フィット

【ホンダ・フィット】安全性はどう?自動ブレーキの効きはいいの!?

オーナーが車に求める性能には様々ですよね。

その中で重要なものが「安全性」ではないでしょうか?

この記事では、「ホンダフィットに装備される安全装備がどのようなものか?」「ホンダフィットが運転しやすいか?運転しにくいか?」についてご紹介します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダフィットは運転しやすい?しにくい?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

車を運転していると、多くの方が「前方の渋滞に気付かず、追突しそうになった」「歩行者が急に車の方に寄ってきてぶつかりそうになった」「うとうとしていてセンターラインをまたいでしまった」などヒヤッとした経験をしています。

また、テレビや新聞などで自動車事故の報道を見聞きすると、「とても他人事とは思えないし、安全性の高い車が欲しい!」と感じるでしょう。

今回ご紹介する「ホンダフィット」にはその安全運転をサポートしてくれる「自動ブレーキ機能」と「横滑り防止機能」があります。

いずれもホンダが繰り返される事故の原因を研究し、「少しでも事故を減らしたい!」「ドライバーの安全運転をサポートしたい!」という願いが詰まった技術なんです。

口コミサイトでのフィットの評判を見ても、

  • 安全装備が発する警告音や振動は、ドライバー自身が気をつけて運転すればストレスには感じない
  • 前方車両や歩行者が近づいた際のブレーキングなどのサポートは、十分な車間距離を開けるなどすれば安全装備があるのを忘れるほどです。

というように、「運転しやすい」という意見が多くありました。

しかし、「安全装備が周囲の車や人を過度に検知して運転しにくいことはないか?」「スポーティーな走りを楽しみたいけど、運転しやすいの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

次の章からは、ホンダの安全装備「自動ブレーキ機能」と「横滑り防止機能」がどのように運転をサポートしてくれるか、制約はないか具体的に見てみましょう。

ホンダフィットの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

 

引用:https://www.honda.co.jp/hondasensing/

安全運転のためには、常に緊張感が必要ですが、高速道路などを長時間運転していると、どうしても緊張感が途切れたりすることもあります。

また道路は自分1人で走行しているわけではないので、たとえ自分自身が気を付けていても、ルールを守らない車や歩行者に出くわすなど突発的なことが起こり得ます。

ここでは、そういったシチュエーションに備えた、ホンダフィットの安全装備の1つである「衝突軽減ブレーキ  CMBS(Collision Mitigation Brake System)E-プリテンショナー」という自動ブレーキ装備についてご説明します。

プリテンショナーとは?

衝撃軽減ブレーキ機能と連携している「プリテンショナー」とは、車の衝突時のシートベルトに帯のたるみを閉めて、車に乗っている方が前方に動くのを防ぐ装置のことです。

プリテンショナーには、

  • 肩側にあるリトラクター(巻き取り装置)で引き込むリトラクタープリテンショナー
  • 腰のバックル側で引き込むバックルプリテンショナー
  • 腰のドア側で引き込むラップアウタープリテンショナー

があります。

元々は1名分につき1ヵ所のみプリテンショナ―があるのが一般的でしたが、最近では多くの車種がそれらを組み合わせるのが普通になっています。

これらの機能を活かし、衝突の際に車外に放り出されるのを防ぐだけでなく、衝突の前にドライバーに危険が近づいていることを体感的に知らせることができます。

次に「衝突軽減ブレーキ」が作動する2つのシチュエーションについてご説明します。

前走車・歩行者との衝突回避

引用:https://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/steering/

まず、1つ目に考えられるシチュエーションとして前走車・歩行者との衝突をいかに回避するかが挙げられます。

具体的には、

  • 前方車両の急な右左折
  • 前方車両の急ブレーキ
  • 渋滞に気づくのが遅れる

などです。

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/cmbs/sp/topic5.html

衝突軽減ブレーキシステムは、フロントグリルに内蔵されたミリ波レーダーと単眼カメラにより、前方車両を検知します。

また、前走車両と急接近した場合は、およそ100m手前から検知するよう設定されています。

ドライバーには音とメーター内の表示で警告し、注意を促します(アクセルペダルの振動でも知らせます)。

それにも関わらず、接近した場合は軽めのブレーキ補助をします(軽くシートベルトも引き込みます)。

さらに衝突の危険が高まったと判断した場合は強めのブレーキ補助と強めのシートベルトの引き込みを行い衝突回避・被害軽減をアシストします。

ただし、前走車に接近しても、ドライバーがハンドル操作やブレーキ操作の回避操作を適切に行ったと判断した場合は、システムを作動しません。

対向車との衝突回避

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/

次に考えられるシチュエーションとしては山道などでのカーブだけでなく、直線道路でも対向車がセンターラインをはみ出してくることです。

最悪の場合正面衝突も考えられ、大きな事故に繋がりかねません。

衝突軽減ブレーキ  CMBS」は、まず衝突の危険を検知すると、音やメーター表示だけでなく、ハンドルやアクセルペダルの振動で警告します。

さらに回避操作がないと判断した場合、軽いブレーキ補助を行います。

いよいよ衝突の危険が迫っていると判断した場合、さらに強いブレーキ補助と強いシートベルトの引き込みで衝突回避をサポートしてくれます。

このように、ホンダフィットの「衝突軽減ブレーキ  CMBS」という自動ブレーキシステムは、車や人との衝突回避や人への衝撃を和らげる大きな効果が期待でき、「運転しやすい車」と言えるでしょう。

ホンダフィットの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/

走行中に雨や雪の影響で横滑りしたことのある方は多いでしょう。また、道路上の落下物を避けようとしても横滑りすることがあります。
「横滑り」とは車が雪道などで車がスリップした時にタイヤがロックされハンドル操作が思うようにできず、運転しにくい状態を指します。

ここでは、ホンダが開発した「横滑り防止機能」についてご説明します。

横滑り防止機能とは?

引用:https://slf.honda.co.jp/MOBILE/fit/?from=FIT-TYPE

ホンダフィットには、「VSA(ビークルスタビリティーアシスト」という安全装備があり、横滑り防止機能はABS(アンチロックブレーキ)機能・TCS(トラクションコントロールシステム)機能と共に、三位一体となって車を制御する装置です。

ホンダが開発した「横滑り防止機能」は、カーブを曲がる時に発生する外側へのふくらみ(アンダーステア)や、内側へ巻き込もうとする車の動き(オーバーステア)を防止して、走行安全性をサポートする機能です。

この横滑り防止機能については、各自動車メーカーがそれぞれ独自に開発しており、部分メーカー側からは「ESC(Electric Stability Control)」という呼び方に統一しようという動きがあります。

横滑り防止機能のメカニズム

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/

ホンダフィットの横滑り防止機能では、ボディーの要所要所にセンサーが装備されているんです。
各センサーはアンダーステアやオーバーステアの発生を検知すると、コンピューターに情報を流します。

コンピューターはその情報をもとに、「どのタイヤにブレーキをかければよいか?」や「エンジンの回転数をどの程度までにコントロールすれば良いか?」などの判断をしてくれるんです!

このように横滑り防止機能は、ブレーキ操作をした時のタイヤロックを防ぐEBD(電子制御制動力配分装置 electronic brake force distribution)付きABS機能や加速しようとした際のタイヤの空回りを防止するTCS機能と連携し車の横滑りを防止ができるんですね。

横滑り防止機能を過信しない

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/

横滑り防止機能が働くと、ドライバーがハンドルを急に切ったり、滑りやすい道路状況で旋回しようとした際にタイヤの横滑りなどを抑制することで走行安全性を向上させることができます。

しかし、例え横滑り防止機能がついているからといって、ドリフト走行のようなわざと車を横滑りさせるようなコーナリングには機能しません。
横滑り防止機能はあくまでも「一般的な走行」を想定しています。

そのため、普通の走行をする分には、ドライバーに安心感を与え運転しやすい車と言えますが、「スポーティーな走りを楽しみたい」方にとっては運転しにくいと感じるでしょう。

しかし、安全運転のためにはまずはドライバー自身がスピードを出しすぎない、急のつく操作(急ハンドル、急ブレーキ)を極力しないようにすることを心がけるようにするのが大事です。

今回の記事では、ホンダフィットの安全装備「衝撃軽減ブレーキ」「横滑り防止機能」についてご紹介しました。
いずれもドライバーが日常的に遭遇する危険を熟知した装備です。

これらの安全装備はバラバラに機能するわけではなく、互いに情報を伝達しながら連携しています。
ドライバー自身も教習所で習ったことや、普段の運転から得た教訓をもとに、これらの装備を「万が一の備え」「お守り」という感覚で安全運転を意識することが大事です。

ホンダフィットの安全装備の信頼性について知ることで、快適なドライビングを楽しんでいただけたらと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ