エスクァイア

【トヨタ・エスクァイア】エコカー減税で自動車税はどれだけ下がる?

発売以来広い室内と迫力あるグリルで人気を博しているトヨタエスクァイアですが、税金関係はどうなっているのでしょうか?

エコカー減税は適用されるのか、その他の税金関連の維持費などについて年検証してみたいと思います。

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20170726-esquire-comparison

広い車内と迫力のスタイリングで大人気のトヨタエスクァイアですが大柄な車体ゆえにかかってくる税金が気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここではそもそもエコカー減税とはなにか?エスクァイアで適用になるグレードは何か、どのくらいのメリットがあるのかについてご紹介いたします。

まずエコカー減税とは

排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車重量税と自動車取得税を免税・軽減するものです。
減税対象車について、下記適用期間中に対象車両の新車新規登録等を行った場合に限り、特例措置が適用(1回限り)されます。

グリーン化特例

下記適用期間中に対象車両の新車新規登録等を行った場合に限り、当該年度の翌年度分について特例措置が適用されます。

適用期間

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:https://toyota.jp/ecocar/about1/?padid=ag341_from_esquire_ecocar_base_about

平成30年基準の燃費基準と税率

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:https://toyota.jp/ecocar/about1/?padid=ag341_from_esquire_ecocar_base_about

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:https://toyota.jp/ecocar/about1/?padid=ag341_from_esquire_ecocar_base_about

この表に照らし合わせると対象となるのは自動車取得税、重量税、自動車税が減税の対象となります。

トヨタエスクァイアのグレードの中ではハイブリッドが一番恩恵をうけられます。

重量税税、自動車取得税は免税、翌年納付の自動車税は75%減税となっています。

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:http://車の税金.com/toyota-tax-reduction/エスクァイアの重量税・取得税・自動車税/

次にガソリンモデルはどうでしょうか。

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:http://車の税金.com/toyota-tax-reduction/エスクァイアの重量税・取得税・自動車税/

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:http://車の税金.com/toyota-tax-reduction/エスクァイアの重量税・取得税・自動車税/

自動車重量税は25%減税、自動車取得税は20%減税、翌年納付の自動車税は減税なしという結果になりました。

「エコカー減税」の対象車は、自動車取得税の軽減措置が平成31年3月31日まで、自動車重量税の軽減措置が平成31年4月30日までの新規ご登録車が対象となります。

新車取得時に自動車重量税100%減税の車(平成32年度燃費基準+40%達成車を除く)については、初回継続車検時にも100%減税が適用されます。

購入時期によっては減税率が異なる、もしくは減税対象外となる場合があります。

トヨタエスクァイアでエコカー減税は適用されるか?引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/570800/blog/34359058/

装着するオプションなどによって減税の軽減措置が変わることがあります。

自動車取得税、自動車税は都道府県により運用が異なります。地域によっては減税額が異なる場合があります。

グリーン化特例に伴うご購入翌年度の自動車税の軽減措置は平成31年3月31日までの新規ご登録車が対象となります。

グリーン化特例に伴う自動車税減税額については、翌年度の支払い分が減税となります。ご購入時には減税前の税額を月割りで支払うことになります。

トヨタエスクァイアの自動車税はどのくらい?

トヨタエスクァイアの自動車税はどのくらい?引用:http://kakaku.com/item/K0000710765/images/

ここまでは主にトヨタエスクァイアのエコカー減税についてご紹介させていただきました。

自動車を維持するのに必ず納付しなければならないのが自動車税です。

トヨタエスクァイアの自動車税をどのくらい支払えばよいのでしょうか?

自動車税は毎年5月末までに納めなければいけませんので5月初旬までには納付書類が家に送られてきます。

最近は銀行に行かなくてもコンビニエンスストアなどでも納付できるようになって便利になりました。

納付期限は5月末のなっていますが、万一期限を過ぎてしまった場合はどうなるのでしょうか。

5月末まではクレジットカード、コンビニ、銀行、県税事務所で支払いが可能ですが納付期限を過ぎてしますと銀行(ゆうちょ以外)か県税事務所に限定されてしまい不便になってしまいます。

自動車を維持していくにあたっては複数の税金を納めなくてはなりませんが自動車税は車検ごとではないので、たとえ不動車であっても

登録してあれば納めなければいけない法律になっています。

トヨタエスクァイアの自動車税はどのくらい?引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17217001

延滞してしまいますと最悪の場合車検が受けられなくなってしまいますので早めに納付するように心がけましょう。

トヨタエスクァイアの自動車税はどのようになっているのでしょうか?

ハイブリッドモデルの場合は1.8L+ハイブリッドですので納税区分は1.5L超~2.0L以下となり39,500円となります。

ここからエコカー減税の適用をうけて新車で購入した翌年は75%減税のの10,000円の納付となります。

ガソリンモデルは2.0Lですので自動車税は39,500円となりますがこちらはエコカー減税の対象とはならずに39,500円の納付となります。

なお新車購入時はエコカー減税が適用にならず、通常の自動車税を月割りにして納付することになります。

購入時の月割り納付額は下記の様になります。

4月:36,200円
5月:32,900円
6月:29,600円
7月:26,300円
8月:23,000円
9月:19,700円
10月:16,400円
11月:13,100円
12月:9,800円
1月:6,500円
2月:3,200円

たとえば3月に購入した場合は満額の39,500円になり、2月に購入した場合は3,200円になります。

トヨタエスクァイアの自動車税はどのくらい?引用:https://www.mzspeed.co.jp/complete_car/grace_esquire

ハイブリッドの場合はエコカー減税の軽減措置をうけることができるので新車購入時の翌年度の5月に納付する自動車税は39,500円から75%減税されて10,000円の納付で済むことになります。

ガソリン車の場合は新車購入時から通常の39,500円の自動車税を毎年納めることになります。

ガソリン車の場合は車両価格も安くなっていますので総合的にみると税金面でのメリットはハイブリッドと差は無いようですね。

やはり肝心の乗り味の差でどちらを選ぶか判断したほうが良さそうです。

トヨタエスクァイアの税金費用はどの程度かかるか?

トヨタエスクァイアの税金費用はどの程度かかるか?引用:https://gazoo.com/impression/guide/150209_1.html

ここからは総合的に見ての税金費用はどのくらい必要なのかについてご紹介させて頂きます。

自動車を維持していくにあたっては複数の税金を納めなくてはなりません。

まず購入時には自動車税、自動車所得税、重量税、に加えて消費税がかかってきます。消費税は2018年現在は8%ですが2019年の途中から10%に上がる予定です。

5%から8%に上がるときもディーラーではキャンペーンを行って購入月によってユーザーに損が出ないようにしていました。

クルマは高額消費財ですから300万で8%で24万と10%で30万とかなり差がひらいてしまいます。

当然オプションなどで追加費用がかかってくれば消費税も追加になりますので、2019年の途中からは駆け込みで購入する方が増えるのではないでしょうか?

購入した後はランニングコストとして毎年または車検時にかかる税金がありますがエコカー減税の関係でグレードと年度によって金額が変わってきます。

トヨタエスクァイアの税金費用はどの程度かかるか?引用:http://kcar-style.com/dealsguide/eco-car-tax-reduction/

ハイブリッドとガソリンでどのように変わるのでしょうか?

エスクァイアハイブリッドの税金

  • 初年度
    自動車税:39,500円
    重量税:0円
    合計:39,500円
  • 2年目
    自動車税:10,000円
    重量税:0円
    合計:10,000円
  • 3〜5年目
    自動車税:39,500円
    重量税:0円
    合計:39,500円
  • 6年目〜
    自動車税:39,500円
    重量税:10,000円
    合計:49,500円

エスクァイアガソリンの税金

  • 初年度〜3年目
    自動車税:39,500円
    重量税:7,500円
    合計:47,000円
  • 4年目〜
    自動車税:39,500円
    重量税:10,000円
    合計:49,500円

上記の様に2年目まで自動車税に関してははハイブリッドが有利なようです。

税金関連も頭の中に入れておいて、賢いカーライフを送りましょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/esquire/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!