CX-8

【マツダ・CX-8】モデルチェンジ予想!情報はある?その時期は?

マツダCX-8は2017年12月に発売された新型車種ですが安定した売れ行きを保っています。

一年経過してそろそろマイナーチェンジの時期ではないでしょうか?

フルモデルチェンジまではまだ期間がありますがユーザーの意見をくみ上げてマツダがどのように

マイナーチェンジをしてくるのか?その時期は?さまざまな角度から検証してみました。

マツダCX-8のモデルチェンジ情報とは?

マツダCX-8のモデルチェンジ情報とは?引用:https://response.jp/

マツダ社内ではマイナーチェンジと呼ばずに「年次改良」とよんでいます。

マツダCX-8では目に見えて変わる変更がなく、2019年型へと移行する年次改良となります。

発売以来、好調に売れ続けてきたCX-8ですがまだ新型発表から1年たらずですのでフルモデルチェンジの情報はありません。

2018年は目に見えて大幅に変わる点はなく、小変更のみに留まるようですが、どの部分がどのように変更されているのか一つ一つ情報を確認していきます。

まず重要な一点としてエクステリア(外観)の変更はありません。

マツダCX-8は発売されてからまだ1年しかたっておらず、しかもエクステリアデザインは評判もよく非常に完成度が高いといえます。

ですので今回のマイナーチェンジではエクステリア部分の変更は見送られたようです。

主な内外装の変更点は?

マツダCX-8のモデルチェンジ情報とは?引用:https://bestcarweb.jp/feature/column/2738

今回のマイナーチェンジではCX-8のユーザーから非常に要望の高かったサンルーフが装備されるようです。

3列シートを常備している車種のユーザーはファミリー世帯が多く、サンルーフかパノラマルーフの要望が多いそうです。

発売時にはオプションでも選択できずにがっかりしたユーザーもあったようですので、これは朗報といえるでしょう。

インテリアではアテンザで快適性で非常に評判の高かったフロントシートベンチレーション機能が装備されるようです。

アテンザでは最上級グレードに装備されていて体が冷えすぎないように背もたれと座面にベンチレーションが設けられ、3段階で調節できる機能が備わるようです。

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!引用:https://www.webcg.net/articles/-/38302

ここまではマイナーチェンジの概要についてご紹介させて頂きました。

最近はどのメーカーの車種でもフルモデルチェンジまでのサイクルが長くなってきています。

これはユーザーの買い替えサイクルが長くなってきているからですが、大小のマイナーチェンジを繰り返しながら6~8年かけて次のモデルにチェンジするのが最近の傾向です。

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!引用:https://www.carsguide.com.au/car-reviews/mazda-cx-8-sport-69656

ここでは具体的に今回の変更点をご紹介していきます。

2018年のマツダCX-8のマイナーチェンジでは新しく直列4気筒直噴2500ccガソリンモデル及びターボモデルが追加されます。

今までは直列4気筒2200ccディーゼルターボエンジンのみでしたが今回の年度改良の伴って。
新採用の直列4気筒直噴2500ccガソリンターボエンジンと同じく新採用の直列4気筒直噴2500ccガソリンエンジンが追加されるようです。

新型ターボエンジンは230馬力、トルク40.8kgとなりレギュラー対応でありながらスポーディなセッティングとなります

燃費とスポーティさの両立は難しいものですが日本ではそれが強く求められます。

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!引用:https://www.whichcar.com.au/

マツダは長年それに答え続けてきたので今回搭載される新型エンジンも期待できるでしょう。

搭載グレードとしてはエントリーグレードとプロアクティブではノンターボエンジン、ターボエンジンの両方が選択できますが

L packageではターボエンジンのみの選択となっています。

発売当初から短距離走行で多く使うユーザーからガソリンエンジンの搭載が強く要望されていました。

マツダCX-8においてガソリンエンジン搭載のメリットとしては車両価格が25万円(ノンターボの場合)ほど安価になり、エンジンオイルの交換費用の削減、エンジンオイルの交換サイクルロングライフ化などのディーゼルエンジンのネガティブ要素を反映したものとなっています。

インテリアの変更点は?

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior2/

今回のマツダCX-8のマイナーチェンジにおいてその他の変更点や装備の追加項目についてご紹介します。

まず、マツダコネクトにApple CarPlayとAndroid Autoが利用可能となります。

初期のころは使い勝手の評判がよくなかったマツダコネクトですが改良をかさねて使いやすくなってきたようです。

なお最近の車載ナビは拡大かが進んでいますが今回のマイナーチェンジではマツダコネクトのモニターサイズのインチアップはないようです。

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior1/

マツダCX-8は先進安全機能が多く装備されていますがこの分野でもいくつかの機能が追加されています。

まず、自動ブレーキのカメラの品質が向上して、夜間の歩行者や自転車を認識できるようになりました。

これまでは自動ブレーキは装備されてはいたものの自転車と夜間の歩行者は認識できませんでしたので、貴重なアップデートといえます。

2018年にマイナーチェンジとなったマツダCX-3以降新しく採用されたカメラではそれらが可能となります。他車種へと普及していくこととなるでしょう。

マツダCX-8の特徴のひとつであるスカイアクティブテクノロジーのひとつであるG-ベクタリングコントロールのバージョンアップ

が行われ性能が向上していきます。

マツダCX-8のモデルチェンジを予想します!引用:http://www.mazda.co.jp/

搭載されるG-ベクタリングコントロールでは次のような機能が追加される予定です。

エンジントルクのコントロールが最適化され、制御がより精密に機能するようになる。

エンジントルクのコントロールがブレーキに的確に対応できるようになる。

現在でもG-ベクタリングコントロールユーザーの間では非常に評価が高く、この機能目当てでマツダ車を

購入する人も多いほどでした。

さらにはG-ベクタリングコントロールは今までコーナーのみ対応可能だったのに対して技術の革新により

ブレーキまで制御できるというのは本当に素晴らしいの一言です。

マツダCX-8のモデルチェンジ時期は?

マツダCX-8のモデルチェンジ時期は?引用:https://bestcarwebstorage.blob.core.windows.net/bestcar

ここまではマツダCX-8のマイナーチェンジ情報を内容別にわけてご紹介いたしました。

具体的な新型CX-8の発表と発売の時期はいつなのでしょうか?

また、新技術が搭載されたグレードの価格はどうなのか検証していきたいと思います。

マツダCX-8のモデルチェンジ時期は?引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

新型マツダCX-8の具体的な今の段階では発売日はまだはっきりとわかっておりません。

しかし2017年12月に発売された時期から推測すると。2018年11月頃にはマイナーチェンジ版CX-8が

発売される模様です。

価格の変更はディーゼルモデルについては大きな変更はなく据え置きか、数万円程度の値上がりになると推測されます。

ガソリンエンジン2.5ターボモデルについてはディーゼルエンジンモデルとそれほど変わりなく、ガソリンノンターボ

モデルは価格が下がりお求めやすい価格設定になるのではないかと推測されます。

マツダCX-8のモデルチェンジ時期は?引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/safety/

CX-5を例にあげると、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの差は30万円ほどあり、CX-8に関してもグレード間の価格差は

同じような間隔になるだろうと思われます。

ディーゼルエンジンは燃費も良く、太いトルクの乗りやすさが持ち味なのですが、短距離の使用が多いユーザーにとっては

メンテナンス面でオイル交換の頻度などを考慮すると買い控えの理由にもなっていたかもしれません。

今回ガソリンエンジンモデルがラインナップに加わることによって、より購入しやすくなるのではないでしょうか?

変更を加えてますます熟成が進んだマツダCX-8はさらに魅力を増したのではないでしょうか?

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!