CX-5

CX-5の外寸や外装はどう?機械式駐車場に入るのか!?

マツダCX-5は大きめ」という印象を持つ人の中には、

「自分に扱えるのだろうか」「機械式駐車場に入るのだろうか」などと

心配している人もいるのではないでしょうか。

そこで、CX-5の外寸をチェック、

機械式駐車場に入るのかどうか考察してみました。

CX-5の外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?

マツダCX-5の外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www.autocar.jp/

全長4545㎜、全幅1840㎜、全高1690㎜ーー。

これがCX-5現行モデルの外寸サイズです。

マツダCX-5は、近くで見ると「意外に大きい」といった印象を持たれることが多いのですが、

この外寸は、果たして「大きい」と言えるのでしょうか。

ライバル車と比較してみましょう。

例えば、

ヴェゼル(ホンダ)は全長4295㎜、全幅1779㎜、全高1605㎜、

マツダCX-5の外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:http://www.money-ama.com/

エクストレイル(日産)は全長4640㎜、全幅1820㎜、全高1715㎜、

マツダCX-5の外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

ハリアー(トヨタ)は全長4720㎜、全幅1835㎜、全高1690㎜、となっています。

マツダCX-5の外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://toyota.jp/

こうして見てみると、マツダCX-5の外寸が突出して大きいというわけではありませんよね。

ただ、ライバル車に比べると全幅がもっとも大きいのが特徴的です。

CX-5は幅が広い分、居住性や安定感のあるドライビングが強みなのですが、

中には、幅広なので扱いにくいのでは? と思っている人もいるでしょう。

日本では道幅が狭いため、車の全幅は1800㎜までが運転しやすいと言われています。

CX-5の全幅はそれを超えているのですから、心配の声が挙がるのも不思議ではありません。

しかし、実際に乗っている人の声に耳を傾けてみると、

扱いづらさを感じることはないというのが大方の意見。

運転しにくいどころか、車高がそこそこあるために視界が開け、

かえって運転しやすいといった声も挙がっています。

また、全長が短いため、それなりの小回りも効きます。

それでも心配? いえいえ、安心してください。

マツダCX-5の外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5には、ドライバーの危険に対する認知をサポートする優れた安全機能が搭載されているのです。

死角からの他車両の接近を通知する機能や

車線の逸脱をドライバーに警告する機能を標準装備し、危険認知をサポートしてくれます。

見えない部分の危険認知を4つのカメラでサポートする「360°ビュー・モニター」も採用されているため、

「全幅が広くて大丈夫?」と思っている人でも、安心して運転できるはずです。

CX-5は機械式駐車場に入るのか!?

マツダCX-5は機械式駐車場に入るのか!?引用:http://yscar.co.jp/

多くのユーザーに言わせると、マツダCX-5の外寸は「日常的に乗る分には何も困らないサイズ」です。

すでに述べましたが、全幅が広くてもある程度の小回りは効きますし、

「360°ビュー・モニター」の採用などによって危険を認知してドライバーに伝えてくれますから、

心配ご無用、恐るるに足りず、です。

マツダCX-5は機械式駐車場に入るのか!?引用:http://www.mazda.co.jp/

ただ、ひとつだけ懸案事項があるとしたら、それは駐車問題です。

もちろん屋根のない平面の駐車場なら問題はありませんが、心配なのは立体駐車場。

立体駐車場には、自走式と機械式とがあり、

それぞれに利用できる車の車高や車幅に制限が設けられています。

ショッピングセンターなどにありがちな自走式立体駐車場の制限高さは2000~2500㎜の場合が多く、

全高1690㎜のCX-5は、問題なく利用できます。

マツダCX-5は機械式駐車場に入るのか!?引用:http://www.mazda.co.jp/

古い駐車場の中には、1800㎜以下という制限が設けられているところもありますが、

この場合でもCX-5なら大丈夫です。

問題となるのは、機械式立体駐車場です。

構造上、スペースに余裕がある場合には、

高さ制限を1800㎜程度にしているところもありますが、

大部分は、1550㎜以下の制限が設定されています。

この数字だと、CX-5は完全にアウト。

また、機械式立体駐車場は車幅制限を1850㎜以内に設けているところが多く、

幅が1840㎜のCX-5はギリギリです。

もちろん、実際には車幅とタイヤ幅が異なっていたり、

立体駐車場の形状によってタイヤが乗るパレット部の幅の実寸も違ってきますから、

絶対に無理とは言い切れませんが……。

CX-5の購入を考えていて、それに合わせて駐車場を探すという場合は、

平面式か、立体でも自走式に絞って探すのが無難です。

住んでいるマンションなどの駐車場が機械式の場合は、

試乗の際、実際に車庫入れして見ましょう。

ひと口に車幅1850㎜制限の機械式駐車場と言っても、

地下、1階、2階、3階……と階によって、スペースは微妙に違っているのです。

買おうとしているCX-5がその駐車場に入るのか!?

ぜひ試してみてください。

入らなかった場合は……。

CX-5をあきらめるか、別の駐車場を探すか。

言うまでもありませんが、選択肢はふたつにひとつしかありません……。

CX-5の気になる外装、外装パーツは?

マツダCX-5の気になる外装、外装パーツは?引用:https://sport-car.akakagemaru.info/

ここまではマツダCX-5のサイズについて説明してきましたが、

ここからは外装について触れてみたいと思います。

サイズと外装。なんの脈略もないじゃないか、と思わないでください。

よほど自分の運転技術に自信がある人以外の人にとって、

車のサイズと外装は切っても切れない関係。

細い道を通るとき、狭い駐車場に車庫入れするとき……。

「擦るかも、擦るかも」とヒヤヒヤし、

「この車がもっとコンパクトだったら」と思ったりするものです。

擦るということは、車の外装を台無しにしてしまうということ。

コンパクトSUVとはいえ、割合に大柄なCX-5。

こする可能性も否めなかったりしますが、意地でも擦りたくない!!

マツダCX-5の気になる外装、外装パーツは?引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5はこだわりの外装。これを台無してはたまったものではありません。

マツダCX-5は、意のままに車を操れる操作性や優れた走行性能を高く買われていますが、

そのルックスに惚れ込んでいる人も多いのです。

CX-5にマツダが目指したのは、大人の風格を感じさせる洗練された力強さ。

躍動感に満ちたダイナミックなボディデザインが、それを体現しています。

骨太で安定した構え、品格あるフォルムは、CX-5ならでは。

こうした特徴を持つCX-5は、マツダ独自の「魂動(こどう)デザイン」を

コンセプトにつくられているのですが、

魂動デザインは、造形だけでなく、色彩や質感にまでこだわり抜いています。

例えば、マツダは「匠塗 TAKUMINURI」といって、

職人技に匹敵する独自の塗装技術をCX-5に取り入れています。

この塗装技術には、ハイライトの鮮やかさとシェードの深みを際立たせることなどにより、

瑞々しく艶やかな透明感を実現した「ソウルレッドクリスタルメタリック」、

そして、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、

まるで鉄のインゴット(金属を精製して一塊にしたもの)から削り出したかのような、

リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が、

標準装備とは別料金で用意されています。

いずれも魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせる塗装で、人気のカラーです。

マツダが、どれだけCX-5の外装にこだわっているかがわかりますよね。

でも、それだけでないのです。

もっともっとこだわりたい人のために、

CX-5には、多彩な純正の外装カスタマイズアイテムが用意されているのです。

例えば、リアを個性的に彩るリアアンダーガーニッシュ。

マツダCX-5の気になる外装、外装パーツは?引用:https://www.mazda.co.id/

これをつけることでSUV車の印象が強くなります。

例えば、リアバンパーステッププレート。

マツダCX-5の気になる外装、外装パーツは?引用:https://minkara.carview.co.jp/

車を保護するのが本来の目的ですが、純正を取り付けると、より洗練された印象に。

例えば、シグネチャーウイングイルミネーション。

マツダCX-5の気になる外装、外装パーツは?引用:https://www.mazda.co.th/

夜間に、その存在感を際立たせる人気のアイテムです。

ファッションとしてだけでなく、

暗い場所で対向車などに自車の存在を知らせるという意味では安全対策にもなるかも。

もともとこだわり抜いてデザインされたCX-5。

外装カスタマイズアイテムをプラスして、自分なりのこだわりをプラして

自分だのCX-5をつくりあげるのも、また楽し、ですね。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!