エスクァイア

【トヨタ・エスクァイア】中古車の相場はいくら?新古車がほしい?

2014年に発売された高級感あるミニバン、トヨタエスクァイア

兄弟車種であるノア・ヴォクシーとともに、トヨタの主力ミニバンとして活躍しています。

そんなトヨタエスクァイアですが、中古車や相場はどうなっているのでしょうか。

また、新古車についてもご紹介します。

トヨタエスクァイアの中古車や型落ちについて

トヨタエスクァイアの中古車や型落ちについて
引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/

エスクァイアの型落ち

トヨタ・エスクァイアは2014年10月に発売されたミニバンです。

その後、2016年1月に一部改良、2017年7月に最初のマイナーチェンジを行っているため、現行モデルはマイナーチェンジから1年が経過しています。

※以降便宜上、マイナーチェンジ前を「前期型」マイナーチェンジ後を「後期型」とします

つまり、現行モデルは後期型であり、前期型は「型落ち」となるわけです。

ただ、中古車サイトなどによってはマイナーチェンジによる型落ちを型落ちと考えないサイトもあり、型落ちの定義にマイナーチェンジを含めるかは人による部分があります。

ここではマイナーチェンジを「型落ちの境界線」とします。

トヨタエスクァイアの中古車や型落ちについて引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/31540

新型車が出ると、型落ち車に乗っているユーザーは新型に乗り換えたり、また新たなユーザーが新型を購入する場合もあります。

そうすると、型落ち車は売られて市場に出回りますから、現在市場に出回っている中古車は、多くが前期型ということになります。

後期型の中古車もありますが、マイナーチェンジから1年しか経過していないので、そんなに多くはないと思います。

また、すでに登場から4年も経過している上に数も多くなっている前期型は、市場の相場価格も下がっている傾向があります。

「エスクァイア欲しいけど新車は高いしな、、、」なんて思っている人がいたら、中古車市場も探索してみましょう。

既に4年経過、なんて書いてしまいましたが、4年程度であれば走行距離が少かったり車内もきれいな場合が多く、程度の良い前期型エスクァイアが手に入るかもしれませんよ。

エスクァイアの前期型・後期型の見分け方

トヨタエスクァイアの中古車や型落ちについて引用:https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-3472670/photo/0041.html

エスクァイアはマイナーチェンジを施されていますが、フルモデルチェンジでない限り形式を分けているサイトはあまり見られません。

つまり、ここで「前期型」「後期型」と分けていても、中古車サイトでは1つにまとめてしまっているところも多いです。

そこで、エスクァイアの前期・後期の見分け方をご紹介します。

①発売年月日

マイナーチェンジが行われたのは2017年7月ですから、2014年~2017年6月ごろまでに発売されていれば前期型、2017年8月以降に発売されていれば後期型と考えることができます。

2017年7月に発売されたエスクァイアはほとんどが後期型だと思いますが、一部前期型がある可能性もあるので注意しましょう。

②フロントフェイス

トヨタエスクァイアの中古車や型落ちについて
引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170703_4.html

前期型のフロントグリルは細かい縦のシルバーメッキに4本の黒い横線が入ったスタイルです。

一方後期型のフロントグリルはシルバーメッキの幅が太くなり、横線も2本に減少しています。

また、フォグランプが前期型と後期型では後期型の方が小さくなっています。

そして、後期型には前期型にはなかったライトのアイラインが入っています。

③リア回り

トヨタエスクァイアの中古車や型落ちについて
引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170703_4.html

まず目につくのは、後期型で変更されたガーニッシュでしょう。

エンブレムの左右に伸びていた前期型のガーニッシュが、後期型では車体左右から伸びています。

また、ブレーキランプの形も変更されていますね。

この画像だとホイールも違うのですが、中古車だとホイールを交換している場合もあり、あまり参考になりません。

トヨタエスクァイアの中古相場について

トヨタエスクァイアの中古相場について
引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6258221394/index.html

エスクァイアの中古車事情がわかったら、相場も知りたいですよね?

では、現在のエスクァイアの中古相場をご紹介します。

トヨタエスクァイアの中古相場

以下に、著名な中古車サイトの価格帯をまとめておきます。

○カーセンサー  :148万円~445万円、平均249.8万円

○車選び.com    :148万円~320万円、平均246.2万円

○オークネット.JP:180万円~299万円、平均233.5万円

○グーネット   :148万円~540万円、平均219.6万円

以上、それぞれまとめてみましたがいかがでしょうか?

トヨタエスクァイアの中古相場について引用:https://autoc-one.jp/toyota/esquire/report-1980999/photo/0013.html

平均価格が総計して237.3万円で、下は150万円以下の車から500万円を超える車まであります。

新車価格が267万円~318万円くらいですから、それより安い車も、高い車もあるということですね。

「新車より高い中古車があるか!」と突っ込みたくなる方もいるかもしれませんが、めずらしいことではありません。

例えば、納車時にレアなオプションや人気の高い装備、エアロパーツを装着した車が中古車となった場合、そのオプションの価格が加算されることで本体価格が新車を上回ることもあります。

また、納車時はなかった社外製のエアロパーツや装備、アルミホイールやチューニングが施されている場合、それらのパーツの需要から、総計して新車を上回ることもあります。

ただし、人気がなかったりパーツの取り付けが甘い、もしくは下手だった場合、逆に価格が下がることだってあります。

では、ガソリン車とハイブリッド車の違いはあるのでしょうか。

エンジン別 中古相場の価格帯

トヨタエスクァイアの中古相場について引用:https://toyota.jp/esquire/

ハイブリッド車の場合

○カーセンサー  :164万円~445万円

○車選び.com    :259万円~320万円

○グーネット   :164万円~445万円

ガソリン車の場合

○カーセンサー  :148万円~376万円

○車選び.com    :148万円~302万円

○オークネット.JP:180万円~299万円

○グーネット   :148万円~540万円

以上がガソリン車、ハイブリッド車ごとの価格帯ですが、いかがですか?

ガソリン車の方が下限が広く、ハイブリッド車の方が上限が広いようです。

新車でもガソリン車よりハイブリッド車の方が価格が高いのがここでも反映されています。

トヨタエスクァイアの新古車が欲しい!!

トヨタエスクァイアの新古車が欲しい!!
引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/

新古車とは

皆さんは「新古車」という言葉を知っていますか?

字面から「中古車ではないだろうな」と思う程度で、たぶん聞きなれない人もいると思います。

新古車、もしくは「未使用車」ということもありますが、これは「正式にナンバーを取得したものの、すぐに売りに出された車」のことです。

ナンバーを取得しているので法律上は「中古車」扱いですが、走行距離もほぼゼロなので、微妙な立ち位置です。

ただし、かつて「新古車」「未使用者」という表記が「新車」と間違われるからやめてくれと、公正取引委員会から指摘されたこともあって自動車公正取引協議会では「登録済未使用者」「届出済未使用車」と表記するように定めています。

新古車はなぜ生まれるのか

トヨタエスクァイアの新古車が欲しい!!引用:https://toyota.jp/esquire/

カーディーラーにはメーカーから販売ノルマが定められています。

すると、例えばあと1台でノルマ達成になる場合で、車をディーラー名義で登録し、販売台数を稼ぐという事態が起こったりします。

そうするとディーラーによって仕入れた車はディーラー所有になるため、車を修理しているお客さんの代車になったり、ディーラーの社有車となったりします。

ただ、代車や社有車なんてそんなにいらないわけで、ディーラー名義で購入されたのち、ロクに走りもせず中古車市場に売りに出される場合があります。

これがいわゆる「新古車」です。

ディーラー側としては、自動車税や在庫として保管する手間も省けるので、売っちゃった方がよいのです。

新古車のメリット

トヨタエスクァイアの新古車が欲しい!!引用:https://toyota.jp/esquire/

新古車は当然新車ではないものの、ほとんど走行していないため、内装・外装ともに新車同様のきれいさをまだ保っています。

それでいて中古車扱いなので、ほとんどの新古車が10~15万円ほど、新車価格より安くなります。

これが新古車を狙う最大のメリットでしょう。

また、新車購入時にかかる自賠責保険や自動車重量税、自動車税は、ディーラーが払ってしまっているため払う必要がありません。

自動車の購入時に払う自動車取得税だけは払わなければなりませんが、それだけで済むのは大きいと思いませんか?

また、新車ほどではないものの2年以上の車検は付く可能性があるうえに、条件さえあれば1週間程度で納車してもらえるので、早さにも定評があります。

これだけ聞くと良いことずくめの新古車ですが、、、

新古車のデメリット

トヨタエスクァイアの新古車が欲しい!!引用:https://toyota.jp/esquire/

当然新古車にもデメリットはあります。

新古車は「中古車」の一部ですから、新車の様にオプションを選んだり、装備をグレードアップすることができません。

そもそも中古車店に在庫がなければ、新古車を購入することすら不可能です。

なので「在庫のある新古車」という限られた選択肢から車を選ぶしかないのです。

そして、人気の車種、カラーはあっという間に売り切れてしまいます。

新古車を待つユーザーはいっぱいいますから、例えば納期の速さを見込んで新古車を探しているうちに、気が付いたら新車を納車するより時間がかかっていました、なんてことは無きにしもあらずです。

新古車はこういう人向け

トヨタエスクァイアの新古車が欲しい!!引用:https://toyota.jp/esquire/

新古車のメリットデメリットをまとめて言うと「自分の納得するものに出逢えるかどうかは奇跡に等しいが、見つけてしまえばあっという間に乗れる」です。

なので、とにかく新古車であればオプション・装備なぞどうでもいいという人、きれいな車に安く乗れればあとは関係ない人、そういった人たちは、ぜひ新古車を探してみてください。

トヨタエスクァイアの中古車・新古車まとめ

トヨタエスクァイアの中古車・新古車まとめ引用:https://toyota.jp/esquire/interior/

ここまでエスクァイアの中古車事情についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

エスクァイアはマイナーチェンジを一度しており、ボディの形状が一部変化しています。

また、中古相場では10~20%ほど安い価格で出回っていました。

そして新古車を狙う場合は、オプションやカラーの選択肢がないことに注意しましょう。

きれいな新車をじっくり待つのもよいことかもしれませんが、やっぱり「これだ!」という車には早く、安く乗りたいですよね?

あなたのお眼鏡にかなうエスクァイアが、今日もどこかであなたを待っているかもしれませんよ。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/esquire/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!