CR-V

【ホンダ・CR-V】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べてみる!

「ホンダの救世主」とも呼ばれ、SUV好きを熱くさせる車種ホンダ・CR-V

さまざまな年代の人を魅了するホンダ・CR-Vですが、

果たして他のSUVとのサイズ比較や、ホンダ・CR-Vのサイズ感はどんなものでしょう。

ホンダ・CRーVのサイズ感の真相に迫ります!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダCR-Vの大きさはどのくらい?

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

まずは2018年に出たホンダ・CR-Vのサイズ感をお伝えします。

全長→4.605m

・全幅→1.855m

・全高→1.680m(4WD車は1.690m

・ホイールベース→2.660m

・トレッド

(前)→1.600m 

(後)→1.615m

車両重量(kg)

EX

FF(5人乗り1,520/7人乗り1,590)

4WD(5人乗り1,570/7人乗り1,640)

EX・Masterpiece

FF(5人乗り1.560/7人乗り1,630)

4WD(5人乗り1,610/7人乗り1,680)

HYBRID EX

FF(1,160)

4WD(1.660)

MasterpieceHYBRID EX

FF(1,650)

4WD(1,700)

客室内寸法() 表記は7人乗り

長さ1,970(2,520)mm/幅1,550(1,520)mm/高さ1,230(1,185)mm

となっています。

かなり大きいことが数字として出ています。

どのグレードに対してもSUV車として

満足するサイズ感で、荷物もかなり詰め込めます。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

特に車幅が大きく室内が広々と使えることがホンダ・CR-Vの良さですね!

ゆったりとしたシートに座ったドライブは、より快適で楽しいものになりそうです。

ホンダCR-Vの実際のサイズ感はどんな感じ?

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

実際にみた印象

ホンダ・CR-Vは実際に見てみると大きいサイズ感のわりにやりすぎ感がなく、

ミニバンと大型SUVの真ん中ぐらいの大きさをイメージすると分かりやすいでしょうか。

独り身の方や、家族で乗りたい方など色んなニーズに対応するためでしょう。

また、カッコよさは欲しいけど、大きすぎる車に飽きた方にも好評な模様。

それでも1・5ℓのエンジンで快適に走行できるのには驚きの一言!

また、武骨なボディやその標準装備されている大きなホイールを見て

かっこいいと惚れ惚れしてしまうことでしょう。

そしてホンダ・CR-Vの良さは外観だけではありません。

室内空間

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

見た目の大きさよりも更に広く感じるのは室内空間。

新型CR-Vは室内空間にもかなりこだわりがあり、

「メカのスペースは最小に、人のスペースは最大に」

をコンセプトにインテリアにも力をいれています。

運転席だけではなく、後部座席にも考え尽くされたアイデアが満載です。

シートの座面や背面を広々とさせることはもちろんのこと

5人乗りの場合は、後部座席はシートスライドはありませんが

リクライニングもあり、ゆったりとくつろげます。

また、7人乗りの3列目に関しても2列目の全長を変えずにエンジンを変化させ、

どのシートも室内空間を広々と使える工夫がなされています。

また、足元に広い空間スペースを確保することにより、

乗った人はそのサイズ感の心地良さに驚くほどでしょう。

これも、ホンダ・CR-Vのサイズ感だからこそ出来たことと言えるでしょう。

荷物収納

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

大きいだけあって、大容量の荷室空間にも納得のクオリティなホンダ・CR-V。

荷室長が1.830mmもあり、広々空間でその広さはサーフボードがすっぽりと

納まってしまう大きさです。

広さでいうと、ゴルフセットを2人分積んでも余裕ですし、

また大容量のトランクを積んでも更に中型・小型のトランクも詰めれる広さ、

それどころか他の荷物も積めるスペースがまだまだあることも魅力的。

アウトドアや、家族旅行の荷物積みも問題なくスムーズに行えますね。

またボタンをワンタッチすることにより、自動で閉まるユーザー想い。

7人乗りの荷室に関しては2列目や3列目を倒して荷室空間に出来るほか、

上下に分かれて荷物を載せることが出来るので、整理整頓もしやすくなっています。

※荷室長はフロントシート背面からテールゲートまでの長さのことを指します。

ホンダ・CR-Vを乗っていく中で、

このホンダCR-Vのサイズ感による快適さを次々と知る事になるでしょう。

ホンダCR-Vのサイズ比較をします!

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

さてここまでは、ホンダ・CR-V自体のサイズ感についてお伝えしてきました。

次に、ホンダ・CR-Vとよく比べられる他車メーカーのSUV車とのサイズ比較

前モデル型のホンダ・CR-Vのサイズ比較など

比べてみれば更に分かるホンダ・CR-Vのサイズ感について調べてみましょう。

ホンダ・CR-V vs ホンダ・CR-V

引用:https://img.incar.tw/files/

ここでは新型ホンダ・CR-Vと、第四世代と言われるひとつ前のホンダ・CR-Vの

サイズ比較をしましょう。

全長

新型/4.605m

第四世代/4.535m

全幅

新型/1.855m

第四世代/1.820m

全高

新型/1.680m(4WD車は1.690m)

第四世代/1.685m

室内長

新型/1.970m(7人乗り2.520m)

旧型/2.125m

室内幅

新型/1.550m(7人乗り1.520m)

第四世代/2.125m

室内高

新型/1.230m(7人乗り1.185m)

第四世代/1.215m

となりました。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

つまり、2つのホンダ・CR-Vを比較した結果

全長+7cm 全幅+3.5.cm 全高-0.5cm

室内長-15.5m 室内幅+1cm 室内高+1.5cmとなりますね。

ニーズに応じて進化させることにより、

更にユーザーの満足度を高めるつもりでしょう。

次に、他車メーカーの車とサイズ比較をしてみましょう。

ホンダ・CR-V vs 日産・エクストレイル

どちらも優秀なSUVですが、そのサイズ感はどんなものでしょうか。

全長

CR-V/4.605m

エクストレイル/4.690m

全幅

CR-V/1.855m

エクストレイル/1.820m

全高

CR-V/1.680(4WD車は1.690m)

エクストレイル/1.740m

室内長

CR-V/1.970m(7人乗り2.520m)

エクストレイル/2.005m

室内幅

CR-V/1.550m(7人乗り1.520m)

エクストレイル/1.535m

室内高

CR-V/1.230m(7人乗り1.185m)

エクストレイル/1.270m

となります。

つまり日産・エクストレイルとのサイズ比較差は

全長-8.5m 全幅+3.5cm 全高+6cm

室内長は-3.5cm 室内幅+1.5センチ 室内高は+4cmとなりました。

ホンダ・CR-V vs マツダCX-5

公式:http://www.mazda.co.jp/

では次にマツダの大人気車種 CX-5とのサイズ比較を紹介します。

全長

CR-V/4.605m

CX-5/4.545m

全幅

CR-V/1.855m

CX-5/1.840m

全高

CR-V/1.680m(4WD車は1.690m)

CX-5/1.690m

室内長

CR-V/1.970m(7人乗り2.520m)

CX-5/1.890m

室内幅

CR-V/1.550(7人乗り1,520m)

CX-5/1.540m

室内高

CR-V/1.230m(7人乗り1.185m)

CX-5/1.265m

となりました。

つまりCX-5のサイズ比較は

全長+6cm  全幅+1.5m  全高-1cm

室内長+8cm 室内幅+1cm  室内高-3.5cm

となります。

公式:https://www.honda.co.jp/CR-V/

他の人気多種と比べてみて、ホンダ・CR-Vのサイズ感を想像いただけたでしょうか。

比べてみると、あまり大きさに差はないようですね。

とはいえ、室内幅が一番広いホンダ・CR-Vはやはり、

広々と過ごせて快適な車内空間を作り出す最高のクルマといえますね!

また、インテリアの標準装備もかなり優れていて、

本革シートはそのひとつとしてあります。

色んな要因を考えると、やはりCR-Vは他の車種と同様優れており、

購入したら満足すること間違いなしの車でしょう!

 

アイキャッチ画像引用:https://clicccar.com/2018/08/31/623923/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ