デミオ

【マツダ・デミオ】価格・費用はどう?グレードで違いはあるのか?

日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞し、日本だけに留まらず海外の評判も高いマツダデミオ

エクステリアや乗り心地・安定性・価格など良い口コミが多く幅広い世代の愛車として親しまれています。

マツダの救世主」と名高いマツダデミオですが、グレードやタイプによっても値段はさまざまです。

マツダデミオの各グレード別の価格帯や、マツダデミオにかかる費用について徹底解剖します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

マツダデミオの価格や値段はいくら?

引用:http://www.mazda.co.jp/

まずはマツダ・デミオの本体価格についてお伝えしていきますが、グレード・駆動・エンジンによって

価格帯も様々です。

まずは下記に、グレード別の値段を簡単にまとめてみました。

15C

・2WD→139万3200円

・4WD→159万8400円

15S

・2WD→149万400円

・4WD→169万5600円

15S Touring

・2WD→173万3400円

・4WD→193万8600円

15S Touring Lpackage

・2WD→181万4400円

・4WD→201万9600円

15S Mist Maroon

・2WD→178万2000円

・4WD→198万7200円

15S Noble Crimon

・2WD→179万2800円

・4WD→199万8000円

15MB

・2WD→156万600円

XD

・2WD→181万4400円

・4WD→201万9600円

XD Touring

・2WD→201万4200円

・4WD→221万9400円

XD Touring Lpackage

・2WD→207万3600円

・4WD→227万8800円

XD Mist Maroon

・2WD→206万2800円

・4WD→226万8000円

XD Noble Crimson

・2WD→207万3600円

・4WD→227万8800円

なお、標準装備の場合の消費税込み価格となっています。

更に、自分にあったオプションをつけると言うまでもなく、これ以上の費用が必要になります。

損をせずマツダ・デミオを手に入れるには、上手にディーラーと交渉したり、

良い時期を狙っての購入などを検討して、お得に買い物をすることが吉といえます。

これらを駆使し納得のいく値段にすることで、手が届きにくいグレード車もあなたの愛車に

なるかもしれません。

引用:http://www.kansai-mazda.co.jp/store/

一般的に良い時期と言われている月は3月・9月の決算時期前と言われていることは有名ですね。

また、ノルマ達成に向けて奮闘している月末や、土日祝のフェアに合わせて出向くのも良いでしょう。

その他にも2018年8月に特別仕様車「Mist Maroon」が出たことで、

モデルチェンジ前のマツダ・デミオが大変低価格に購入出来ることもあります。

今がマツダ・デミオを手にいれる最大のチャンス時期かもしれません!

マツダデミオの費用はどのくらいかかる?

気に入った愛車を手に入れることは大変嬉しいですが、

残念ながら必要費用は本体価格ばかりではありません。

振り返ってみれば意外とかかっているマツダ・デミオを維持するための、

必要な費用についてお伝えします。

購入前に一度どれくらい費用がかかるか、一緒に考えていきましょう。

駐車場費用

持ち家の方はこの費用はパス出来るかもしれませんが、なかなか都心部では頭を悩める問題です。

全国平均で一説では8000円代が平均と言われていますが、地域によって大きく異なります。

例えば、東京ですと3万円かかることは普通とされているようですし、

大阪だと2万5000円以上、名古屋だと1万3000円くらいだと言われています。

あなたの家の近隣駐車場は一か月借りるのに、いくら費用がかかりますか?

引用:tanosimu.com/img/9.jpg

自動車税

この自動車税を払うと納税証明書が発行されて、車検を受けられるようになります。

毎年必要な費用で、4月1日時点で車を所有している人に必ず降りかかってくる税金です。

翌年の4月から3月までの税金を5月に届く納付書で支払うシステムです。

また、新しく納車した際にも自動車取得税がかかってきます。

自動車税は総排気量によって金額が異なります。

・1,000cc以下→2万9500円

・1,000cc~1500cc以下→3万4500円

・1500cc~2000cc以下→3万9500円

となっています。

マツダ・デミオの排気量は1500cc以下ですので、3万4500円が自動車税の費用となります。

車検代

一般的に10万円ほどと言われている車検代費用ですが、

マツダ・デミオを所有すると、値段はいくらかかるのでしょうか。

こちらの車検代には、自動車重量税も含まれた値段となります。

マツダ・デミオを新車で購入すると、

初回は3年後に車検を行い、その後は2年に一回車検をすることが義務付けられています。

マツダ・デミオ車検代費用は以下の通りです。

法定費用(自賠責保険料・重量税・印紙代)は全部で5万1530円となっています。

一方、非法定費用(代行手数料・検査料)は約2万5100円となっています。

なぜ、非法定費用に 約 がつけられているかというと、

ディーラー・ガソリンスタンドなどによって、値段の変動があるからです。

この他にも車検や修理を専門とした店も多数ありますね。

今回は大体の平均価格で計算します。

この法定費用非法定費用を足すと約7万6630円が車検費用として必要なことが分かりますね。

何点かお伝えしたマツダ・デミオを維持するために必要な費用ですが、

この他にも様々な費用が考えられます。
しかし、朗報もあります。

マツダ・デミオはディーゼル車がエコカー減税対象車となっていて、

6万7800円から7万9400円の減税対象となっています。

しかしディーゼル車は車体価格がガソリン車よりも高額なため、

機能やガソリン費用と合わせて要検討ですね。

点検代などのメンテナンス代・自賠責保険(1万3920円)・任意保険と言われている自動車保険

・ガソリン代など、どれも必要な費用ですので頭に入れつつ、

先程述べたようにマツダ・デミオ自体を低価格に手に入れたいですね。

マツダデミオのグレードの違いは?MT車はあるの?

引用:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/

マツダ・デミオには、ユーザーのニーズに答え様々なグレードが存在します。

エンジンについては、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが存在し、

どちらも1500ccとなっています。

上記にも記載の通り、2018年8月30日には商品改良された特別仕様車を発売。

実用領域における燃費の向上にも貢献するべく、

ガソリンエンジンを1.3L「SKYACTIV-G 1.3」(P3-VPS型)から、

1.5L「SKYACTIV-G 1.5」(P5-VPS型)に変化を遂げて、

アクセルの踏み込みやシフトダウンを減少させるとしています。

その他にも最高出力/最大トルクともに控えめな数値としており、

WLTCモードの認可を取得し「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」と認定されています。

それぞれのグレードについては、

ガソリン車(1・5ℓDOHCガソリンエンジン81KW 110PS/141N・M)

15C・15S15S Touring・15S Touring L Pacage・15MB

クリーンディーゼル車(1・5ℓディーゼルターボ77Kw/250N・m)

XD・XD Touring・XD Touring L Package

とグレードが分けられています。

また特別仕様車として両車にNoble Crimsonと、

2018年8月より、Mist Maroonが新たに加わったことによりを加えた12種類となりました。

マツダ・デミオのガソリン車グレート比較

引用:http://www2.mazda.co.jp/

まず15Cについてご説明します。

こちらはベースグレードタイプとなっていて、一般的な装備は備わっていてベーシックと言えます。

ベーシックと言っても、ハイエンドモデルに搭載された安全技術搭載など嬉しい機能が備わっています。

もちろん他の全グレードも「サポカーS」のワイドに該当しています。

車両価格においても、一番手が伸びやすい値段となっています。

15Sなどは更に追加装備が備わってきます。

〇プライバシーを保護してくれるダークティンテッドガラスを装備

〇運転に集中できるコックピット設計・7インチWVGAセンターディスプレイを搭載

〇操作しやすいステアリング オーディオ リモート コントロールスイッチを装備

Bluetooth・ハンズフリーマイクで運転中でも会話や音楽をより楽しめる

など。他には、

6スピーカー・リアシート6:4分割可倒式シートバック・リアルームランプ・マップランプ

搭載しています。

15S Touringにおいては更により良い装備がされています。

〇アクティブセーフティ技術DAA(ドライバー・アテンション・アラート)システム搭載

学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出ると、警報音と休憩を促すマークででドライバーに通知。

〇さまざまな運転環境でサポートし、事故のリスクを最小限に抑える交通標識認識システム搭載

〇更に快適に運転が出来るフロントシート シートヒーター装備

〇見た目にも変化 フロントグリル ガーニッシュ ピアノブラックを塗装

また、フルオートエアコン・アクティブドライビングディスプレイ

・ヘッドランプユニット内シグネチャーLEDランプなど大きな変化が見られますね。

15S Touring L Package についてはピュアホワイト・ブラックの内装が選べるようになったり、

15インチホイールが16インチになったりと見た目の変化が多い印象です。

マツダ・デミオのディーゼル車グレード比較

XDはデミオのディーゼル車の中では一番ベーシックタイプとなっています。

とはいえ、ガソリン車の15Sと同じようなスペックのため、人気のあるグレードでもあります。

XD Touringは値段の割に装備がたくさんついていて、高級感はあるのにお得なグレードです。

こちらも大変人気のグレードになっています。

ドライバーアテンションアラート交通標識認識システム

LEDヘッドランプ・アクティブ ドライビング ディスプレイ

15S Touring同等の装備が数多くされており、

XD Touringのみのシステムとしては、

〇アクセルペダルを踏み続けなくても自動走行するクルーズコントロールや、

ステアリング シフトスイッチ・フロントフォグランプがあります。

XD Touring L Packageは15S Touring L Package同様に、

ピュアホワイト・ブラックの内装が選べるようになったりと、

高性能に加えて内装の変化が魅力的です。

マツダ・デミオの特別仕様車について

鮮やかな紅色のシート特徴的なNoble Crimson

引用:http://www.mazda.co.jp/

一方でMist Maroonは、洗練された大人の世界観が、所有する歓びを感じさせてくれるが謳い文句。

引用:www.mazda.co.jp/

どちらも魅力溢れるガソリン・ディーゼル特別仕様車となっていて、かなり気になります!

そしてガソリン車には15MBというサーキットでも走れるモータースポーツを気軽に楽しめる仕様もあります。

引用:https://super.asurada.com/

マツダ・デミオMT車について

15C・特別仕様車のMist Maroon・Noble CrimsonはMT非対応ですが、

その他のグレードにはMT対応になっています。

ディーゼル車は特別車以外全グレード対応となっていて、MT派は嬉しい限りですね。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ