CX-5

CX-5の中古車の相場はいくら?新古車を探す方法は?

車好きから高評価を得るマツダの車の中でも、2012年の発売以来、根強い人気を誇るマツダCX-5

そんな人気の車に少しでも安く乗りたい!という時に思いつくのが中古車の購入です。

マツダCX-5の中古車市場や、安いのに新しい、魅力的な新古車について調べてみました。

CX-5の中古車や型落ち品は?

マツダCX-5の中古車や型落ち品は?引用:https://ameblo.jp/

中古車は一般的に、車の型が古くなるほど値段が落ちていきますが、2012年に初代モデルが誕生し、2018年で6年目となるCX-5は、2016年にフルモデルチェンジを行い、現在は2代目が販売されています。

そのため、旧モデルと現行モデルでは、同じ車種でも意外に大きな価格差が生まれている場合もあるのです。

まずは、CX-5の旧モデルと現行モデルの違いについて見てみましょう。

CX-5のモデルについておさらい!

初代CX-5

マツダCX-5の中古車や型落ち品は?引用:https://ja.wikipedia.org/

2012年に発売された初代CX-5は、燃焼効率に優れた「SKYACTIVエンジン」に加え、上質な乗り心地を実現している軽量かつ高機能の「SKYACTIVシャシー」、操舵安定性や衝突安全性能を飛躍的に向上させた軽量高剛性の「SKYACTIVボディ」も採用しており、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面採用した初めての車種となりました。

また、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」を具現化した精悍でワイドなボディデザインは、獲物に飛びかかろうとするチーターを彷彿とさせる躍動感・生命力あふれるアグレッシブなフォルムを実現しています。
個性的なフロントフェイスは、新世代のマツダに共通した、ブランドシンボルを飾る特徴的な5角形の大型グリルを持つシグネチャーウイングを中心に、吊り上がる大型のフロントライトなど、一目でCX-5と認識できる、モダンでダイナミックなデザインが特徴です。

2012,13年のSUV販売台数NO.1に2年連続で輝く大ヒットを記録し、ガソリン車と合わせて発売されたディーゼルエンジン車は、それまでの環境に悪くうるさいというディーゼルエンジンの概念を覆し、一番の売れ筋となりました。

2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。

その後約4年にわたって改良が加えられ続け、2016年、2代目にバトンタッチしました。

2代目CX-5

マツダCX-5の中古車や型落ち品は?引用:https://ja.wikipedia.org/

2代目CX-5は、マツダの売れ筋モデルとなった初代CX-5のコンセプトはそのままに、マツダならではの優れた環境技術と流麗なデザインを取り入れたモデルとなりました。

全体的なデザインはキープコンセプトですが、新たに「洗練された力強さ」をキーワードに掲げ、先代モデルの快活で元気のいいスタイリングに、洗練された美しさを取り入れています。
インテリアデザインは、先代よりも成熟した骨格や、上品で品格のあるフォルム、さらに長く使っても飽きが来ない仕立ての良い質感の3つの要素を満たしたデザインとなっています。

また、先代に比べて進化した安全性能面では、道路上の障害物やほかの車、道を歩いている歩行者などとの衝突の危険性を検知し、回避を促したり、自動ブレーキにより衝突による被害の低減を図る、先代より強化されたぶつからない技術である「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、カメラにより道路上の交通標識を認識することができる「交通標識認識システム」や夜間や荒天時など、視界が悪い際の安全な走行をライトによりサポートする「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」などの先進安全技術群である「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載することにより、国の安全基準を超える高い安全性能を実現しています。

初代モデルが安くなっている!

マツダCX-5の中古車や型落ち品は?引用:http://kakaku.com/

初代CX-5は、先述の通り大人気モデルなため、発売されて数年間は、中古車の人気も高く、値段が下がりにくかったようです。

ですが、2016年の2代目モデルの発売を機に、初代モデルの価格が少しづつ落ち着いてきたといいます。

その理由は、発売から数年が経過しても、中古車市場がずっと高値だったこと。

CX-5を欲しいと思っているユーザーが、どうせ同じような値段なら少し高くても新型がいいと、中古車から目移りしてしまったんですね。

そんなことから、CX-5を手ごろなプライスで入手できるチャンスがいよいよ到来したと言ってもよいかもしれないのです!

CX-5の中古相場はいくら?

マツダCX-5の中古相場はいくら?引用:https://getnavi.jp/vehicles/9745/

先代CX-5の中古車相場

マツダCX-5の中古相場はいくら?引用:http://bbs.kakaku.com/

先述で安くなっている!とお伝えした初代CX-5ですが、具体的にはどの程度の価格になっているのでしょうか?

主要なグレード別に見ていきましょう。

20C:153万円

初代CX-5の最廉価モデルとして発売されていたのが、20Cというモデル。

2リッターのガソリンエンジン・SKYACTIV-G2.0と最低限の装備を施したエントリーグレードで、その分中古車価格も100万円代中盤と求めやすくなっています。

ですが、少なすぎる装備がネックとなり、当時の新車販売が少なく、中古車市場でも物件数が少ないモデルです。

20S系:164万円

物件数が豊富で、中古車は100万円台前半の個体も散見される20S系はおすすめモデル

2代目発売以前と比べるとかなり入手しやすくなったようです。

こちらも2.0リッターのガソリンエンジンモデルのため、燃料費のコストはディーゼルより劣りますが、自動車税はこちらの方が年間5000円ほど安いこ

とを考えると、普段あまりクルマに乗らないようなユーザーにマッチしたモデルと言っていいかもしれないですね。

XD(ディーゼル)系:198万円

当時も売れ筋だったディーゼルエンジンを搭載したモデルは、中古車のボリュームもガソリンと比べてかなり豊富で、価格面でも100万円台前半の物件

が揃い、選択の幅は広いと言えます。

ですが、価格の安いモデルの中には走行距離がかなり伸びたものが多く、10万km以上というパターンもあるようです。

2代目CX-5の中古車相場

マツダCX-5の中古相場はいくら?引用:https://kakakumag.com/car/?id=12411

価格が下がり、求めやすくなった初代CX-5ですが、やっぱり最新のモデルだって安く手に入れたいものですよね…!

現行モデルの中古車市場はどのようになっているのでしょう?

20S系:200万円~

現行モデルで最も最廉価モデルとして設定されている20S系モデルでも、200万円台前半からが相場のようです。

初代モデルの中古車と比較すると、かなり高いように感じますが、20Sの新車価格が2,494,800円ということを考えると、中古車はやはりお得ですね。

XD(ディーゼル)系:240万円~

現行モデルでも人気を集めるディーゼルエンジンモデルですが、こちらのモデルは200万円台後半の中古車がほとんどを占め、新車価格とそう変わらないようです。

なお、上述の20S系と合わせても、2代目CX-5の中古車は出回っている物件数が非常に少なく、選択肢が絞られてしまうようです。

CX-5の新古車はいくらで手に入る?探す方法は?

マツダCX-5の新古車はいくらで手に入る?探す方法は?引用:https://www.excite.co.jp/

新古車って?

新車より安価な車を探す際、中古車とともに選択肢として挙がるのが「新古車」。

「新」の字がついている分、中古車よりも新しそうなイメージを持ちそうではありますが…

中古車と新古車、何が違うのかを最初にご説明しましょう。

新古車とは未使用車のこと!

新古車とは一度ナンバーを取得したのち、すぐ売りに出され、距離もほとんど走っていない中古車のことを指します。

新車は誰の手垢も付いていない、まさしくマッサラな状態ですが、新古車(未使用車)は走行距離がほとんど走っていないこと以外、中古車なんですね。

とはいえ、普通の中古車に比べ圧倒的にきれいであることや、走行距離が少ないことには変わりありません。

そんなピカピカでお得な新古車のCX-5を探す方法をご紹介しましょう!

CX-5の新古車価格と探し方!

マツダCX-5の新古車はいくらで手に入る?探す方法は?

CX-5の新古車価格は、実は新車価格とほぼ同額です。

それなら、少しでも走行距離が少ない新車がいい…となりそうですが、新古車の有利な点は、車両価格ではなく実は税金や保険の面なんです!

新古車は、新車同然なのに「自賠責保険」「自動車重量税」「自動車税」を払う必要がありません!

というのも、実は新古車は事前にディーラーが払ってくれているため、新古車を購入する際に払うのは、自動車取得税のみで済みます。

しかもその自動車取得税も、新車の取得時の税金より大幅に減るため、さらにお得です!

そんないいこと尽くしの新古車ですが、中古車検索サイトで”未使用車”あるいは”登録済未使用車”と検索してみてください。

「登録済未使用車」は、新古車の正式名称であるため、中古市場にある新古車を簡単に見つけることができます!

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!