デミオ

【マツダ・デミオ】安全性はどう?自動ブレーキの効きはいいの!?

マツダデミオのドライバーズビューや安全機能、運動性能面は一体どうなっているのでしょうか?

運転のしやすさは?

自動ブレーキシステムは?

横滑り防止機能は?

以上について紹介してきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

マツダデミオは運転しやすい?しにくい?

引用:http://jp.mazdacdn.com/

デミオはコンパクトカーの分類の中でも、運転席の見通しが良くドライバー視野が広く、比較的に運転のしやすい車のようです。

また、マツダ車はコンパクトカーや高級車に限らず、すべての全グレードに最新安全技術が標準装備されているため、他メーカーのコンパクトカーよりも運転がしやすい車となっているようです。

マツダデミオの最新安全機能の中から運転手のサポートを行ってくれる機能をまとめてみました。

引用:https://clicccar.com/

アダプティブ・LED・ヘッドライト(複数に分割したLEDを個別に自動点灯/消灯し、面倒な操作なしに夜でも見やすい前方視界をつくり出します)

引用:http://i.ytimg.com/

ハイビーム・コントロール・システム(約30km/h以上で走行中、対向車や先行車がいない場合には上向きに切り替わり、ハイビームでの走行機会を増やすことで、夜間の前方視界確保をサポートします)

引用:http://img.youtube.com/

車線逸脱警報システム(フロントガラスに設置したカメラで車線を認識し、車両がその線を踏み越える可能性があると判断すると、ドライバーに注意を促します)

引用:https://ucari.mazda.co.jp/

ブラインド・スポット・モニタリング(約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラーのインジケーターが点灯。その状態でウインカーを出すと、インジケーターの点滅と警報音で警告します)

引用:http://img.youtube.com/

リア・クロス・トラフィック・アラート(駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートします)

以上の他にも沢山の最新安全技術が採用されており、他メーカーのライバル車よりも運転のしやすい車となっていると言えるでしょう。

デミオはBセグメントコンパクトカークラスでもダントツのクラス概念をこえた性能によりクラストップクラスの車と言っても過言ではないでしょう。

マツダデミオの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用:http://carlife.biz/

今や標準装備が当たり前のことのようになっている自動ブレーキですが、デミオの自動ブレーキは実際のところどうなのでしょうか?

正直なところ、デミオに限らずマツダの自動ブレーキシステムはスバルのアイサイトに比べてやや劣るようです。

マツダの採用しているi-ACTIVESENSEですが、夜間走行時の歩行者検知による自動ブレーキ作動はアイサイトに比べ、作動しない場面が多くあるようです。

夜間走行時の歩行者検知による自動ブレーキ作動には一定の明るさが必要のようです。

しかし、スバルのアイサイトよりも性能が優れている面もあります。

歩行者検知による自動ブレーキ作動ですが、スバルは歩行者検知による自動ブレーキ作動が~35Kmに対しマツダのi-ACTIVESENSEは~45Kmと実際の道路状況に近い状態でも作動してくれます。

一般道路を~35kmで走行することは非常に少ないと思いますが、~45kmであれば現実的なスピードのように思います。

実際の走行状況に近い状態で自動ブレーキが作動してくれるのは運転していて凄く心強いですね。

引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

以上のようにデミオの自動ブレーキシステムは他メーカーのライバル車よりも劣っている面もあれば、劣勢な面もあるようです。

次に、マツダの安全性についてまとめてみました。

運転席&助手席、カーテン&フロントサイドエアバックシステムにより正面や後方の衝撃時はもちろん、横方向からの衝撃を感知した場合でもエアバックシステムが作動し、運転者や助手席の安全を確保します。

万が一、事故が起こってしまった場合を想定した歩行者保護機能が高いボディ(SKYACTIV-BODY)や55km以上のスピードで走行中、急ブレーキをかけたときにハザードが点滅する(エマージェンシー・シグナル・システム)など、万が一を想定した機能もたくさんあります。

特に私が便利だなと感じた機能は、デミオに採用されているヘッドアップディスプレイ(アクティブ・ドライビング・システム)です。デミオの廉価グレードに標準装備されていないのが少し残念ですが、デミオクラスでも標準装備されているグレードが存在していることに私は驚きました。

ヘッドアップディスプレイ(アクティブ・ドライビング・システム)とは、メーター上部(フロントガラス下部)へ表示されるモニターのことで、デミオの場合はモニターが運転席前側ダッシュパネルより透明の液晶モニターが立ち上がり、多くの情報を表示してくれるシステムのことです。

表示してくれる情報は主に『車速情報』『走行道路の交通標識情報』『クルーズコントロール情報』『ナビゲーションガイダンス』等があります。

運転者の視界を落とすこと無く車の情報が運転者に入ることで、よそ見運転による危険性が回避されると言っても過言ではないでしょう。

また、ヘッドアップディスプレイは目が疲れにくい設計となっているため、長距離運転の際には非常に役に立つこと間違いないと思います。

不慣れな方は視界の妨げになるなど貴重な意見もあるようですが、慣れれば非常に使いやすい機能となってくれることでしょう。ヘッドアップディスプレイ自体の設定により運転者の見やすいポイントへ調整も可能なようなのでそれも魅力の一つだと思います。運転者は目線の高さがひとりひとり違いますので、調整が行えて誰でも見やすい表示を行うことができるのが素晴らしいと思います。

以上のようにデミオの安全性は他メーカーの同クラス車種よりも非常に劣勢といえると思います。

マツダデミオの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://ucari.mazda.co.jp/

デミオの横滑り防止機能ですが、雪道やウエット路面による空転はTCS(トラクションコントロールシステム)によって駆動輪のタイヤの空転を抑えるため、悪路路面の走行時にきちんと作動し、特に雪道によるスリップを防止してくれるようです。

デミオにはDTC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)のON・OFFスイッチがついているのですが、ON・OFFの状態によって走行時の運動性能がやはり変わってきます。

普段のONの状態では機能十分に発揮されるシステムとなっています。

さらに、ON・OFFスイッチにより機能を使い分けることができるため、ザクザク雪道や泥路面によりスタッグトラブルが起こってしまった場合はスイッチにより制御システムをOFFにし、脱出を安易に行うことができます。実際にトラクションコントロースシステムをOFFにできない車種はスタッグトラブル時の脱出は大変なようです。

引用:https://pds.exblog.jp/

また、スリップしやすいとされる上り坂などでもOFF制御だと走行しやすくなる場面もあるようです。

しかし、DTC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)システムはあくまでも運転手のサポートする役割のため、無理な運転や過信運転などは禁物です。

雪国やぬかるみ路面の走行がある方はDTC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)システムよりも4WD車のほうが合理的で良さそうな印象でした。あくまでも豪雪地帯や悪路走行の多い方は2WD車のDTC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)システムは補助程度にしかならないのでしょう。

以上のようにデミオの横滑り防止装置は4WD車同等の走りが出来るような機能ではなく、あくまでも運転者へのサポート機能といったところでしょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ