CX-8

【マツダ・CX-8】燃費や実燃費はどう?燃費向上しているの?

マツダと言えば「Be a driver.」のキャッチコピーを知っている方も多いでしょう。

ディーゼルエンジンを進化させ、ドライバーから高評価を得ているマツダ

そんなマツダから発売された「CX-8」は2017年12月の発売の3列シートのSUVです。

CX-8」は、マツダ史上初めての大きな進化・スペック向上を果たした「SKYACTIV-D 2.2」を搭載しています。

CX-8」の燃費について調べてみました。

マツダCX-8の燃費は?

マツダCX-8の燃費は?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

3列シートで6人・7人乗りの大きな車となると燃費が悪そう・・・と考えるのが一般的ではないかと思います。

マツダが公式に発表している「CX-8」のWLTCモード燃費は次の通りです。

・駆動方式4WD・・・市街地モードで12.5㎞/l郊外路モードで15.3㎞/l高速道路では17.5㎞/l

・駆動方式2WD(FF)・・・市街地モードで12.7㎞/l郊外路モードで15.7㎞/l高速道路では18.0㎞/l

同じくらいの大きさでトヨタのSUV「ハリアー」の実燃費が4km/l~15.05㎞/lということなので、これだけ走る大型SUV「CX-8」はなかなかの低燃費と言えるでしょう。

マツダCX-8の燃費は?引用:https://family-drive.site

ちなみに、WLTCモードとは、Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycleの略で、世界的に調整された試験法での燃費の測定方法です。

WLTCモード燃費は、市街地、郊外路、高速道路の3つの走行パターンで調べているため、JC08モード燃費に比べて、実際に使用する時の燃費に近い内容になっています。

実際のユーザーからの声でも「町乗りがメインで11~12走れています。高速なら17~20もマークするので、この大きな車体から考えて優秀だと思います。軽油はハイオクよりリッター35円は安く揮発油税の恩恵が大きい。」や「ボディサイズと燃費のバランスは世界一かもしれない」と「CX-8」の燃費について、高い評価が多くあります。

マツダ「CX-8」は、進化した技術「SKYACTIV-D 2.2」を搭載し、エンジン性能の中核をなす「燃焼」に徹底的にこだわっています。

マツダCX-8の燃費は?引用:https://www.drivelife.co.nz/

マツダによると、「SKYACTIV-D 2.2」のポイントは次の4つ。

・大きさや重さを感じさせない“力強い走り”

・車両重量2t弱/3列シート車なのに“低燃費”

・国内のフラッグシップSUVに相応しい“上質感のある静粛性”

・マツダの「ディーゼルエンジン」ならではの“クリーンな排出ガス性能“

つまり、こだわりの「SKYACTIV-D 2.2」を搭載することで、従来のディーゼルエンジンが抱えている騒音と振動の問題を解決し、大型SUVの力強さと低燃費を兼ね備えた余裕の走りを実現させています。

マツダCX-8の実燃費と燃費確認の情報

マツダCX-8の実燃費と燃費確認の情報

引用:https://www.caradvice.com.au/652371/2018-mazda-cx-8-on-sale-july-1/photos/

「CX-8(グレードはXDプロアクティブのFF車)」の実燃費テストの結果をまとめました。

テスト日は2017年12月で天候は晴れ、最高気温13度でした。

平均:16.3km/l (15.8㎞/l)

市街地:13.6km/l (12.7km/l)

郊外路:17.5km/l (15.7km/l)

高速道路:19.0km/l (18.0km/l)
( )内は実燃費に近いWLTCモードです。

「CX-8」は、車体が大きい車に相性のいいディーゼルエンジンを搭載しており、この結果は、車の大きさのイメージよりも、低燃費をアピールできる記録と言えるでしょう。

マツダCX-8の実燃費と燃費確認の情報引用:https://www.citymazda.com.au/

ちなみに、CX-8の燃費はセンターディスプレイ内の各アイコンを操作することによりi-stop状態表示、燃費情報、i-stop効果を切り替えることができ、

①過去60分間の燃費

②過去5回分のリセット毎の平均燃費

③走行開始後1分間毎の平均燃費

を表示することができます。

マツダCX-8の実燃費と燃費確認の情報引用:https://www.whichcar.com.au

ここからは実際の運転のしやすさについてユーザーの声です。

「市街地では、止まったり進んだりを繰り返しても運転が楽で乗りやすい。止まりそうで止まらない渋滞という場面でも不必要なアイドリングストップが起きにくく、エンジン再始動が素早い。」

「70リッター以上の燃料タンクを持つため、高速道路のみであれば1回の給油で1000km走れる可能性が十分ある。」

効率の良い走りと燃費に高評価を得ています。

実際、燃料タンクは、FFが72L、AWDが74Lです。FFでWLTCモードの平均値で計算した場合、72×15.8で1137kmの航続距離を持つことになり、東京から九州まで無給油で走行できることになります。

マツダCX-8の燃費は向上しているのか?

マツダCX-8の燃費は向上しているのか?

引用:https://clicccar.com/2017/09/14/511029/

マツダが追求し続けてきた、優れた静粛性と燃焼効率、高い環境性能という背反関係にある性能を両立する理想の燃焼を実現する新しい燃焼コンセプト「急速多段燃焼技術」「SKYACTIV-D 2.2」にて実現されました。

この「急速多段燃焼技術」により、燃料をきれいに燃やして効率的に力に変えることを可能にしています。

マツダは、ディーゼルエンジンの改良に力を注いでいますが、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて、エンジンの回転数が低いときから強い「トルク」を発生することができるため、スムーズに一定の速度で走行することができます。

マツダCX-8の燃費は向上しているのか?引用:https://www.whichcar.com.au

「CX-8」に採用されているディーゼルターボエンジンには大小2つのターボチャージャーが使われています。

小型のターボは低回転、大型のターボは高回転での過給を担当しますが、CX-8は大型のターボが低回転から作動するように改善したことでトルクのフラット化と出力アップが図られています。

最高出力は190馬力、最大トルクは450Nmです。

さらに、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する制御技術=Gベクタリングコントロール(GVC)により、高い操縦安定性を実現させています。

マツダCX-8の燃費は向上しているのか?引用:https://www.facebook.com/mazdaaus/

このように進化したディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載の「CX-8」についてユーザーからの声です。

「今のハイブリッド中心路線を歩む他社に、このSUVクラスでこの燃費と力強さを両立するクルマはなかなか作れないと思う。たとえ作れてもCX-8レベルのデザイン、質感が実現できるかどうかは疑問。そもそも良質なクリーンディーゼルエンジンが不可欠で、マツダにしか作れない!」

「燃費は悪いどころかこのサイズ、この走りでは上出来です。まさしく家族ともども人生をたっぷり楽しむためのクルマだ。」

他社と比べた場合の、大型SUVの燃費の良さ、乗り心地には満足の声が多くあります。

マツダCX-8の燃費は向上しているのか?引用:https://family-drive.site

また、2018年7月「CX-8」はオーストラリア、ニュージーランドでも発売され始めました。

また中国では、2018年後半に発売される見込みですが、SKYACTIV-G 2.5を搭載するCX-8初のガソリンエンジン搭載モデルになる予定だそうです。

CX-3も発売した時は、ディーゼル車のみでしたが、ガソリンモデルを追加ラインナップしていることから、「CX-8」もガソリンモデルが今後検討されるかもしれません。

「ディーゼルと共に、ガソリンエンジンやハイブリッドシステムもまだまだ進化の途中です。」とマツダのホームページで語られているように、今後もエンジンの進化とともに燃費の向上も期待ができます

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!