CX-8

【マツダ・CX-8】リセールや下取り価格は現在いくらくらい?

クルマと人の一体化を目指し、走る人の歓びを実現させるマツダ

高評価を得るマツダから2017年9月に発表され、同12月から発売された3列シートのSUV「CX-8」。

CX-8」は6人または7人乗りとして、ミニバンとSUVの役割を同時に担うモデルとして注目されています。

予約開始から1か月で12,000台の予約があったというマツダCX-8」のリセールと下取りについて調べてみました。

マツダCX-8はリセールバリューは高い?安い?

マツダCX-8はリセールバリューは高い?安い?引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/design/?link_id=ftft

クルマの売却では、自分の車がいくらで売れるのか気になるところです。

日本全国には、中古車の業者専用オークション会場が多くあります。

大型ショッピングモールのような大きさで、何万台もの規模で、セリが行われています。

その会場から「相場」が形成されています。

年式、走行距離、ボディカラー、内・外装の状態、修復歴の有無など多くの項目が検査され、そこで細かく評価点が付与されます。

評価を基に落札されますが、最近は、ネットで落札ができます。

マツダCX-8はリセールバリューは高い?安い?引用:https://www.autoevolution.com

このように、「相場」を基準として中古車市場が回っています。

そして、自動車を売却する際の価値をリセールバリューと呼びますが、車種やブランド、新車での価格と密に結びついてきます。

基本として、新車時に人気の高い車種はリセールバリューも高く、高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

次に紹介するのは「CX-8」のリセールバリューですが、2017年12月の発売から日が浅いため、一般論を加えてあります。

「CX-8」のようなSUVタイプの車種は、外見の格好良さや雪道での走りやすさ、アウトドアでの使い勝手の良さといった理由で指名買いするユーザーが多く、リセールバリューは高くなります。

マツダCX-8はリセールバリューは高い?安い?

また、自動ブレーキシステムがあるクルマは、リセールバリューが高くなるようですが、「CX-8」は全てのグレードに装備されています。

大型SUVでは現在、ディーゼルエンジン搭載車のほうが人気が高い傾向にあり、リセールバリューも高いです。

「CX-8」は新車購入時の価格は他の大型SUV車に比べて安いですが、売却した時は高く買い取ってくれることが期待できます。

ほかにも、駆動力を積極的に自動制御する「i-ACTIV AWD」や雪道での走破性などが評価され、4WDの方が2WDよりもリセール時の価値が高まるようです。

当然ですが、修復歴ありに該当する場合は、ダメージの度合いによっては数十万円~100万円以上のダウンとなる事例が多いです。

マツダCX-8は下取り価格はどのくらい?

マツダCX-8は下取り価格はどのくらい?引用:http://www2.mazda.co.jp/

クルマの下取りとは、現在車を持っている人が買い替えの際に使う言葉です。

つまり、次に新車、あるいは中古車を買おうと思い、次の自動車を買う店に現在乗っている車を売る事を言います。

下取りのメリットとしては、買うのも売るのも同じお店だと手間が省ける点が挙げられます。

下取りの手続きが車を購入する手続きの流れでできること、新しい車の納車時に、今までの車を引き渡すことができるので代車は必要なくなります。

他にも、値引きできない分を下取り額で多少なりとも補ってくれることがあるのもメリットです。

マツダCX-8は下取り価格はどのくらい?引用:https://www.autoevolution.com

下取りされた代金は、次に購入する車の支払いに充てられます。

「CX-8」の買取相場推移を予測し、まとめました。

2年以上落ちのデータについては、同じマツダの「CX-3」と「CX-5」をベースに、同価格帯のクロスオーバーSUVの買取相場の動向も含めて出された予測値です。

修復歴なし、色はスノーフレイクホワイトパールマイカ、走行距離は10,000㎞/年平均、内外装は平均的な状態で予測されています。

マツダCX-8は下取り価格はどのくらい?引用:http://www.mazda.co.jp

新車価格はXD・・・319.6万円、XDプロアクティブ・・・353.7万円です。

まず、1年落ちから、XD・・・249万円、XDプロアクティブ・・・282万円、参考下取り・・・252万円となり、新車価格に対するリセールバリューの割合は、順に78.0%、80.0%、71.2%でした。

次に2年落ちは、XD・・・217万円、XDプロアクティブ・・・247万円、参考下取り・・・222万円と予測され、新車価格に対するリセールバリューの割合は、順に68.0%、70.0%、62.7%でした。

そして3年落ちでは、XD・・・201万円、XDプロアクティブ・・・229万円、参考下取り・・・204万円と予測され、新車価格に対するリセールバリューの割合は、順に63.0%、65.0%、57.6%でした。

マツダCX-8の買取価格はどのくらい?

マツダCX-8の買取価格はどのくらい?引用:https://carnews.jp/articles/4Ntaw

買取では、人気のある装備がダイレクトに反映され、高価値が付けられることもあります。

買い替えが前提の下取りと違い、数店舗の比較ができ、一番高い値段がついた店舗へ売却することができますが、デメリットとしては、よく相場変動があり、売却する時期が明確でないと低めの査定になることもあるようです。

「CX-8」の全3グレードから高額買取が狙える順位を装備や価格面から見てみます。

まず、充実装備と価格バランスに優れたXDプロアクティブ。

次に、購入価格が最も低く、購入価格に対する買取相場の比率がお得になることを期待できるXD、そして最も上級グレードのXD Lパッケージという順です。

マツダCX-8の買取価格はどのくらい?引用:http://www.mazda.co.jp/

ボディカラー別で見ると、定番カラーであり開放感ときれいなイメージで高い好感度の「スノーフレイクホワイトパールマイカ」が高そうです。

次に、ていばんでありながら高級感のある人気カラー「ジェットブラックマイカ」、そしてマツダと言えばを表したようなカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」と続きそうです。

ボディカラーは「CX-8」の第一印象であり、買い手に人気のあるカラーであればその買取相場を左右することになります。

例えば、新車購入時には人気の高いカラーである「ソニックシルバーメタリック」ですが、中古車市場では買取相場が下がることがあります。

中古車市場のユーザー達の年齢が若めになる傾向があり、若者があまり好まないようなカラーは買取価格が下がるようです。

マツダCX-8の買取価格はどのくらい?

また、こだわりの「匠塗」を駆使した「マシーングレープレミアムメタリック」ですが、そのマツダの塗装への思い入れとオプション料金は買取相場に反映されないため、購入時の費用がかさんで相対的にリセールではやや不利と言えます。

もし、「CX-8」の購入時に買い取りまで考えるなら、ボディカラーも考えて選ぶと、高額買取に結びつくかもしれません。

2017年12月の発売からまだ日が経っていない「マツダ CX-8」には先の話になりそうですが、買取相場に大きな影響を与える重要ポイントの一つがモデルチェンジです。

「CX-8」のモデルチェンジがされた場合、買取相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの6か月前からと言われています。

このことから、「CX-8」がモデルチェンジをする場合、モデルチェンジに入る6か月~3か月前までが買取価格を高くできそうです。

マツダCX-8の買取価格はどのくらい?引用:https://www.autocar.jp/article/2017/09/14/238810/6/

「CX-8」はまだ中古車としてはほとんど取引がないため、買い取り相場は推察が入ります。

参考として2018年7月に、平成30年式 「マツダ CX-8 XD Lパッケージ」(ソウルレッドクリスタルメタリック、 走行距離10,000km)が295.5万円 で査定されたという情報が公開されていました。

「CX-8」はやはり人気車であり、買取価格は購入時とほとんど変わらない価格になっているようです。

 

アイキャッチ画像引用URL:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!