CX-8

【マツダ・CX-8】価格・費用はいくら?グレードで違いはあるの?

マツダCX-8について調べてみました。

価格、値段や費用はいくら?

グレードの違いと、MT車はある?

まとめてご紹介しましょう。

マツダCX-8の価格や値段はいくら?

マツダCX-8の価格や値段はいくら?引用:https://www.sankei.com/

マツダCX‐8を購入したいと思ったとき、先に気になるのはやはり価格だと思います。

どのくらいかかるかによって購入も考えますよね。

グレードによって変わっていきますが、おおよその価格をご紹介しましょう。

グレード別の価格

マツダCX-8の価格や値段はいくら?引用:https://www.youtube.com/

・XD、2WDは320万円、4WDだと343万円になります。

ベースグレードです。基本的なものでリーズナブルです。

・PROACTIVE、2WDは353万円、4WDだと377万円。

上位グレートです。ビューモニターなどが追加可能です。

・L Packageです、2WDは396万、4WDだと420万です。

最上位グレードです。外装や内装の装備がより豪華になります。

どんな道でも走りやすいのは4WD、旅行などによく行く人にはお勧めです。

しかし、遠出など行かない方は2WDでも問題ないでしょう。

燃費も踏まえてながら、購入時に検討されるのもいいと思います。

マツダCX-8の価格や値段はいくら?引用:http://autos.ragingtopics.com/

しかし、これだけでは購入の決め手にはなりませんよね?

グレードの違いについては、また最後の記事でご紹介しますが。

次は費用についてご紹介します。

マツダCX-8の費用はどのくらいかかる?

マツダCX-8の費用はどのくらいかかる?引用:https://autoc-one.jp/

購入する際、費用はどのくらいかかっていくのかもまた気になるところですね。

費用について、ご紹介したいと思います。

 

CX‐8はエコカー減税対応されているので、取得税や重量税は免税されます。

それはグレード、4WDだろうと変わることはありません、ちょっとお得感ありますね。

マツダCX-8の費用はどのくらいかかる?引用:https://www.drive.com.au/

ただリサイクル料は1万3千円ほどかかり、自賠責保険や、自動車税は契約内容で金額は変わるもの。

一例として見積りだと、このようになりました。

XD、2WDオプションなし、六人乗りで334万(一万円以下四捨五入)

320万円の価格に、税金保険やリサイクル料、登録諸費用を合わせ14万がかかります。

オプションをすべてなくし、基本費用とするとおおよそ約14万くらいかかり、店舗や契約内容、値引きなどによって下がることもありますし、何人乗りかによっても、多少値段も上がり下がりもあります。

マツダCX-8の費用はどのくらいかかる?引用:https://www.drive.com.au/

またディーゼルエンジン搭載のCX‐8には、クリーンディーゼル補助金というものがありますが、ただこれは見積には入らないので、購入時は確認してみるといいでしょう。

他にも登録諸費用がありますが、納車など自分で出来ることをやることで金額も削減できることもあります。

車を購入するに多額のお金がかかりますし、オプションなども加えるほど加算してしまいます。

代行の料金で削減できるところはしていくか、多く見積もっておいたほうが安心かもしれません。

マツダCX-8のグレードの違いは?MT車はあるの?

マツダCX-8のグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://dressup-navi.net/parts/42952/

価格や費用など考えても、グレードの違いも大事ですよね。

ここからはグレードについてご紹介します。

グレードについて

マツダCX-8のグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://www.carsguide.com.au/

グレードはXD、PROACTIVE、L Packageと三つありますが、どれにもセーフティ・サポートSが搭載されています。

操作が簡単になる電動パーキングブレーキや、7インチWVGAセンターディスプレイなども全グレード対応。

その中でどのような違いがあるのか、ご紹介しましょう。

マツダCX-8のグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://www.webcg.net/

XD、ベースグレードです。

価格は一番安く、上位グレード二つと比べるとシンプルと言えます。

装飾や内装の華やかさはないものの、プロアクティブとは内装にはそこまで大差はありません。

しかし一番の特徴としてはコストを抑えた分、運転支援システムの制限とあまりオプションがないのも特徴です。

代わりに運転支援システムの強化するならば、セイフティクルーズパッケージ(オートブレーキなどの自動運転技術、鍵を取り出さずとも開錠など出来るアドバンストキーレスエントリーシステムなどをオプションで追加することで解決されます。

そのほかの省かれてしまっている性能などは、この後のプロアクティブにてご紹介したいと思います。

また外装もプロアクティブとはほぼほぼ変わりません、タイヤのアルミホイールは17インチですが、オプションで19インチにも変更可能です。

ただ車内での音楽やテレビなど楽しみたい場合、スピーカーの数が4個と少なくなるので物足りなさを感じるかもしれません。

安全運転サポートがないのは少し心許ないところもありますが、人によっては問題なく運転できると思います。

乗車人数は6人~7人となっています、コストを削りシンプルでもいい方にはオススメグレードです。

マツダCX-8のグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://www.webcg.net/

PROACTIVE、上位グレードです。

価格はXDより高く、Lパッケージより安い、中間の値段と言えます。

XDに比べ運転支援システムの制限がなくなり、360°ビューモニターやBOSEサウンドシステムもオプション選択できるようになってきます。

XDで省かれてしまった、レーザークルーズコントロールやLED・ヘッドライト、交通標識認識システムなどが標準装備されます。

それに加えルーフレールといった外装装備もオプションに追加され、パワーリフトゲートやリアサンシェードもオプションに加わっています。

なおかつタイヤのアルミホイールは19センチが標準装備、テアリングヒーターと言った内装装備されていますが、リアシートヒーターはついてません。

シートはファブリック、かつリア電動テールゲートなどもオプションでついてきます、スピーカーも6個と増えたので音量としても問題ないと思います。

XDより確かな安心感ある性能の数々とオプション、運転が苦手な人も安心して乗れると思います。

乗車人数は6人~7人となっています、安全性能と360°ビューモニターで運転に安心を持ちたい方にオススメグレードです。

マツダCX-8のグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://www.webcg.net/

L Package、最上位グレードです。

他グレードにはない装飾と内装の高級感がありますが、その分一番高い価格となっています。

360°ビューモニターやBOSEサウンドシステムはプロアクティブと同じように

このグレードでしか選べないシートのピュアホワイトや、ドア部分などに施されているフロムメッキなども特徴、ステアリングは本革巻でより豪華に。

他にもアルミホイールの高輝度塗装や、プロアクティブではオプションだったルーフレールやパワーリフトゲートは標準装備。

またプロアクティブ同様に安全性能も備わっており、セカンドヒーターなど追加されており快適さも最上級グレードだけにしっかり備わっています。

そしてレザーシートもナッパレザーといった高級感あふれるものとなっており、エクステリアの違いは一目瞭然となっています。

流石最上位グレードと言っても過言ではない性能やインテリア、乗り心地はどのグレード以上だと思います。

乗車人数は7人対応が6月に追加され他グレードと変わらなくなりました、高級感ある外装内装ともに好きな方、こだわりある方にはオススメグレードです。

 

そして最後に、マツダCX‐8にMT車はあるのかですが、残念ながらCX‐8にはMT車はありません。

全てAT車となっています、MT車がないのは少し残念ですね。

マツダCX‐8は調べてみて乗ってみたいと思えるものばかりでした、一度は見てみる価値はあります!

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!