CX-3

【マツダ・CX-3】アクセサリーおすすめ!電源とソケットについて

エクステリア・走りのすばらしさに加え、車内設備も大変充実して、いまや人気のCX-3。

標準装備品も多いのですが、さらに自分なりのアクセサリーを追加して、

カスタマイズしたいという方も多いと思います。

今回は、アクセサリー追加にとっては切っても切り離せない、

アクセサリー電源周りと、オススメアクセサリーを調べてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

マツダCX-3のアクセサリー電源はこれです!

引用:https://motor-fan.jp/

度重なるマイナーチェンジもあり、車内装備がどんどん充実しているCX-3ですが、

さらに便利にしたい時ってありますよね!

そんな時、電気を使うもの(電装品)であれば、車内から電源を取って、アクセサリーを追加しますが、

その際必要となるのが「アクセサリー電源」。

まず、ご存知と思いますが「アクセサリー電源とは」から復習してみましょう。

アクセサリー電源とは

電装品の取り付けをしていると、「ACC電源を取ってください」という指示が

よく出てきます。クルマをよくご存じの方ならなんということはないでしょうが、

初心者にとっては、「ACC電源って何?」となってしまいます。

「ACC電源(エーシーシーでんげん)」は、アクセサリー電源と同じ意味です。

これは、アクセサリーの名の通り、クルマのメイン機能である走る、止まるという機能とは無関係な、

サブ的な機能が使える電源です。

エンジンをかけなくても、バッテリー負荷のあまり大きくならない(電気の流れる量の少ない)

伝送に限定して、少しの間ならエンジンオフの状態で使えるようにしてあります。

ですから、以下に示すようにエンジンスタートしなくても機能するようになっています。

最近一般的となったプッシュスタート車の場合。

ブレーキを踏まずにスタートボタン1回押しでACC電源がオンになります(例外あり)

引用:https://www.diylabo.jp/

以前は一般的であった、キー(カギ)の車なら、キーを差し込んで、一段階回したところが、

ACCオンになります。

引用:https://www.diylabo.jp/

カーナビであるとか、スマートフォンの充電もACC電源オンの状態からできますね。

また、電動ミラーの折りたたみ機能もACC電源オンで作動する車種が多いです。

エンジンを切ってしまってから、「あっ。しまった!」という際もわざわざエンジンをかけなくても

いいように作られています。

しかし、こうした例はあるにえよ、わざわざACC電源だけオンにするということはあまりないですね。

基本的には、「エンジンをかけたときに一緒にオン」となるのですが、オンよりむしろオフの際、

もし常時電源に電装品を繋いでいると、エンジンを切っても電源が落ちなくなり、

バッテリーが上がってしまいます。したがって、エンジンを切ったときに切れるように

ACC電源というのがわざわざ設定されています。もちろん、主電源としては常時電源でとっても、

エンジンオフで待機モードになるように設定されているものもあります。

マツダCX-3のアクセサリー電源はこれです。

以上アクセサリー電源について復習しましたが、CX-3のアクサセリー電源はどこからとるのでしょうか。

アクセサリー電源は、いろいろなところからとることができますが、自分で作業する場合には、

ヒューズからとるのがよいでしょう。

ヒューズはヒューズボックスにあります。CX-3の場合、室内には助手席左下にあります。

引用:http://www2.mazda.co.jp/

(エンジンルーム内にもあります。ちなみにエンジンルーム内ヒューズボックスカバーに

ヒューズ外し器具が取り付けられています)

開けると、このようになっています。

引用:minkara.carview.co.jp

いま上の画像でちょうど配線が出ているところが、常時電源(奥・右側)とアクセサリー電源(手前・左側)

となります。ここが、CX-3のアクセサリー電源です。

マツダCX-3のアクセサリーソケットはこれ!

上記のようにヒューズボックスを開けてまでいろいろできない、という方もいらっしゃると思います。

そうした方にオススメなのが、電源ソケットです。

以前の自動車はほとんど標準装備だったシガーソケットですが、喫煙者の減少と高温になるため、

危険であることから、マッチとしてのシガーソケット利用はほとんどなくなりました。

しかし、シガーソケット、は手軽に車内で電源を取れることができるので、非常に便利です。

現在は電源ソケットとしてほとんどの車についています。

ちなみにCX-3では、これが電源ソケットです。ホコリや液体などが入らないよう蓋がついています。

電源ソケットの電気を利用できる製品(アクセサリ)として、より多くの電気製品を使用できる

増設ソケットやスマートフォンやタブレット等の充電するためのUSBケーブルを接続できる

充電器などが挙げられます。このあたりのオススメアクセサリーは、また後ほどご紹介します。

上の電子取扱説明書にもあるように、この電源ソケットを使う場合は、電圧に注意しましょう。

電源ソケットに電気機器を接続する際には、対応電圧の確認が必要です。12Vになっていますから、

使用するアクセサリーの電源電圧が12V対応であるかどうかを確認するようにしましょう。

引用:http://www2.mazda.co.jp/

ちなみに電源ソケットの横にある二つの口はUSB端子です。

マツダコネクトとポータブルオーディオ(USBメモリ含む)をリンクするためのポートで、

供給される最大電圧・電流は1ポート5V・1Aになっています。

これは一般的なスマートフォンに付属してる充電器と同じです。しかし、iphoneなどの急速充電はできませんので、注意してください。

マツダCX-3のアクセサリーオススメはこれだ!

引用:https://www.caranddriver.com/

電源ソケットを確認したところで、オススメのアクセサリーを調べてみました。

先ほど書きましたように、iphoneの急速充電ができない、またiphone以外のスマホの充電が

できないということですが、これはマツダ公式サイトにも、「Apple製以外のUSB機器を接続した場合は、

USB規格2.0に依拠しており、最大500mAで電流を供給しております」とあり、

要は充電電流値が最大500mAに設定されているためでした。

これを解消するために、別売りの電流ソケット用USBポートを使ってみてはいかがでしょうか。

Anker社「powerDrive」シリーズは、接続したUSB機器を感知し、接続機器に最も効率の良い

高速充電を可能にする電源ソケット用のUSBポートです。3台充電可能の「powerDrive+3」でも

税込1,999円とお買い得になっています。

引用:https://uae.souq.com

また、最近、非常に人気なアクセサリーとしては、ドライブレコーダーがありますよね。

今回ご紹介するのは、コムテックのZDR-015です。

引用:https://kakakumag.com/

駐車監視機能は使えませんが、電源ソケットから電源を取ることもでき、手軽に取付け

できることで、人気のドライブレコーダーとなっています。

もちろんオプションで、車両から直接電源を接続できるコードも発売されています。

前後2カメラにより、走行時、駐車監視中も前方・後方を録画できます。

録画映像は本体の液晶画面とパソコンで確認することができます。

しかも、このカメラ200万画素もあり、実際の録画映像を見ましたが、

非常に鮮明に記録できていて、ビックリしました!

何かあったとき、やはり映像で記録されていると安心ですよね。

今回は、電源回りと、電装関係のオススメアクセサリーを調べてみました。

まだこれ以外にも電装系ではないアクセサリーも含め、数多くの種類が発売されています。

これらのアクセサリーを駆使して、「あなたの一台」を作ってみるのもオーナーの楽しみですね。

 

アイキャッチ画像引用:http://www.mazda.co.jp/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ