスパワーテールゲート

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

スイッチ操作で天井部がスライドする

電動パノラミックサンルーフ

そして上質な本革シート・インテリア・美しいアルミ製のルーフレール

魅了させてくれます。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

また助手席4ウェイパワーシートで前後スライド・リクライニング角度を

電動調節可能となっています。ブラウンとブラックが選べます。)

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

こうして比べてみても、どのグレードも最高と言って過言ではないでしょう。

あとは好みと価格で決めるべきでしょう。

お得に賢く購入すれば

アナタ好みの新型CR-Vの憧れグレードに手が届くかも?

 

ノルマがあるので月末や、決算時の3月9月は

かなり期待できそうです。

ホンダCR-VのMT車

ホンダCR-VにはMT車があるのか?

この質問に対する答えはyesです。

旧型のホンダ・CR-VにはMT車は存在していました。

パフォーマーiLアクティブスケース

という車種となります。

2018年8月に出た新型では

MT車は出ていませんので

MT好きは今後に期待したいですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ