比較

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】どっちがいい?

ノア・ヴォクシーとともにトヨタのミニバン代表として販売されているエスクァイア

ステップワゴンと並ぶホンダのミニバン代表であるオデッセイ

どちらも日本のミニバン界でしのぎを削っているライバル同士です。

そこで今回は、大きさ、価格、燃費の3つの観点からお互いを比較してみましょう。

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/

では、エスクァイアとオデッセイの価格を比較してみましょう。

トヨタ・エスクァイアの価格

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/

トヨタ・エスクァイアには、全部で6つのグレードがあります。

Xi 2WD/4WD 2,675,160円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/grade/xi/

エスクァイアのガソリン車スタンダードグレードです。

Gi 2WD/4WD 2,892,240円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/grade/gi/

エスクァイアのガソリン車中級グレードです。

Gi”Premium Package” 2WD/4WD 2,980,800円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/grade/gip/

エスクァイアのガソリン車上級グレードです。

HYBRID Xi 2WD 3,151,440円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/grade/hy_xi/

エスクァイアのハイブリッド車スタンダードグレードです。

HYBRID Gi 2WD 3,300,480円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/grade/hy_gi/

エスクァイアのハイブリッド車中級グレードです。

HYBRID Gi”Premium Package” 2WD 3,358,800円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/grade/hy_gip/

エスクァイアのハイブリッド車上級グレードです。

ホンダ・オデッセイの価格

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ホンダ・オデッセイには、全部で6つのグレードがあります。

G・AERO Honda SENSING 2WD/4WD 2,980,000円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/gasoline/

オデッセイのガソリン車スタンダードグレードです。

ABSOLUTE・Honda SENSING 2WD/4WD 3,240,000円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/gasoline/

オデッセイのガソリン車中級グレードです。

ABSOLUTE・EX Honda SENSING 2WD/4WD 2,980,800円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/gasoline/

オデッセイのガソリン車上級グレードです。

HYBRID・Honda SENSING 2WD 3,750,000円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

オデッセイのハイブリッド車スタンダードグレードです。

HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING 2WD 3,850,000円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

オデッセイのハイブリッド車中級グレードです。

HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING 2WD 4,150,000円~

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

オデッセイのハイブリッド車上級グレードです。

さて、エスクァイアとオデッセイの価格をご紹介しました。

全体を通してオデッセイがかなり高額なのがわかります。

エスクァイアはノア・ヴォクシーと比較して高級感を追求し、オデッセイはホンダの高級ミニバンブランドですから、どちらも高級志向であることは変わりないものの、高額なオデッセイの秘密は何でしょうか。

その1つに、安全性能が挙げられます。

日本政府は現在「サポカー」制度を導入しています。

この「サポカー」は、ある程度の交通事故対策が施された車に政府から与えられる称号のようなもので、その安全対策に対して政府の評価を得ている証拠になります。

エスクァイアに搭載されている安全装備は「Toyota Safety Sense」と呼ばれるトヨタオリジナルの安全対策パッケージで、プリクラッシュセーフティやレーンを逸脱した際の警告アラームなどが装備されたパッケージです。

この装備によってエスクァイアは政府公認の「サポカー」とされています。

一方オデッセイに搭載されている安全装備は「Honda SENSING」と呼ばれるホンダオリジナルの安全対策パッケージで、エスクァイアに搭載されている安全装備をほぼ網羅している上に、ペダル踏み間違いの際の加速抑制装置や自動ブレーキの対歩行者用パワーアップもされた強力な安全装備を有しています。

この装備によってオデッセイは「サポカーSワイド」「サポカーSベーシック+」に認定されています。

実は「サポカー」にも格が存在し、下から「サポカー」「サポカーSベーシック」「サポカーSベーシック+」「サポカーSワイド」の4つのグレードがあります。

つまり、エスクァイアはサポカー制度の最低限であり、オデッセイはサポカー制度の上級、もしくは最上級であることがわかります。

エスクァイアをしのぐ安全対策をふんだんに盛り込んだ車ですから、当然エスクァイアよりも高額になってしまいます。

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

次は、エスクァイアとオデッセイの大きさを比較してみましょう。

トヨタ・エスクァイアの大きさ

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較
引用:https://toyota.jp/esquire/interior/

エスクァイアの大きさは次の通りです。

全長:4,695mm

全幅:1,695mm

全高:1,825mm(4WD車は1,865mm)

室内長:2,930mm

室内幅:1,540mm

室内高:1,400mm

ホンダ・オデッセイの大きさ

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/design/

オデッセイの大きさは次の通りです。

全長:4,840mm

全幅:1,820mm

全高(HYBRID/G・AERO):1,695mm(4WD車は1,715mm)

全高(それ以外):1,685mm(4WD車は1,715mm)

室内長:2,935mm

室内幅:1,560mm

室内高:1,325mm(ガソリン車)/1,305mm(ハイブリッド車・4WD車)

以上、両車の各寸法になりますが、いかがでしょうか?

エスクァイアはワイドなボディサイズと背の高さで、車内での居住空間を確保しています。

室内高1,400mmは140cmくらいですから、子供が立って移動できる広さです。

スポーツ少年団の遠征などで着替えが必要になっても、立って着替えができるらくらく設計ですね。

車を使ったキャンプや車中泊では、立ったり座ったりの楽なエスクァイアがその真価を発揮してくれるはずです。

一方オデッセイは車体こそワイドですが、車高はエスクァイアよりも130mmほど低くなっています。

それでも室内の長さ、幅はほぼ互角、室内高がやや分が悪いでしょうか。

オデッセイは3代目以降「低床・低重心」をセールスポイントとするミニバンで、その影響下車高も低くなっています。

その低さが、運転時の車体安定性や乗り降りのしやすさを実現しているのです。

車は座って移動するものですから、中で立って着替えようとも思わない限りは、あまり高さによる優劣はないでしょう。

エスクァイアとオデッセイ、どちらも甲乙つけがたい良さがありました。

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

最後に、エスクァイアとオデッセイの燃費を比較してみましょう。

尚、燃費の数値は国土交通省の定める審査基準(JC08モード)で測定された数値です。

エスクァイアの燃費

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較
引用:https://toyota.jp/esquire/performance/eng_hv/

ハイブリッド車:23.8km/L

ガソリン車(2WD):16.0km/L

ガソリン車(4WD):14.8km/L(Gi),15.0km/L(Xi)

オデッセイの燃費

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較
引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/performance/ecology/

ハイブリッド車:24.4km/L~26.0km/L(7人乗り、8人乗りで数値が違います)

ガソリン車(2WD):13.2km/L~14.0km/L

ガソリン車(4WD):12.6km/L~13.0km/L

さて、両車の燃費をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ハイブリッド車ではオデッセイが、ガソリン車ではエスクァイアに軍配が上がっていますね。

ただし、エスクァイアの方が車重がやや重いので、それは仕方のないことだと思います。

車は車重が重くなると、加速や減速に必要以上のエネルギーが必要になります。

重いものを持って移動するときの気持ちを考えればわかっていただけるかと思います。

車重の重いエスクァイアの方が加速や減速に多くのエネルギーを必要とするため、どうしても燃費が悪くなってしまうのでしょう。

とはいえ、オデッセイ・ハイブリッドの燃費は日本のミニバンの中でも上位に食い込む優秀な数値です。

また、重量で負けていながら燃費で勝るエスクァイアのガソリンエンジンにも拍手ですね。

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】まとめ

【トヨタ・エスクァイア】vs【ホンダ・オデッセイ】まとめ
引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/

ここまでトヨタ・エスクァイアとホンダ・オデッセイを比較してきましたが、いかがでしたか?

高級感を演出しつつも価格をおさえ、実用性の高い広さを持つエスクァイア。

低床・低重心をコンセプトに、最高峰の安全対策とミニバンらしい広い空間を施されたオデッセイ。

お互いに特筆すべき良いところがあるミニバン対決でした。

ミニバン戦国時代といえる昨今、このように様々なメーカーが競い合って車をよくしていける、いい時代かもしれません。

さて、皆様の審美眼にとまったのは、どちらの車でしょうか。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!