比較

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】を比較

マツダと言えば、「Be a driver.」のキャッチコピーを思い浮かべる人も多いでしょう。

ディーゼルエンジンを進化させ、走る人の歓びの名の通り高評価を得ているマツダ

そんなマツダから2017年12月、3列シートのSUV「CX-8」が発売されました。

近年、人気の高いSUVですが、「マツダCX-8」の他に「トヨタランドクルーザープラド」も大型SUVの1つです。

前輪駆動をベースにしたシティ派SUVと言われる「マツダCX-8」、後輪駆動がベースのオフロードSUVと言われるトヨタランドクルーザープラド」は性格に違いはありますが、価格、大きさ、燃費ではどんな差があるのでしょうか。

調べてみました。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】価格はどっち?

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】価格はどっち?

引用:http://autorepo.jp

「トヨタ・ランドクルーザー」は、本格派クロスカントリーSUVとして、世界的にも人気があります。

海外にも多くのファンがおり、日本で長距離を走った車両も海外から業者がきて買取することもあるくらい、世界中どこでも需要のあるクルマです。

2017年日本で発売されて以来の人気がある「マツダ・CX-8」と、2009年から発売されていて、最近では2017年9月にマイナーチェンジされた「トヨタ・ランドクルーザープラド」は、両車とも7人乗ることのできる3列目シートを用意しています。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】価格はどっち?引用:http://www.mazda.co.jp/

両車の価格をグレード別に比較してみました。

・「トヨタ・ランドクルーザープラド」TX・・・353.8万円~

・「トヨタ・ランドクルーザープラド」TX Lパッケージ・・・404.7万円~

・「トヨタ・ランドクルーザープラド」TZ-G・・・536.3万円~

・「マツダ・CX-8」XD・・・342.9万円~

・「マツダ・CX-8」XDプロアクティブ・・・376.9万円~

・「マツダ・CX-8」XD Lパッケージ・・・419.0万円~

「CX-8」には、2WDと4WDが用意されていますが、「ランドクルーザープラド」に合わせて4WDの価格を示しています。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】価格はどっち?引用:https://www.flexnet.co.jp/

駆動方式を選べることも「マツダ・CX-8」の勝るところと言えるでしょう。

それでも「CX-8」の4WDは2WDよりも高くなるため、「CX-8」の方が安い価格になっていることがわかります。

「マツダ・CX-8」は、ディーゼルエンジンのみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」はガソリン車もディーゼルエンジン車もありますが、大型SUVは現在ディーゼルエンジン搭載モデルの方が人気が高い傾向があります。

人気のあるクルマは、リセールバリューも高くなっており、「CX-8」も新車購入時の価格は他の大型SUVよりも安めですが、もし売却する場合には、買取が高くなることが予想されます。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさは?

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさは?

引用:https://kakakumag.com/car/?id=11630

「マツダ・CX-8」も「トヨタ・ランドクルーザープラド」も、ボディは長く、横幅もがっしりとした大きな印象を受けますが、どちらも国産SUVとしては、上位に入る大きさとなっています。

「マツダ・CX-8」の内寸を見てみましょう。(単位はmm)

全長・・・4,900

全幅・・・1,840

全高・・・1,730

ホイールベース・・・2,930

最低地上高・・・200

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさは?引用:https://www.autoevolution.com

一方、「トヨタ・ランドクルーザープラド」の内寸です。

全長・・・4,825

全幅・・・1,885

全高・・・1,835

ホイールベース・・・2,790

最低地上高・・・220

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさは?引用:https://www.flexnet.co.jp

比べてみると、「マツダ・CX-8」の方が「トヨタ・ランドクルーザープラド」よりもボディが50mm長く、幅は5mmだけ短く、高さは約10cm低くなっています。

よって、横から見た場合は、「マツダ・CX-8」の方が大きく見え、正面からだと「トヨタ・ランドクルーザープラド」の方が大きく見えそうです。

次に、SUVに期待したい荷物を詰むラゲッジの大きさもVDA方式で見てみましょう。

「マツダ・CX-8」は3列目を倒した状態でのラゲッジがサブトランク込みで572Lです。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさは?引用:http://www.mazda.co.jp

対する「トヨタ・ランドクルーザープラド」は7人乗りの3列目シートを倒した場合、553Lとなっており、約20L分「マツダ・CX-8」が大きくなっています。

「マツダ・CX-8」は、3列目に大人が乗ってもゆとりを感じられるつくりになっているので、3列目を倒した場合のラゲッジスペースも広くなります。

後部座席の乗り心地で比べてみましょう。

まず2列目ですが、「マツダ・CX-8」は、身長170cmの大人が乗車した場合、2列目に座る人には、床と座面の間隔も十分に確保されている。

「トヨタ・ランドクルーザープラド」は床が高い作りになっているため、2列目の床と座面の間隔がやや不足していて、座ると膝が持ち上がりやすい。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさは?引用:https://www.youtube.com/watch?v=77tWua_h1Vk

次に3列目の乗り心地であるが、両車とも残念ながら2列目よりは悪くなってしまうようです。

「マツダ・CX-8」は、2列目シートを12㎝いっぱいスライドさせれば、3列目を窮屈と感じるほどではない程度に広げることができるので、後部座席の乗り心地比べでは、「マツダ・CX-8」が秀でていそうです。

また、最小回転半径は「マツダ・CX-8」と「トヨタ・ランドクルーザープラド」とも5.8mとなり、少し大回りになります。

前方の視界に両車の大きな差はありませんが、背の高い「トヨタ・ランドクルーザープラド」の方が側方と斜め後方は見やすいようです。

逆に、乗り降りのしやすさという面では、床が低めに設定されている「マツダ CX-8のほうが優れていると言えるでしょう。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】燃費はどっち?

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp/whichone/5000637/

マツダやトヨタが公式に発表している両車の燃費は次の通りです。

実際にクルマを走らせた場合、道路の混み具合やスピードの出し方で燃費は大きく変化があるので、マツダは実燃費に近いWLTCモード燃費も表示するようになりましたが、「ランドクルーザープラド」はJC08モードのみの表示でした。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】燃費はどっち?引用:https://www.autoevolution.com/

「CX-8」4WD・・・JC08モードで17.0㎞/l(WLTCモード平均で15.4㎞/l)

「CX-8」2WD(FF)・・・JC08モードで17.6㎞/l(WLTCモード平均で15.8㎞/l)

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】燃費はどっち?引用:https://www.webcg.net

「トヨタ・ランドクルーザープラド」クリーンディーゼルエンジン・・・11.8km/l

・「トヨタ・ランドクルーザープラド」ガソリンエンジン・・・9.0km/l

圧倒的に「マツダ・CX-8」の方が燃費が良いことが分かります。

同じディーゼル車でも「マツダ・CX-8」は「トヨタ・ランドクルーザープラド」の2.8Lより小さい2.2Lのエンジンを搭載しているに関わらず、最大トルクは450N・mと同じです。

したがって、エンジンが発生する最高出力は「マツダ・CX-8」の方が大きくなります。

駆動方式の4WDは、常に4輪を駆動させている「フルタイム」と、タイヤがスリップした時に4WDが作動する「パートタイム」に分けられます。

「マツダ・CX-8」の4WDでは、FFで走っている時も、滑った場合すぐに4輪の駆動を発揮できるように、後輪にも少しだけ駆動をかけているそうです。

以上から、「マツダ・CX-8」は、燃費が優れて良いと考えられます。

【マツダ・CX-8】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】燃費はどっち?引用:https://bestcarweb.jp/feature/column/2738

さて、「マツダ・CX-8」と「トヨタ・ランドクルーザープラド」の2つの大型SUVを比較してみましたが、好みはそれぞれですので、自分に合わせて選ぶのも楽しみになりますね。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!