CX-3

【マツダ・CX-3】内装や内装色は何が選べるの?内寸はどうなの?

〝走る歓び〟をテーマに車づくりに真正面から取り組むマツダ。

その心意気はマツダCX-3においても随所で表現されています。

ここではその秘密をインテリア面から確認します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

マツダCX-3の内寸はどうなの?

引用元:http://www.mazda.co.jp

まずは内寸から確認していきます。

コンパクトクロスオーバーSUVと位置づけからも、必ずしも広いとは断言出来ませんが、利用シーンをよく研究したメリハリの効いた設計と言えそうです。

インテリア面における〝走る歓び〟とは?

マツダCX-3の内寸をまとめてみた

引用元:http://www.mazda.co.jp

マツダCX-3のサイズは全長4,275×全幅1,765×全高1,550。走りやすく運転者を選ばないコンパクトさですね。

室内空間は室内長1,810×室内幅1,435×室内高1,210となっています。

この室内空間についてライバル車と比べてみるとトヨタC-HRが室内長:1,800×室内幅1,455×室内高1,210。

また、日産ジュークが室内長1,835×室内幅1,470×室内高1,215となっており、各社それほどの違いはみられません。

まず、広さという面ではマツダCX-3、合格と言えますね。

コンパクト系の車であるため、後部座席のサイズにはそれなりの制限があります。

その分、ラゲッジルームの使いやすさにはマツダらしいこだわりを入れています。

よく、ラゲッジルームでは「段差」「収納力」という相反する問題がおこります。

後部座席背面との段差を無くそうと思うと収納力が犠牲になり、逆を重視すると段差が生じます。

ここに答えをだすべく、マツダCX-3は〝フレキシブルボード〟なるものをラゲッジルームに配し、高さが調整できるようにしています。

コンパクトながら素晴らしい心配りですね。

コックピットの快適性について

引用元:http://www.mazda.co.jp

次にマツダCX-3のコックピットについてまとめてみます。

〝走る歓び〟にこだわるマツダ。そんなマツダのCX-3ですから、当然、コックピットにもものすごくこだわっています。

マツダCX-3コックピットのこだわりをまとめると、

・クルマとの一体感を生むドライビングポジション

・アクセルとブレーキの踏み替えがしやすいオルガン式アクセルペダル

・運転に集中しながら、必要な情報を逃さない「ヘッズアップコクピット」

・斜め前方も確認しやすいワイドな視界

という4点に集約されます。

特に特筆すべきが〝オルガン式アクセルペダル〟だと思います。

通常よく使われる〝吊り下げ式アクセルペダル〟では、アクセルをふむ際に足の支点が動き、ロングドライブで疲れがでます(みなさん実感ありますよね)。

これに対して、〝オルガン式アクセルペダル〟はかかとが動かないので、支点がブレず、足首にかかる負担が軽減されます。

コックピットはクルマにとってとても大切な場所であると同時に、マツダにとっては、「クルマとの一体感を感じてもらえる心地よい空間」であってほしい。まさに〝人馬一体〟を目指して作られています。

マツダCX-3の内装色の選択できる範囲は?

引用元:http://www.mazda.co.jp

〝走る歓び〟にこだわり、クルマ本来の楽しみを喚び起させるコンパクトクロスオーバーSUV、マツダCX-3。

高級感あふれるインテリアデザインも人気要因の一つになっていますね。

クルマ選びのポイントとしては外観と同じくらい内装というものが重要視されると思いますし、乗ってる本人からすると、内装こそ唯一自分の目に触れる部分です。

そんな内装にマツダCX-3はどのようにこだわっているのでしょうか。

マツダCX-3に内装面から迫ってみます。

マツダならでは!?内装色を紹介

引用元:http://www.mazda.co.jp

マツダCX-3ではどんな内装色がラインナップされているのでしょうか?

マツダCX-3におけるコンセプトに基づいて、全体的に車らしさとシャープさが表現されていると感じます。

シート(色及び材質)はグレードごとに異なっており、

レザー・ピュアホワイト

レザー・ブラック

合成皮革・ブラック/クロス・ブラック

合成皮革・クロス・ブラック

とグレードコンセプトに合わせてラインナップされています。

フロントインテリアに併せたカラー展開となっており、材質などはグレードに応じた設定となっています。

パワートレインと内装、そのバランスの中からグレードを選択すると良さそうですね。

また、シート以外にもインテリア面においても上質さにこだわっており、シャープなデザインとゾーニングに基づいたカラーコンセプトが施されています。

所々にポイントカラーとしてマツダの象徴である赤色をさしているのもさすがですね!

マツダCX-3のインテリアで選択できるカラーは?

引用元:http://www.mazda.co.jp

前項でお伝えしたとおり、マツダのシートラインナップはグレードに応じて設定されています。

そして、その全編を通して貫かれているのは、黒を基調として、皮革で整えられたインテリアコンセプトになります。

そんな、みるからにかっこいいマツダCX-3のインテリア。一部ピュアホワイトという限定色はあるものの、基本的には統一色です。

その中で、唯一、アクセサリーで差し色を選択することができます。

それが、「フットランプ&イルミネーション」というオプションです。

こちらは、CX-3の展開するこだわりのオプションの一つであり、ドアオープン時に運転席と助手席の足元を照らすものです。

なんと、〝ホワイト〟と〝ブルー〟のカラーラインナップがあるんです。

黒に赤の差し色が入ったマツダCX-3で、夜、ドアを開けた時だけ浮かぶ上品なライト。とっても期待できますね。

マツダCX-3の内装を改造したい?できます!!

引用元:http://www.mazda.co.jp

上質でスタイリッシュなカーデザインを提供しているマツダCX-3。

もちろんそのままで十分にかっこよく使いやすく疲れない室内環境を提供しているのですが、中には「もっとカスタマイズしたい!」というお声もあると思います。

そんな声にお応えする方法をご紹介します!

自分好みにカスタマイズできる

引用元:http://www.mazda.co.jp

マツダCX-3の内装は基本的に開発者のコンセプトに基づいてしっかりと固められています。

それだけに、例えば「ベースカラーを黒から青に変えたい」のような抜本的な変更は無理ですし、全体的なカーコンセプトから考えてもそぐいません。

しかし、その中で開発者が準備した様々なアクセサリーパーツがあります。

〝アルミペダルセット〟〝エンジンスタートスイッチ〟〝ドアスイッチパネル〟というようなインパクトあふれるアクセサリーがたくさんあるので、これらを上手に使って自分だけのマツダCX-3をつくりあげることができます。

さらに、それでも満足できない方は楽天市場やyahoo!などでカスタマイズパーツも発売されているので、さらに様々なカスタマイズが楽しめそうですね。

ツワモノたちの内装をご紹介

引用元:https://about.twitter.com

マツダCX-3はしっかりとした内装でデザインコンセプトがしっかりと形づけられています。

そのような中、その内装にものすごーくこだわっている方は内装をどのようないしているのでしょうか。

早速確認していきます。

いくつかご紹介させていただきました。

調べてみた結果として全体的に言えるのは、〝マツダCX-3ユーザーはそもそも、内装への満足度が高い〟ということです。

全般的に手を入れるかたは少なく、〝さらに自分なりのこだわりポイントを作ろう〟という方が多いようです。

これも、そもそもマツダCX-3インテリアの完成度が高いためでしょう。

マツダCX-3の内装に関するまとめ

引用元:http://www.mazda.co.jp

マツダCX-3はマイナーチェンジと言いながらも、全体的にかなりのグレードアップをしていると感じます。

そのこだわりが内装面にも随所に反映されており、非常にコンセプチャルなインテリアに仕上がっていますね。

革の質感にこだわり、シートインテリアを黒で基調をつくってしっかりとまとめあげています。

そこに赤でポイントカラーを作り上げるバランスはシートの座り心地も含めて、同クラス随一の仕上がりと言われています。

ぜひとも、この上質なインテリアを体感してみてください。

 

アイキャッチ画像引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ