エスクァイア

【トヨタ・エスクァイア】オイル交換時期やオイル量・粘度について!

トヨタの5ナンバーミニバンであるエスクァイアのオイル交換時期やオイル量・粘度について調べてみました。

運転していて、いつ頃オイル交換すればいいのか分からなくなる時もあるのではないでしょうか?

またオイル量やオイルの粘度はどうすればいいのか?

紹介していきます。

トヨタエスクァイアでエンジン不調がある?オイル交換の時期かも・・・

トヨタエスクァイアでエンジン不調がある?オイル交換の時期かも・・・引用:http://new-old-car.com/list/esquire/

ここではそもそもとエンジンオイルの不調で起こる症状、交換のタイミングの目安をまとめました。

そもそもエンジンオイルって?そしてこれが劣化すると…

ガソリンは普段から給油しているから分かるけど、エンジンオイルってなんだっけ?この疑問を持っているドライバー初心者の方は多いはず。

分かりやすく説明すると、エンジンオイルとはエンジンが円滑に動きやすくなるための潤滑油です。

エンジンは金属の部分同士が激しく高温で動いているために摩耗しやすいのですが、エンジンオイルが金属同士の動きを円滑にして、温度を下げる働きをすることでエンジンを摩擦と熱から守っているのです。逆に言うと、エンジンオイルはエンジンのダメージを代わりに引き受けていることになります。エンジンオイルはとても過酷な状況で働いているため、走行するごとに劣化していきます。

トヨタエスクァイアでエンジン不調がある?オイル交換の時期かも・・・引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31540

具体的には、エンジンが十分なパフォーマンスを発揮することが難しくなり、パワーの低下や燃費の悪化を引き起こします。

最近、エスクァイアでガソリンスタンドに行く頻度が上がった。エンジンの音が大きくなった。坂道で前みたいに走れなくなった。といった症状があったらエンジンオイルの劣化が原因かもしれません。

自覚症状がなかったとしても明らかなパワーの低下、燃費の悪化に気付いたときにはもう時すでに遅し、多額の修理費が必要になるかもしれません。

エンジンオイル交換の目安

トヨタエスクァイアでエンジン不調がある?オイル交換の時期かも・・・

エンジンオイルが重要なのは分かった!では具体的にエスクァイアはどれくらいの頻度で交換しないといけないのか?

ずばり、メーカーは15,000km走行毎もしくは1年毎の早い方のタイミングで交換することを推奨しています。

エスクァイアに関してはガソリン車、ハイブリッド車ともにこれが目安になります。

しかし、注意しなければならないのはこれはあくまで市街地で通常走行している運転手向けの話だということです。

○商業車として酷使している

○発進・停止の繰り返し、アイドリング待機が多い

○高速道路や、でこぼこ道、空気の汚れた場所、山道、高地での走行が多い

○高温や低温、湿度が高いといった環境で使用する

○週末しか車を利用しない

トヨタエスクァイアでエンジン不調がある?オイル交換の時期かも・・・引用:https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-3472670/photo/0004.html

これらに該当する場合はシビアコンディションでの利用ということで、

メーカーは7,500km毎もしくは6ヶ月毎の早い方のタイミングで交換することを推奨しています。

要するにエンジンに負担を掛ける運転をすると、それだけエンジンオイルの劣化が早くなるということ。

普段から丁寧な運転を心がけたいですね!

トヨタエスクァイアのオイル量とオイル粘度は何がいいのか?

トヨタエスクァイアのオイル量とオイル粘度は何がいいのか?引用:http://オートバックスタイヤ.xyz/379/

前回でエンジンオイル交換の必要性と交換時期の目安は分かっていただけたでしょうか?

今回はエンジンオイルの量と粘度についてと、実際に交換する際にどのエンジンオイルを購入すればいいのかについて紹介していきます。

エンジンオイルの量

トヨタエスクァイアのオイル量とオイル粘度は何がいいのか?引用:https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-1980999/photo/0009.html

エスクァイアの適切なエンジンオイルの交換量についてメーカーはガソリン・ハイブリッド車ともに、

オイル交換のみだと3.9L、オイルとオイルフィルターを交換する場合は4.2Lを推奨しています。

エンジンオイルは少なくても足すことで補えますが、多く入れ過ぎたら問題になります。量が多いとオイルが回ってはいけない場所にオイルが侵入し、エンジンに余計な負荷をかけてしまうからです。オイルは必ず適正量を入れるようにしましょう。

店の人に入れてもらう場合、店側が少しでもオイルを多く売ろうと多めに入れるケースもあります。初めてオイル交換を依頼する店ではあらかじめ、適正なオイル量を伝えておくことも重要です。

エンジンオイルの粘度って?

トヨタエスクァイアのオイル量とオイル粘度は何がいいのか?引用:https://toyota.jp/esquire/

ねんど、と聞いたら大抵の人は子どものときに遊んだあの粘土を思い出しますよね。

ここで説明するエンジンオイルの粘度とはエンジンオイルの硬さのことを示します。

なぜこのような話をするかと言うとエスクァイアに限らず、車種によってメーカーが推奨するエンジンオイルの粘度が決まっているのです

具体的な説明をしていくと『0W-20』というエンジンオイルの表記があるとしましょう。
Wの左側の数字の0に注目してください。ここの数字が小さければ小さいほど、低温時でもオイルが柔らかいことを表します。

柔らかいオイルの特徴としては、
○始動が早く、燃費が良い
○家族でのドライブ向け
○寒い地方や冬向け、といったことが挙げられます。
次に−の右側の数字の20に注目してください。ここの数字が大きければ大きいほど、高温時でもオイルが硬いことを表します。

トヨタエスクァイアのオイル量とオイル粘度は何がいいのか?引用:https://toyota.jp/esquire/

硬いオイルの特徴としては、
○高速道路での性能が良く、モータースポーツに適している
○耐摩耗性が優れている
○暑い地方や夏向け、といったことが挙げられます。

いろいろな環境での走行に対応するため、対応可能な温度域にある程度の幅をもたせることが重要と言われています。

しかし、車の性能が劇的に向上することで『0W-20』、『0W-16』といった超低粘度のエンジンオイルがハイブリッド車を中心に推奨されるようになってきています。エスクァイアもその低燃費性能をフルに発揮するために、低粘度のエンジンオイルがメーカー側から推奨されています。

エスクァイア向けのエンジンオイルはこれだ!

トヨタエスクァイアのオイル量とオイル粘度は何がいいのか?引用:https://www.webcg.net/articles/-/31695

エスクァイアのエンジンオイルはハイブリッド、ガソリン車とも同じものをメーカーは推奨しています。

具体的にまとめると
トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 0W-20 -API SN/RC、ILSAC GF-5、 SAE 0W-20
トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 5W-30 -API SN/RC、ILSAC GF-5、 SAE 5W-30
この2つのエンジンオイルになります!!
………これだけだとチンプンカンプンかと思われるので、説明していきますね。

エンジンオイルには米国石油協会(API)が定めるものと、日米の自動車工業会(ILSAC)が定めるものの2つの規格が存在します。

API SN/RC、ILSAC GF-5という表記はこの2つの規格の中で最高の品質を保証するものです。

SAE 0W-20、SAE 5W-30という表記は米国自動車技術者協会(SAE)が定めた粘度分類の中で、この数字のエンジンオイルがエスクァイアにとって最適なことを表しています。

特に『トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 0W-20』の方はメーカーが推奨する最も省燃費性に優れるオイルなので一番のおすすめです。

トヨタエスクァイアのオイル交換費用は?

トヨタエスクァイアのオイル交換費用は?引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20141024-20102258-carview/

ここでは皆様が一番気になっているオイル交換にかかる費用について紹介していきます。

お店で交換する場合

まず、ディーラーで交換する場合は東京だとエスクァイアの排気量+純正オイルで5076円掛かります。

ガソリンスタンドで交換する場合はオイルやメーカーやによって価格帯は異なりますが、だいたいの相場が1Lあたり1000円前後なので、

適正量の4Lで約4000円掛かることになります。

カー用品店のオートバックスで交換する場合、料金はオイル代+作業料540円~時間は15分以上は掛かるみたいです。

トヨタエスクァイアのオイル交換費用は?引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20170726-esquire-comparison

どこのお店で交換する場合も言えることですが、「この際だからエンジンオイルだけじゃなくて、他の○○も交換しておいた方がいいですよ!」と、オプション料金が発生するように誘導されることがよくあります。本当にオイル交換以外が必要な場合もありますが、いかにも怪しい雰囲気でこのような事を言ってきたらNOと言う勇気を持ちましょう。

自分で交換する場合

トヨタエスクァイアのオイル交換費用は?引用:https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-3472670/photo/0002.html

自分で交換する場合のメリットはなんといってもオイル代以外の料金が掛からない事です。

しかし、慣れている人なら問題ありませんが、初心者の方は交換の方法を学んだり、実際に試してみたら思っている以上に苦労をするため、お店でやってもらえば良かった。。などと思ってしまうかもしれません。

また、廃油の処理の問題もあります。お店でオイル交換を頼めば同時に処理もしてくれますが自分で交換する場合、古いオイルの処理が必要となります。残ったエンジンオイルはリサイクル業者に売るか、ガソリンスタンドやカー用品店で引き取ってもらうようにしましょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/esquire/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!