デミオ

【マツダ・デミオ】タイヤサイズはどう?サイズアップや交換方法は?

「クロノスの悲劇」を救ったマツダの救世主であるデミオ

幾多のモデルチェンジを超えても、その信頼と機能性は絶対です。

そんなデミオですが、標準タイヤサイズはどのくらいでしょうか。

また、サイズアップやタイヤ交換はできるのでしょうか。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

マツダデミオのタイヤのサイズは?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

デミオくらい人気の高い車になると、自分と同じ車が街にあふれかえります。

別に気にしなければどうということはないのですが、気になる人にはとことん気になる部分です。

「今日は10台以上デミオとすれ違った、、、」とか嘆く人もいるでしょう。

そういう時は「ドレスアップ」をして他の車と差をつけたいところです。

個性的なエアロパーツに身を包めば、そのデミオはあなたオリジナルのデミオとなるでしょう。

ところが、エアロパーツは安くても数万円、高ければ数十万円する代物。

車好きならともかく、車を「日常生活上の道具」と割り切っている人たちにとっては少々痛い出費です。

そこで「これより安くてもドレスアップできる方法はないか?」と考えると、1つ思いつくのが「ホイールの交換」です。

引用:https://www.car-hokengd.com/qanda/autobacs-taiya/

オートバックスのようなカー用品店に行くと、社外製アルミホイールが所狭しと並んでいます。

エアロパーツに比べて安価ですし、それなりに目立つので、手ごろなドレスアップとしては非常におススメのパーツでもあります。

また、タイヤの大きさを変えることは難しいですが、ホイールの大きさを変える、いわゆる「インチアップ」をする人は多いです。

つまり、ホイールの大きさだけ変えてタイヤの大きさはそのまま、という状態です。

横から見ると、タイヤに対してホイールの占める面積が大きくなりますから、車の下部にアクセントが付きます。

また、タイヤが地面に接する面積が大きくなるので、コーナリング性能の上昇やグリップ力の上昇など、パフォーマンス的な面でもメリットが多いです。

一方で乗り心地や燃費が悪くなるほか、走行音がうるさくなったり車重が重くなるなどのデメリットがあります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/safety/i-activsense1/

では、デミオのノーマルタイヤのサイズはどのくらいなのでしょうか?

デミオのノーマルタイヤは全グレードで185mmの大きさです。

またホイールは、ツーリングLパッケージに限って16インチ、それ以外はすべて15インチです。

なのでインチアップを行う場合は同時に、新しいホイールが入る大きさが185mmのタイヤを選択しましょう。

そして、インチアップは大きくてもせいぜい2インチアップが主流です。

あまり大きすぎると走行時の快適性やせっかくの燃費性能が台無しになってしまうので、ほどほどにしましょう。

なお、ごくまれに「インチダウン」をしたいという人がいますが、インチダウンの際もインチアップと同じルールに従うので、14インチ以下のホイールと、それが入る185mmのタイヤを探しましょう。

マツダデミオのタイヤのサイズアップはどうやる?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/accessories/

ここでは、デミオのタイヤサイズアップに関する情報をご紹介します。

ただ、タイヤのサイズアップというよりは、ホイールのインチアップを中心にご紹介していくのでご了承ください。

ホイールの基礎知識

まずはホイールに関する知識をつけなければなりません。

ホイールインチアップとタイヤサイズアップの違い

インチアップとタイヤを大きくすることは、実は全くの別物です。

インチアップとは「タイヤの外径を変えずにホイールだけ大きくすること」です。

そうすることで、タイヤの横(サイドウォール)が薄くなることから、ホイール回りの迫力が増します。

一方でタイヤサイズアップは「タイヤの外径を大きくすること」なので、ホイールの大きさは関係ありません。

用語集

引用:http://www.tirewheel-size.com/size/wheel/

ホイールのインチアップに関してよく聞く単語をご紹介します。

○リム径:ホイール単体の直径のことで、単位はインチ

○リム幅:ホイールを縦で見た時の幅のこと

○フランジ形状:ホイール縁の折り返し部分の形状で、JとJJがある

○インセット:ホイールの中心線から取り付け面までの距離で、詳しいことは後述

○ボルトの穴数:ホイールを取り付けるボルトの穴の数で、デミオは4

○P.C.D:ボルトの穴の中心を結ぶと線ができるのだが、その円の直径を指す言葉で、デミオは100.0

○タイヤ幅:タイヤの幅を表したもので、単位はミリ

○扁平率:タイヤの断面幅のうち、タイヤの厚みの割合のことで、数値が小さければ運動性能が上がり、数値が大きければ快適性が増す

○構造記号:タイヤの構造を表す記号で、例えばRならラジアルタイヤのこと

○リム径:そのタイヤに合うホイールのリム径のことで、単位はインチ

○荷重指数:1本のタイヤが耐えられる重さを表す数値で、ロードインデックスとも言い、乗用車なら60(250㎏)~123(1550㎏)くらいまである

○速度記号:タイヤが耐えられる最高速度の記号で、Hなら210km/h、Vなら240km/hまで、Wなら270km/hまでOK

○フェンダー:いわゆる泥よけの部分で、タイヤの入っているスペースの壁こと

インセットについて

引用:https://www.automesseweb.jp/2017/04/27/21575

インセットとは「ホイールの中心から取り付け部分までの差」を指す言葉です。

かつて「オフセット」とも言っていました。

分かりにくければ「車を正面から見た時の、ホイールの左右の位置」だと思ってください。

この「インセット」を標準より大きくすれば、ホイールはフェンダーギリギリまで迫ってきます。

逆に小さくすれば、ホイールはへこんだ状態になります。

インチアップの時の注意事項

インチアップの際に気を付けなければならないことをご紹介します。

①タイヤの外径を変えない

引用:https://www.mr-tireman.jp/basic/select/03.html

インチアップの際に忘れてはいけないことは「ホイールのインチアップをすればタイヤも変えなければいけない」事です。

今までのタイヤが15インチ用のタイヤであれば15インチのホイールでしか使えないため、17インチにしたければ17インチ用の新しいタイヤが必要になります。

ただそこで「タイヤの外径」を大きく変えてしまうと、ハンドルを切ったときにタイヤがタイヤハウス内でボディにぶつかる可能性があります。

なので、インチアップの際はホイールと同時に「外径がほぼ同じで、新しいホイールの入るタイヤ」を探す必要があります。

②タイヤをフェンダーからはみ出させない

引用:https://dressup-navi.net/parts/51044/

インセットを変える際、インセットを上げればタイヤはより外へ外へ行きます。

フェンダーギリギリまでホイールを寄せることを「ツライチ」と呼び、一時期流行しました。

ただそれにも限度があり「フェンダーから外へはみ出してはいけない」というルールがあります。

これを破った場合、車検に通らないどころか道路交通法違反です。

③タイヤの荷重指数を下げない

引用:http://www.proud-web.net/tire-4.html

「用語集」の「荷重指数」でも触れましたが、荷重指数は「タイヤが耐えられる車重」を指します。

新しく用意するタイヤがこれまでの荷重指数より上であれば何ら問題ないのですが、これまでの荷重指数に満たない場合、タイヤが車重に耐えられない可能性があります。

その結果、走行中にタイヤが破損して重大な事故につながる可能性がありますので、荷重指数は必ず「元のタイヤ以上」のものを選択しましょう。

以上、タイヤのサイズアップに関していろいろご紹介しました。

まあどうしても不安なときは、カー用品店やチューニングショップの従業員と相談して考えましょう。

マツダデミオのタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!

運転中にタイヤがパンクしたなどの理由で、タイヤの交換が必要になる場面に出くわすかもしれません。

そこで、パンク時のタイヤ交換の方法を覚えておいて、いざというときに備えましょう。

安全で平たんな場所まで自走する

路上でパンクした場合、多少タイヤは傷みますが、安全な広い場所までは自力で運転しましょう。

広い駐車場があれば安心ですが、なければコンビニや空地、最悪の場合は路肩でもOKです。

必要な道具を準備する

これはあらかじめ車に積んでおくべき道具です。

車を安全な場所で止めたら準備しましょう。

○スペアタイヤ

○ジャッキとジャッキアップ用補助工具

車にあることが多いです。

なければカー用品店等で調達しましょう。

尚、スペアタイヤはオプションで搭載できる場合もあるので、新車購入の際にご相談してみてください。

○タイヤ止め

ジャッキを上げたときに車を動かさないために使用します。

○レンチ(L型ボックスレンチ、クロスレンチ)

ホイールと車を止めるなっとを外す際に使用します。

○軍手

なくてもできますが、手のグリップ力を上げるほか安全のためにもあったほうがよいです。

○三角表示板

路肩での交換の際、後続車との衝突による二次被害を防ぐために使用します。

タイヤ止めをセット

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/change.html

タイヤ止めをセットしますが、その際は「パンクしたタイヤの対角線上」のタイヤにセットします。

ジャッキアップした不安定な車体が、バランスを崩してジャッキが外れるのを防ぐためです。

少しだけジャッキアップする

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/change.html

ジャッキをセットしますが、その際はジャッキアップポイントを探します。

引用:https://www.diylabo.jp/basic/basic-104.html

上記の画像の様に、2か所へこんでいる部分がジャッキアップポイントになります。

ジャッキアップポイントにジャッキをセットしたら、少しだけ、タイヤが地面から離れないくらいジャッキを上げます

ホイールナットを取り外したときにタイヤが勝手に空転する可能性があるので、まだ地面からタイヤを離しません。

ナットを緩める

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/change.html

ナットを緩めますが、その際に完全にナットを外すわけではありません。

この後のジャッキアップの際に、外れたタイヤが転がるのを防ぐため、まだ完全に外さず「軽く緩めた状態」にします。

ジャッキアップしてタイヤを外す

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/change.html

ここまできたら、一番上までジャッキを上げます。

タイヤは地面から離しても大丈夫です。

ジャッキを上げ終えたら、ナットも完全に外してタイヤを外しましょう。

スペアタイヤを装着し、ナットを軽く締める

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/change.html

スペアタイヤを装着し、ナットを絞めますが、ここも「軽く」絞めてください。

また、ナットは対角線上に締めてください。

そうしないとおなじホイールの中でナットの締まり具合に差が出てホイールが曲がってしまいます

ジャッキをおろして、ナットを完全に締める

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/change.html

全体的に軽く締めたらジャッキを下げます。

タイヤが地面についたら、ここで完全にナットを締めましょう。

もちろん対角線上に締めてください。

完全に締まれば終了です。

タイヤ止めを外し、道具を片付けましょう。

以上がタイヤ交換の方法ですが、最後に注意事項を。

スペアタイヤはその名の通り「補助輪」です。

長距離走行には向かないので、可及的速やかにまともなタイヤを購入しましょう。

また、パンクしたタイヤはしっかり車に積んで持ち帰りましょう

その場にポイ捨てするのは不法投棄となり罰せられます。

以上、今回はデミオのタイヤについてご紹介しました。

カッコいいホイールや大きな外径のホイールで、まわりのデミオと差をつけましょう!

 

アイキャッチ画像引用:https://www.mazdas247.com/forum/showthread.php?123854111-Mazda-2-Skyactiv-DEMIO-DJ

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ