比較・ランキング

エスクードとエクストレイルを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

ミドルクラスのSUVとしては本格派のスズキエスクード日産エクストレイルですが比較してみるとどうなのか気になる方も多いと思います。

今回はエスクードエクストレイルの乗り心地や大きさ、燃費など維持費について検証してみたいと思います。

エスクードとエクストレイルの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/styling/

スズキエスクードの大きさを調べてみました。

全長4175mm

全幅1775mm

全高1610mm

ホイールベース2500mm

室内長1960mm

室内幅1480mm

室内高1265mm

価格帯265万円

引用:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/906018052900900459002.html

日産エクストレイル

全長4690〜4715mm

全幅1820〜1830mm

全高1730〜1745mm

ホイールベース2705mm

室内長2005mm

室内幅1535mm

室内高1270mm

価格帯223〜380万円

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/styling/

スズキエスクードは日産エクストレイルに対して515mm短く45mm狭く120mm低くなっています。

ホイールベースは205mm短くなっていますが室内長は45mの違いがあります。

これはどういうことかというとエクストレイルのラゲッジスペースかなり広くとられているからで乗員スペースはそれほど大きな違いはないようですね。

エスクードはいわゆるクロスオーバータイプではなく本格4WDのジャンルに位置するクルマになります。

ラインナップはダイヤルを回転させることで駆動方法を切り替える4WDのみとなっています。

乗り心地はハードではなくファミリーでも許容範囲の乗り心地になっているようです。

このモデルから1.4Lターボのみになりスイフトスポーツと共通のエンジンですから十分にパワフルですね。

エクストレイルは日産の中核を担う本格4WDとなります。

とはいえ日産にはこのクラスのクロスオーバーモデルがない事情もありFFモデルもラインナップに存在はしていますが、やはり本命は4WDモデルでしょう。

エスクードと同じくダイヤルで駆動方法を切り替えるシステムで電子制御の恩恵を受けていますね。

初代よりも角が取れたエクステリアデザインは無骨と洗練の間をとったような印象を受けます。

ここもラインナップの数を集中させている日産の事情も垣間見れそうですね。

インテリアデザインはいわゆる万人ウケするタイプで好き嫌いはあまりないのではないでしょうか。

エスクードとエクストレイルの維持費はどっち?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/styling/

ここまではスズキエスクードと日産エクストレイルの乗り心地と大きさについてお知らせさせて頂きました。

ここでは税金などの燃費について検証していきたいと思います。

自動車税は購入時には月割りで納付しますが翌年度からは毎年5月までに納付する事になります。

グリーン化税制の対象車は登録翌年度に一回のみ減税となります。

重量税は購入時に3年分自賠責と同時に納付し次回からは車検ごとに2年分を納付します。

スズキエスクードの税金関連はどうなっているのでしょうか。

自動車税

1.4Lガソリンターボ グリーン化税制対象外 登録翌年度39,500円。

重量税

1.4Lガソリンターボ エコカー減税対象外 登録時3年分36,900円。

車検費用はどの程度必要なのでしょう。

格安車検では80,000円程の予算を考えておくと確実ですね。

ディーラー車検ですと130,000〜180,000程度の予算を確保しておけば安心できます。

引用:https://kakaku.com/item/K0000588799/images/page=ka_4/

日産エクストレイルの税金関連はどうなっているのか調べてみました。

自動車税

2.0Lガソリン グリーン化税制対象外 登録翌年度39,500円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円

重量税

2.0Lガソリン エコカー減税対象車 登録時3年分16800〜22,500円

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分7,500円

車検費用はどのくらい必要なのでしょうか。

格安車検ですと80,000程度の予算が必要になります。

ディーラー車検では120,000〜170,000万円程の予算を考えておけば良いと思われます。

エスクードとエクストレイルの燃費はどっち?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/styling/

ここまではスズキエスクードと日産エクストレイルの税金関連などの維持費と乗り心地や大きさについてお知らせさせて頂きました。

ここではエスクードとエクストレイルの燃費について検証してみたいと思います。

スズキエスクードのカタログ値の燃費はどの位なのか調べてみました。

1.4Lガソリンターボ WLTC平均モード 16.0km/L 市街地モード 12.1km/L 郊外モード 16.4km/L 高速道路モード 18.3km/L

実燃費はどの位なのでしょうか。

1.4Lガソリンターボ 13.8km/L

引用:https://kakaku.com/item/K0000588799/images/page=ka_4/

日産エクストレイルのカタログ値の燃費はどの程度なのでしょう。

2.0Lガソリン JC08モード  16.0〜16.4km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  20.0〜20.8km/L

実燃費はどの位なのでしょうか。

2.0Lガソリン 12.2km/L

2.0Lハイブリッド 13.2km/L

JC08モードは既存の燃費規格になり、様々な基準から計測したデータを平均化したものになります。

メーカーがこの基準に合わせてチューニングすると実燃費よりもかなり良い数値が出る事で知られています。

WLTCモードは新しい燃費規格になり、市街地と郊外、高速道路とそれぞれの規格で燃費を計測しそれを平したものも計測されていますので実燃費に近い数値が計測されるようです。

これこら認定を取る新型エンジンは全てWLTCモードの燃費規格となりますから実際に運転した場合はどの程度なのかわかりやすくなりますね。

また、購入してカタログ値とあまりにかけ離れた数値かわ出てガッカリする事も少なくなるのではないでしょうか。

メーカーは燃費データが良い方が販売台数の向上に繋がりますから少しでも良い数値を出そうと努力してきます。

しかし実際に乗った数値と違いすぎたなら信用がなくなってしまいますからWLTCモードは歓迎すべき基準といえそうです。

エスクードとエクストレイルを比較まとめ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/styling/

ここまではスズキエスクードと日産エクストレイルの乗り心地と大きさや燃費など維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここからはそれぞれのまとめを検証していきます。

スズキエスクードは実は日本国内ではなく欧州で生産されています。

そういった事情から国内での販売台数は多くはなくあまり目立った存在とは言えずにスズキも積極的にコマーシャルをするわけでもなく地味な存在になってしまっていますね。

初代は1.6Lから始まり日本でも人気のある車種でしたが2.4Lになり大型化してからはSUVブームが一服した事もあり販売が落ち着いてしまいます。

引用:https://kakaku.com/item/K0000588799/images/page=ka_4/

スズキにはジムニーという4WDの名車がありますから技術はあるのですが市場とのマッチングが上手くいかずにここまできてしまいます。

現行エスクードは200万円半ばでモノグレードのみとなっていますが実はエマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの先進安全機能は標準装備となっており、価格を考えると同クラスのSUVよりもかなり割安な設定になっています。

走行性能はダウンサイジング1.4Lターボでスイフトスポーツと同じエンジンですからパワフルさに疑いはなく、本格的なオフロード性能も持ち合わせていて人気車になる素性は間違いなく持っていると言えます。

日産エクストレイルは長年人気を保っているSUVになりますが日産は近年モデルを簡略化する戦略をとっているためクロスオーバー色の強いジュークと差別化を図る意味でも本格4WDでありながらFFを好む都会派ユーザーまでも取り込まなくてはならない事情も持っています。

先代からオフロード性能は定評がありレジャー派のユーザーから高い評価を得てきました。

引用:https://kakaku.com/item/K0000588799/images/page=ka_4/

時代の要望でハイブリッド化やプロパイロットの装備など先進機能を取り込んだ結果は良いクルマなのですが価格が上がりすぎてしまった感が否めなくなってしまっていますね。

エスクードの価格とエクストレイルの下位モデルが同じで走行性能は互角、装備充実はエスクードとすれば大きさが気にならなければエスクードを積極的に推したいですね。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!