デミオ

【マツダ・デミオ】エコカー減税で自動車税の費用がどう減るのか?

「クロノスの悲劇」を救ったマツダの救世主であるデミオ

幾多のモデルチェンジを超えても、その信頼と機能性は絶対です。

そんなデミオですが、エコカー減税は受けられるのでしょうか?

また、自動車税についてもご紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

マツダデミオのエコカー減税は効く?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

車を買う上で気にしなければいけないのは「価格」と「機能」と、あとは「税金」ですね。

他にもあるとは思いますが、費用対効果を考えるとこの3つは車を決める上で最も重要なポイントであるといっても過言ではありません。

その「税金」に関して、昨今は「エコカー」に対する税金の優遇措置「エコカー減税」が当たり前となりました。

ただ、よく知らない方もいると思うので、ご紹介したいと思います。

エコカー減税について

引用:https://www.webcartop.jp/2016/06/41896

エコカー減税とは「環境に配慮した車に対する税金の優遇措置」です。

日産やトヨタのPHEV(プラグインハイブリッド)、マツダのクリーンディーゼル車、そして少数ですが話題の電気自動車・燃料電池車といったもの、総称して「エコカー」と呼ばれる車、そして特定の年代の燃費基準を大きくクリアした「低燃費車」に対して、通常の車よりも税金が安くなる、もしくは免除される精度です。

地球温暖化の原因となる二酸化炭素、そして酸性雨の原因となる有害ガスを排出するものの代表が「自動車」で、昨今自動車メーカーが積極的に環境破壊をしにくい車の製造・販売に取り組んできました。

そして世間のエコカー需要の高まりを受けた日本政府が、2009年度から実施しています。

エコカー減税の内容と基準

エコカー減税は、自動車の税金全てに効くわけではありません。

対象となるのは「自動車重量税」「自動車取得税」の2つです。

これらの税金それぞれが、その車のエコ度合いに応じて減免されます。

なお、基準は軽自動車・普通乗用車によって変化しますが、今回はデミオがテーマなので軽自動車の減免基準については取り上げませんのでご了承ください。

まず、前のコーナーで「エコカー」に分類された「プラグインハイブリッド車」「クリーンディーゼル車」「電気自動車」「燃料電池車」、そして日本ではあまりなじみのない「天然ガス自動車」は、取得税非課税、新車時と初回車検時の重量税が免除されます。

そして、エコカーではない普通乗用車および通常のハイブリッド車は「排ガス低減」「燃費基準の達成」が必要となります。

まず最低限「平成17年排ガス規制75%低減」「平成30年排ガス規制50%低減」のいずれかを達成している必要があります。

そのうえで、燃費基準の達成度合いに対して以下の優遇措置が受けられます。

①「平成32年度燃費基準+50%達成」→取得税非課税、新車検査時・初回車検時の重量税免税

②「平成32年度燃費基準+40%達成」→取得税非課税、新車検査時の重量税免税

③「平成32年度燃費基準+30%達成」→取得税80%軽減、新車検査時の重量税75%軽減

④「平成32年度燃費基準+20%達成」→取得税60%軽減、新車検査時の重量税75%軽減

⑤「平成32年度燃費基準+10%達成」→取得税40%軽減、新車検査時の重量税50%軽減

⑥「平成32年度燃費基準達成」→取得税20%軽減、新車検査時の重量税25%軽減

⑦それ以外」→減免なし

デミオにエコカー減税は効くのか?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

では、デミオにエコカー減税は効くのでしょうか?

デミオガソリン車は、エコカー減税の対象とはなりません。

デミオクリーンディーゼル車は「エコカー」なので取得税・重量税共に100%免税が効きます。

エコカー減税を視野に入れてデミオを買うときは、ぜひクリーンディーゼル車を考えてみてください。

マツダデミオで自動車税は安くなるの?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

さて、昨年度くらいまでは自動車税もエコカー減税の対象だったのですが、今は対象から外されてしまいました。

まあ、国の税収が減っているので無理もないのですが、、、

では、デミオを購入することで自動車税が安くなる場合とはどんな場合でしょうか?

自動車税とは

自動車税とは、自動車を所有している人なら全員に支払う義務のある税金です。

自動車を所有していると、その車の排気量に応じて「年度の5月末」までに支払います。

ちなみに「軽自動車」の場合は一律7,200円と決められていますので、以下は普通乗用車の基準です。

①排気量1,000cc以下→29,500円

②1,001cc~1,500cc→34,500円

③1,501cc~2,000cc→39,500円

④2,001㏄~2,500㏄→45,000円

⑤2,501㏄~3,000㏄→51,000円

⑥3,001㏄~3,500㏄→58,000円

⑦3,501㏄~4,000㏄→66,500円

⑧4,001㏄~4,500㏄→76,500円

⑨4,501㏄~6,000㏄→88,000円

⑩6,001㏄以上→111,000円

新車を買った時の自動車税

新車を購入した年度は「購入月から3月までの月数に応じて支払う」システムになっています。

例えば2,000ccの車を購入した場合、通常の自動車税は「39,500円」になりますが、これを9月に購入した場合は「19,700円」になります。

3月までの月数に応じて支払うので、冗談抜きで「3月に車を買えば自動車税はタダ」になります。

3月に車を買う人が多いのはこのためです。

デミオを買って自動車税が安くなるパターン

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/

デミオの排気量は、全グレードで「1,001cc~1,500cc」のクラスに位置しているので、年間34,500円の自動車税がかかります。

つまり「排気量が1,501㏄以上」の車から乗り換える人は、全員自動車税が安くなるわけですね。

マツダデミオの税金費用はどのくらい?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/

では、これらを踏まえたうえでデミオにかかる税金費用を計算してみましょう。

「上記の金額を足せばいいんじゃないの?」と思っている方もいると思いますが、車にかかる税金で大きいのがもう1つあります。

「ガソリンの消費税」です。

なので「自動車税」「自動車重量税」「自動車取得税」「ガソリンの消費税」を合わせて計算してみたいと思います。

デミオガソリン車の場合

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/safety/cockpit/

デミオガソリン車は代表して「15S」グレードで計算してみます。

JC08モードでの燃費がもう計算されていない時代なので「15km/L」と仮定して計算します。

また、ガソリン価格は「146円(レギュラー)」、年間走行距離は「10,000km」として計算します。

購入1年目(4月購入)

自動車税:34,500円

自動車取得税:約30,000円

自動車重量税:12,300円

ガソリン消費税:7,333円

合計:84,133円

購入3年目

自動車税:34,500円

自動車重量税:12,300円

ガソリン消費税:7,333円

合計:54,133円

デミオクリーンディーゼル車の場合

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/safety/i-activsense1/

デミオクリーンディーゼル車は代表して「XD ツーリング ディーゼルターボ」グレードで計算してみます。

燃費は「18.48km/L」と仮定して計算します。

また、ガソリン価格は「126円(軽油)」、年間走行距離は「10,000km」として計算します。

購入1年目(4月購入)

自動車税:34,500円

自動車取得税:0円

自動車重量税:0円

ガソリン消費税:4,870円

合計:39,370円

購入3年目

自動車税:34,500円

自動車重量税:0円

ガソリン消費税:4,870円

合計:39,370円

以上がそれぞれの税金になりますが、いかがでしょうか?

税金だけでかなりの金額差がついています。

10年乗れば何十万円という差が付きますね。

さすが現代のエコカーは格が違います。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/mist-maroon/

以上、今回はデミオの税金についてご紹介しました。

何とかして車が買えても、その後維持できなければ意味がありません。

自分のこの先と相談して、ライフスタイルに合った車選びをしないといけなさそうですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ