デミオ

【マツダ・デミオ】内装や内装色は何が選べるの?内寸はどうなの?

マツダデミオは外装の格好良さだけではない!!

マツダデミオの車内寸法は?

マツダデミオのインテリアカラー(内装色)は?

マツダデミオの内装カスタマイズは?

以上について調べてまとめてみました。紹介いたします。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

マツダデミオの内寸はどうなの?

引用:http://jp.mazdacdn.com/

引用:https://cdn.snsimg.carview.co.jp/

さて、Bセグメントコンパクトカークラスのマツダ代表車といえばデミオですが、実際に車内空間はどのようになっているのでしょうか?

引用:http://jp.mazdacdn.com/

まずは一番の重要ポイントであるドライバーズシート(運転席)ですが、デミオはコンパクトカークラスのドライバーズシートの中では残念ながら窮屈な方だと言えてしまう設計のようです。

最近の軽自動車やコンパクトカーは、ドライバーズシートが広めに設計されていますが、デミオのドライバーズシートは窮屈で運転席全体が狭い印象と言えてしまいます。

しかし、他のBセグメントコンパクトカークラスのドライバーズシートとは一味違った仕上がりとなっています。

それは、『他にはない走りを追求したデミオ』だからです。

まずは走りの基本動作を行う、アクセルペダルやブレーキペダルの操作性ですが、ペダルの位置が全体的に右寄りとなっており、運転席に座って右足を自然に置いた位置にあるように設計されています。

それは、運転手が無理なく操作できる設計と言えるでしょう。また、アクセルペダルが高級車に採用されているオルガン式ペダルとなっています。

オルガン式ペダルは、ペダルが踏みやすく、アクセルコントロールがしやすいのが特徴です。走りを追求し快適な操作性を追求したデミオだからこその設計といってもいいと思います。

また、デミオの運転席座席は隙間ができにくいシートとなっており、座席に身体がジャストフィットに近い状態となるため、長距離運転でも疲れにくく、無理な姿勢にならない工夫がされた身体に優しい座席と言えるでしょう。

マツダデミオの運転席が狭いと言われるのは明確な理由があってこそなのだと思います。

次はデミオの後部座席について紹介します。

引用:https://ilovedemio.com/

デミオの後部座席は正直なところやはり窮屈と言わざるを得ない設計となっています。

他のBセグメントコンパクトカークラスの中でも圧倒的に狭いと言ってもいいぐらい狭い設計となっています。

Bセグメントコンパクトカークラスのトップクラスの広さを誇るフィットはもちろん、同クラスのアクアやマーチなどよりも狭く、窮屈となっていて、大人5人でフル乗車してしまうとどうしても狭さが気になってしまいます。

全席の座席位置によっては後部座席の人は前席の背もたれ部分に膝があったってしまいます。

小学生ぐらいまでのお子様や女性が座るには気にならないと思いますが、日本人の平均身長以上の男性が乗った場合はどうしても窮屈で楽しいドライブをするのは厳しいかもしれません。

ちなみに後席シートの頭上空間もデミオは狭くなっていて、圧迫感を感じる方が多いかもしれません。

しかし、ドライバーズシート(運転席)同様に後部座席のシートも他のBセグメントコンパクトカークラスのシートよりも遥かに良い設計となっており、座り心地に関しても心地良い弾力性で、ジャストフィットしてくれます。

そのため、長距離走行でも疲れにくい仕様になっています。

それは『他にはない走りを追求したデミオ』だからなのでしょう。

最後にトランク部分はどうなっているのでしょうか。

引用:https://cdn.snsimg.carview.co.jp/

デミオはトランクに関しても狭く、ゴルフバックやキャリーケースなどを積み込むのは不向きと言えるでしょう。

しかし、デミオは後部座席を簡単に倒すことができ、倒したときはフルフラットとなるため、何か荷物を積み込む場合はシートアレンジにより狭さを補うことはできると思います。

ただし、リヤゲートの開口部は狭く、開口部から荷室までの高さもあるため、使いづらい印象はあると思います。

チャイルドシートを装着して生活するようなご家庭の方や、出張等で大荷物を抱えて使用しなければならないサラリーマンの方などは不向きと言えると思います。

マツダデミオの内装色の選択できる範囲は?

引用:http://jp.mazdacdn.com/

マツダデミオは、購入時に選択できる内装色は凄くたくさんあり、自分好みのインテリアにすることができます。

特別仕様車なども含めると多彩でいろいろな選択肢があります。

インテリアカラーはグレードにより選択できる内装色も変わってしまいますが、ベーシックな白系や黒系の内装色の他にも、赤系や茶色系などおしゃれな内装色もあり、正直わたしはBセグメントコンパクトカークラス同クラスの中では他の車種の内装よりも二枚も三枚も上手だと思いました。

デザインや質感も他車種に負ける要素が見つからないぐらい高級感のある内装となっていると思います。

デミオの内装は国産車の中ではトップクラスの質感で、ベンツやアウディなどの輸入車のおしゃれな内装と大差はないと思います。

国産コンパクトカーといえばチープな内装の印象を持っていると思いますが、デミオの内装はプラスチック部分にしても、グロス塗装等によって光沢のあるものになっておりチープな印象を感じさせません。

引用:http://車を買い替えたい.com/

引用:http://jp.mazdacdn.com/

また、合成皮革のデコレーションパネルや座席シートの糸の色なども工夫されたものになっていて、高級感漂う内装インテリアとなっています。

わたしの個人的な意見ではありますが、デミオ購入時の内装コーディネートは実に素晴らしいと言えるでしょう。

マツダデミオの内装を改造したい?できます!!

引用:https://cdn.snsimg.carview.co.jp/

自動車を購入した際には必ずと言っていいほど車内インテリアをカスタマイズしたくなりますよね?

マツダデミオは内装のカスタマイズはできるのでしょうか?

デミオの場合は某カー用品店やネットショップなどで専用の内装ドレスアップ(カスタマイズ)商品がたくさん発売されており、マツダ純正品以外のインテリア商品もたくさん世に出回っています。

室内灯のLEDバルブや専用アルミペダルカバーや専用設計マット、社外品ステアリングなど本当にさまざまな商品があり、自分の好みに合わせて商品を選び、ドレスアップをすることができます。

引用:http://kuruma-kamisama.com/

デミオは他の車種に比べてもたくさんの商品があり、選択肢が多いのが特徴と言えると思います。

しかし、そんなデミオにも弱点があります。それはカーオーディオ(カーナビゲーション)を社外品に変えることができません。(マツダコネクト非装着車グレード除く)

デミオに限らず、マツダコネクト装着車はオーディオデッキやカーナビゲーションシステムを社外品に変えることが出来ず、純正のまま使用するしかありません。

純正ナビゲーションシステムはTVやDVDを走行中に見ることが出来なかったり(助手席や後部座席等に乗車中の方)と不便なところが多々あります。

純正ナビゲーションシステムから社外ナビゲーションシステムに変更したいと思っていても選択することが出来ないのが残念なところですね。

最近の社外ナビゲーションシステムも性能が上がり安価でも凄く機能が良いものがたくさんあります。私自身、安価ナビとは言えませんが、三菱電機のダイアトーンナビゲーションの愛用者で、すっかりHi-fiオーディオにハマっていて、マイカーはオーディオインストールを行っています。

そんな私はやはり純正のナビゲーションシステムから変更できないということは凄く残念に思います。

三菱電機のダイアトーン以外にもカロッツエリアのサイバーナビやデンソーテンのDシリーズ、ケンウッドの彩速ナビやパナソニックのストラーダなど社外ナビゲーションシステムでもたくさん良いものがあります。

そんな中、オーディオが変更できないというのはデミオの内装カスタマイズの最大の欠点だと思います。きっと変更できるようなものならアルパインのBIGXシリーズも発売していたんではないでしょうか?

以上のように内装ドレスアップはオーディオ関係以外は自分好みの改造がしやすい車と言えると思います。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ