CX-8

【マツダ・CX-8】口コミや評価評判を紹介します!良い?悪い?

マツダと言えば「Be a driver.」のキャッチコピーを知っている方も多いでしょう。

マツダCX-8」は運転を楽しみたい、でも家族みんなで乗りたい、そんなドライバー達が待ち望んでいた3列シートのSUVです。

2017年12月の発売当時は、試乗ができない状態でも予約が殺到したというウワサの「マツダCX-8」の口コミを紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

マツダCX-8の良い口コミは?

マツダCX-8の良い口コミは?引用:https://internetcom.jp/

まずは、近頃よく耳にするSUVですが、どういう意味なのでしょうか。

*Sports「運動」
*Utility「実用的な」
*Vehicle「乗り物」

の略で、日本語では「多目的スポーツ車」と言います。スポーツやアウトドアなど、道がきちんと整備されていないような道路でも力強く走ってくれます。

また、スポーツカーは車高がかなり低いイメージがありますが、SUVは車高が高く、運転席からも視界良好で運転しやすく設計されています。

マツダCX-8の良い口コミは?引用:https://www.mazda.com.au/

マツダは2017年、ミニバンから撤退しており、MPVやビアンテは現在、生産されていません。

その代わり、世界的に人気が出ているSUVに力を注いでおり、2018年4月の発表によると、マツダの世界販売台数の内、45%をSUVが占めています。

このように世界各国でも人気上昇中のSUVにこのたび、3列シートの「CX-8」が誕生し、仲間入りしたということです。

3列シートで6人・7人乗りの大きな車となると燃費が悪そう・・・と考えるのが一般的ではないかと思いますが、マツダが公式に発表している「CX-8」の燃費は、市街地モードで12.5㎞/l、さらに高速道路では17.5㎞/lです(駆動方式は4WD)。

実燃費は、市街地で8.9㎞/l程度、高速道路で14.0㎞/l程度とすると、同じくらいの大きさでトヨタのSUV「ハリアー」の実燃費が4km/l~15.05㎞/lということなので、軽油でこれだけ走る「CX-8」はなかなかの低燃費と言えるでしょう。

マツダCX-8の良い口コミは?引用:https://www.whichcar.com.au/

実際のユーザーからの声でも「町乗りがメインで11~12走れている。高速なら17~20もマークするので、この車体から考えて優秀だと思います。軽油はハイオクよりリッター35円は安く揮発油税の恩恵が大きい。」と低燃費は高く評価されています。

低燃費の秘密はマツダの進化した技術「SKYACTIV-D 2.2」搭載にあるようです。

エンジン性能の中核をなす「燃焼」に徹底的にこだわり、余裕の走りを実現させています。

マツダCX-8の良い口コミは?引用:http://www.mazda.co.jp/

しかし、「ディーゼル車はうるさい・・・」そんなイメージが私にはありました。

そのイメージをマツダは壊し、誰もがびっくりするような静粛性を実現しています。

実際のドライバーさんからは、「アイドリング時の静粛性が高く、走行時は車内にディーゼルらしいノイズはほとんど届かない。」「ディーゼルの透過音もCX-5とはかなり差があって、ほとんど気にならないレベルにまで引き下げられている。」など、振動や騒音が少ないといった、静かさや、ディーゼルエンジンを強調しない部分を評価する声が多く見られました。

他の自動車メーカーがディーゼルエンジン車から撤退・縮小の方向を示している中、マツダは進化させたディーゼルエンジン搭載車で勝負しています。

力強い加速と、ガソリンエンジンよりも燃費が良く、二酸化炭素の発生も少ないディーゼルエンジン車は、走りと環境性能を両立させるエンジンとして注目されています。

マツダCX-8の良い口コミは?引用:http://www.mazda.co.jp/

次に乗り心地についてです。

3列シートの大きい車でディーゼル車となると、乗り心地は期待できないのではないかという予想を裏切り、ドライバーの皆さんからは「落ち着きがあり、タイヤの動きがいいのは、ボディ剛性がアップしたことが大きい。それに3列にしたことで、前後重量バランスがさらによくなった。」と3列シートの大きさを高く評価しています。

また、「乗り心地はSUVの中でも快適な部類に入り、特に高速域では心地よい。良好なシートの貢献度も大きい。」という声もありました。

さすが、ドライバーのためのマツダです。

運転手は楽しめても、せっかくの3列シートですから、ミニバンと比べて後部座席の同乗者からの評価はイマイチではと思い、後部座席からの声も見つけてみました。

2列目については「2列目シートにもスライド機能が備わり、身長170cmの大人4名が乗車した場合を想定して後端まで寄せると、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ弱に達する。これは、SUVでは最大級の広さで、ゆったりと快適に座れる。」という試乗したジャーナリストの声がありました。

マツダCX-8の良い口コミは?引用:http://www.mazda.co.jp/

2列目シートは120mmのロングスライドを可能にし、脚が余裕で組めるようです。

「CX-8」の特徴である3列目については、「SUVの3列目シートとしては快適な部類に入る。座面を柔軟に仕上げ、なおかつ底突き感も生じない。片道1時間未満の距離であれば、大人の多人数乗車も可能だろう。」という広い方だ、という評価が目立ちました。

また、「静かなので、運転手や助手席の人と話ができる!後ろに乗った時の孤独感がない。」と、ここでも静粛性が評価されているようです。

また、シートの良さを評価する声が多くありますが、マツダはシートにもこだわりを持っています

マツダCX-8の良い口コミは?引用:https://www.webcartop.jp/

背もたれにかかる体圧を分散させつつ、合成は最適化させた「体幹を支える」シートが採用されています。

座面には、人が不快に感じる振動を遮断する性質を持つウレタンを採用し、快適な座り心地のために工夫がなされています。

良いところづくしの「マツダCX-8」ですが、ここまでくると気になるのはお値段です。

4WDタイプ、マシーングレープレミアムメタリックのボディーカラーで388万円(税込み419万円)です!!

「これだけのイイ車感、乗り心地、快適性、豪華さ それが400万円のプライス!」

とユーザーからの声でも、性能の良さに対して、買い求めやすい価格になっているのがわかります。

マツダCX-8の悪い口コミは?

マツダCX-8の悪い口コミは?

引用:https://www.cx-7.car-lineup.com/

エクステリアのカッコ良さも運転も座り心地も価格も最高!な「CX-8」ですが、悪い口コミも少し見つけました。

まずは、「ボディが長く、小回りの利きも不満。」というもの。

やはり大きい車とあって小回りはきかないようです。

これは、全長4900㎜もあれば、Uターンもラクラクの軽自動車のようにはいかないので仕方がないと言えそうです。

次に、3列目の広さについてですが、「SUVの中ではよい方だが、やはり3列目は大人が乗ると窮屈に感じる。」とやはり大人には狭く感じてしまうようです。

しかし、3列目も2列目同様、なかなか広く作られており、レッグルームは760mmと、こちらはMPVより28mm長くなっています!

マツダCX-8の悪い口コミは?
引用:https://autoprove.net/

さらにこんな声もありました。

「子どもが小さくてもカッコイイ車に乗りたかったので、CX-8を待ち望んでいたのですが、スライドドアではないので諦めました。」

マツダは、高度な衝突安全性能を追求し、スライドドアを作るのをやめています。

確かに、小さい子供がいる場合、狭い駐車場などではスライドドアが便利です。

しかし、子どもを守るためには安全性も大事ですので、軽量・高剛性・安全ボディ「SKYACTIV-BODY」を採用した「CX-8」は家族連れにも人気がある理由と言えるでしょう。

マツダCX-8の悪い口コミは?引用:http://www.mazda.co.jp/

スライドドアかボディの安全性か、家族によるかもしれませんね。

最後に、「CX-5とデザインに差がなくて、つまらない。」という声もありました。

確かに、詳しくない人には、少し物足りない部分もあるかもしれません。

マツダCX-8の口コミと評価評判のまとめ

マツダCX-8の口コミと評価評判のまとめ

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/

ここまで、大人気マツダの3列シートSUV「CX-8」について口コミをまとめてみました。

良い口コミとしては、車の大きさに対する低燃費、軽油で走るディーゼル車であるに関わらず実現された静粛性、運転手にとっても後部座席の同乗者にとっても快適な乗り心地についてまとめました。

また、価格に関しては、「他のメーカーだと、同じ値段でこれは揃わないな。」という声もあり、性能、安全性、乗り心地をそろえてのこの価格には高評価が並んでいます。

悪い口コミには、小回りがきかないこと、3列目に大人が乗った場合は窮屈になってしまうこと、スライドドアではないこと、の3点を書きました。

マツダCX-8の口コミと評価評判のまとめ引用:https://response.jp/

価値観というものは人によって変わりますし、個人や家族によって車に求めるニーズは違うものです。

そんな中でも、マツダは「CX-8」を発売から6月末までの約7か月間で,2万1244台を国内で販売しています。

さらに、オーストラリアとニュージーランドでも「CX-8」を発売し始めており、中国ではガソリン車として販売する計画もあるようです。

このように、国内だけにとどまらず、海外でも人気のあるマツダ「CX-8」は、総じて very good!と言えるでしょう。

走る喜びを追求し続けるマツダは、乗り物としてではなく、身に付けるようにカラダの一部としてクルマを愛するドライバーから、これからも支持されていくこと間違いなしです。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ