エスクァイア

【トヨタ・エスクァイア】自動ブレーキや横滑り防止機能の安全性は?

発売以来安定した人気を誇るトヨタエスクァイアですが今運転しやすさや安全性、セーフティ機能について気になる方も多いと思います。

今回は自動ブレーキや安全装備の数々について検証していきたいと思います。

トヨタエスクァイアは運転しやすいのか!?

トヨタエスクァイアは運転しやすいのか!?引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170703_4.html

ワンボックスタイプのミニバンだと車体が大きくて運転しにくいのではないかと思われる方もいるかもしれません。

ここではトヨタエスクァイアの運転しやすさについて検証していきます。

エスクァイアのボディサイズは次の様になっています。

全長 4,695㎜

全幅 1,695㎜

全高 1,825㎜

一見大柄にみえますが、同じトヨタのアルファードに比べると一回り小柄になっています。

さすがにアクアやタンクなどに比べると大柄ですがほぼプリウスと同じくらいの外回りサイズとなります。

全高が高いために大きく感じられますがプリウスサイズのクルマが運転できるなら、大丈夫でしょう。

エスクァイアは全高1,825mmですが実際に運転席に乗り込んでみるとよじ登るような感覚ではなく、普通に座ることができます。

低床化された恩恵で見晴らしもよくガラス面積が大きいので四隅も確認しやすいです。

加えてピラーが細く設計されていて右左折時の時に死角ができにくくなっていますね。

トヨタエスクァイアは運転しやすいのか!?引用:https://gazoo.com/article/salespoint/141029_1.html

運転の時に気になると言えば車庫入れの時ですがトヨタエスクァイアは車庫入れの操作を簡単にするインテリジェントパーキングアシストをオプション装備しています。

シフトをRに入れるだけで駐車枠を認識し、OKボタンをタッチすると駐車枠に入るように自動でステアリング操作を行います。

目標駐車枠を自動的に補正する機能も装備していてドライバーは周囲の安全確認とブレーキの速度調整を行うだけで駐車区画の中央付近に駐車

することが可能になるというものです。

トヨタエスクァイアは運転しやすいのか!?引用:https://toyota.jp/esquire/performance/operation/?padid=ag341_from_esquire_perf_operation01

さらには広角カラーバックガイドモニターで良好な後方視界を確保。

これは車庫入れの際、後退操作の参考になるガイドラインをモニターに表示します。

バックカメラの画角を約180°までワイド化することで視野範囲を広げ、サードシート跳ね上げ時も、より良好な後方視界を確保します

Gi“Premium Package”、Giにメーカーオプション設定となっていますが時に女性には嬉しい装備ですので予算があれば装着したいですね。

トヨタエスクァイアの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?

トヨタエスクァイアの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170703_4.html

ここまでは主にトヨタエスクァイアはの運転しやすさについてお知らせしてきました。

ここからはエスクァイアはに装備される安全機能特に自動ブレーキについて検証してみたいと思います。

自動車の安全機能の発展は著しく自動ブレーキは軽自動車に標準装備されるようになってきました。

開発はまさに日進月歩で毎年のように新しい機能が追加され、制度もよくなっているようです。

トヨタでは自動ブレーキを含めた安全機能のことをトヨタセーフティセンスと呼んでいます。

また、予防安全機能を装備したトヨタ車のことをサポカーと呼んでおりさらに社内で2種類にわかれています。

サポカーとサポカーSとなっていてサポカーは自動ブレーキを装備した車、サポカーSは自動ブレーキに加えて高齢者に多いとされている踏み間違い防止機能を搭載した車のことを呼びます。

エスクァイアはこのうちのサポカー区分になっていますが、サポカーSの適用車は現段階では小型車とセダンが中心となっており、順次搭載が進んでいくでしょう。

トヨタエスクァイアの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

エスクァイアに装備されている自動ブレーキはレーザーレーダーと単眼カメラで進路の先行車を検出して万一の衝突が予測される場合ブザーとディスプレイで衝突の危険を知らせ、ブレーキが踏めた場合はアシストが作動、踏めなかった場合は自動ブレーキを作動させ衝突を回避します。

自動ブレーキを搭載した車両だと任意保険も減額になりますので総合的にお得になりますね。

なによりも万一の事故が寸前でも防げるのは凄いことだと思います。

自動ブレーキを装備してブレーキがよく効くにはタイヤも重要だと言われています、地面に設置しているタイヤのゴムが劣化していると折角ブレーキがよくてもスリップしてしまいます。

ですから自動ブレーキと劣化していないタイヤを装備することは事故を大きく軽減することができるでしょう。

トヨタエスクァイアの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

また、高速道路などでの車両の逸脱事故を防止するためのレーンディパーチャーアラートも装備されています。

これは道路上の白線を単眼カメラで認識し、ドライバーが車線を逸脱しそうになった場合はブザーとディスプレイによる表示で警告するものとなっています。

高速道路のこういった事故が未然に防止できるのは凄いことですね。

トヨタエスクァイアの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

オートマチックハイビームはヘッドライトのハイビームとロービームを自動的に切り替える機能です。

夜間の歩行者を感知すると自動的にロービームに切り替えられ、手動で操作する煩わしさから解放することができます。

その分安全運転に集中できることは事故の防止にとても貢献してくれるでしょう。

先行者発信告知機能は信号待ちや先行者に続いて停止し、先行者の発信に気づかないでいる場合にブザーで知らせてくれます。

このように安全機能は至れり尽くせりといったところですね。

ファミリーで乗る機会が多い車種だけに安全に対するこの心配りは素晴らしいものがあります。

トヨタエスクァイアの横滑り防止機能の性能はどうなの?

トヨタエスクァイアの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

ここまではトヨタエスクァイアの安全機能や運転のしやすさについて検証してきました。

ここからは横滑り防止機能やそのほかの安全機能についてお知らせをしていきます。

トヨタの横滑り防止機能のことをS-VSCと呼びます。

S-VSCはステアリング制御、ブレーキ制御、駆動力制御を強調して制御します。

雨や雪の滑りやすい路面でのコーナリング時に車両の挙動が安定する方向に操舵トルクをアシストして優れた操縦性と走行安定性をアシストします。

トヨタエスクァイアの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

これに加えて4WD車ではS-VSC+アクティブトルクコントロール4WD強調制御と呼び、ステアリング制御、ブレーキ制御、駆動力制御と4WD制御が強調しあって制御することで滑りやすい路面を優れた走行安定性でコントロールしていきます。

ハイブリッド車にはブレーキの摩擦力で電力を補給する回生システムが装備されていますが、エスクァイアではこれを電子制御で最適化制御しています。

制動力と回生力という相反する力をうまく制御し充電力を最大化させていて、さらにはABSと制動力を最適に配分する制御装置のEDSも備わっています。

万一の衝突時に備えては7つのエアバックシステムを装備しています。

トヨタエスクァイアの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

SRSエアバッグ(運転席・助手席)+SRSニーエアバッグ(運転席)/SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)

今では当たり前になっている衝突時の衝撃吸収ボディのGOAですがこちらも進化されていて正面の衝突だけでなく、後ろからの衝突や側面からの衝突も対策が施されています。

また、エスクァイアのような車高の高いクルマと通常の車高のクルマが衝突したときは衝撃度が異なってきますがこちらも研究を重ねて、ボディに対策が施されています。

歩行者と万が一衝突してしまった場合にも歩行者への衝撃を緩和させる工夫がとられていて、ボンネット部、カウル部、フェンダー部、バンパー部を衝撃吸収構造とすることで、障害を軽減させる進化型ボディとなっています。

トヨタエスクァイアの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-3472670/

このように安全装備にに関してはまだまだ進化の途中ですが日夜進歩していますね。

楽しいドライブであってもここまで対策がしてあったなら安心感が違ってきます。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/esquire/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!