フィット

【ホンダ・フィット】カラーや色見本を紹介します!人気カラーは何?

ホンダフィットのカラー展開って何色ぐらいあるのでしょうか。

コンパクトカーの新御三家であるホンダフィット。

カラー展開は多岐に渡り、個性の強い色も多数ある一方で問題も抱えているフィット。

色見本をご覧に入れつつ、どうフィットを手入れしていくかもお教えいたしましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダフィットの色見本は?

ブリティッシュグリーン・パール引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

ブリティッシュグリーン・パール

イギリス車のナショナルカラーと言えばこのブリティッシュグリーン!

ジャガーも、ミニも、ロータスも設定しているこの定番カラーです。

イギリスのクルマにあのグリーンが多いのはそのせいなのですね。

国際自動車連盟が規定した国別のカラーがこの色なので今でもこだわっている人はこのグリーンです!

この力強さと重厚感はそういった背景があるんですね。

【適用車】コンフォートエディションのみ

プレミアムアイボリー・パールII★引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

プレミアムアイボリー・パールⅡ

パール入りのアイボリー系のクリーミーな色合いに。

優しさと温かみが感じられるコンパクトカーならではのオリジナリティ溢れるホワイト系カラー。

これにパールの輝きが相まって唯一無二な配色はあなたにもフィットする?

【適用車】特別仕様車 コンフォートエディションのみ

ルージュアメジスト・メタリック引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

ルージュアメジスト・メタリック

ルージュというネーミングなのがこの塗装色のミソでしょう!

ボルドー系のカラーは高級車では必ず配色される人気カラーです。

そしてアメジストのように華やかさをプラスに上品なカラーとなるのです。

【適用車】RS・Honda SENSING・HYBRID Modulo style Honda SENSING・13G Modulo style Honda SENSING以外の全車種

ブリリアントスポーティブルー・メタリック引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

ブリリアントスポーティブルー・メタリック

スポーツカーの新定番といえばブルーです!

また、フィットの中でも定番の3カラーの次にランクインするのがこのブルーメタリック。

確かに街中でもよくお見かけするフィットはこのブルーが多いのです。

落ち着きと鮮やかさを兼ね備えた深みの感じられるブルーはいかがでしょうか。

モーニングミストブルー・メタリック引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

モーニングミストブルー・メタリック

朝はの空を謳ったなんとも爽やかさがウリのブルーカラー。

コンパクトカー等でしか見ることの出来ない逆に斬新なクリーミーカラー。

みずみずしい朝をイメージしたという透明感はどこまでも突き抜ける朝の青空。

春の装いにはぴったりなパステルカラーでどこへ出かけようかな?

【適用車】RS・Honda SENSING・HYBRID Modulo style Honda SENSING・13G Modulo style Honda SENSING以外の全車種

クリスタルブラック・パール引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

クリスタルブラック・パール

このフィットに於いても盤石の二大巨頭ホワイトと、ブラック!
ソリッド系のブラックではなくパールの効いたブラックというところがポイントなのです。
大きなクルマがまとったブラックの力強い印象というよりかは、比較的まとまりの良い印象を与えます。
漆黒に揺らめくパールが、絶妙なバランス感を演出するのです。

【適用車】全タイプ

プレミアムイエロー・パールII★1引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

プレミアムイエロー・パールⅡ

街中で視線を惹きつけるクルマのカラーと言えばイエローでしょう。

よくあるカシミアンイエローでは無くかなりヴィヴィットなイエローなのがポイントです!

実用面でいくと虫を引きつけやすい等で懸念されがちなカラーですがそこは問題ではないでしょう。

今回のイエローはパールも効いているので思ったほど、眩しくもなくデイリーユースも可能ですよ。

【適用車】HYBRID Modulo style Honda SENSING・13G Modulo style Honda SENSING以外の全車種

プレミアムクリスタルレッド・メタリック★2引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

その昔、不人気なクルマのカラーで一位を走っていたのはレッド。

しかし、それは昔の話であってこのフィットに関して言うと定番3カラーについでブルーの次にランクイン!

これはホンダの定番カラーであるからなのです。

以前はチャンピオンレッドや、ミラノレッドなどが展開されていましたが現在他の車種でも採用されている

プレミアムクリスタルレッドは特別に作り込んでおり反射した際の色の映え方が特別なのです!

その分お値段も特別なのがこのレッドの特徴でしょう。。その価値はあるカラーなのは言うまでもありません!

【適用車】全タイプ

プラチナホワイト・パール★1引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

プラチナホワイト・パール

パールホワイトは日本国内においては間違いなくクルマのカラーの中で王様と言えましょう。

オフホワイト系のやや落ち着いたホワイトにパールが絶妙な高級車を与えてくれます。

老若男女問わずにどんなシチュエーションにも対応してくれるのがこのパールホワイト。

上品な深みと輝きを感じるホワイトなのです。

【適用車】全タイプ

ミッドナイトブルービーム・メタリック★1引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

ミッドナイトブルービーム・メタリック

月明かりが似合う深夜のスナイパーといった感じの闇夜に溶け込めそうな発色。

なんとも言えない怪しげなメタリックのダークブルーカラー。

アダルティにフィットを乗りこなしたいあなたにぴったりのカラー。

深夜の首都高速のドライブにはおそらくこのカラーの右に出るフィットはないでしょう。

【適用車】全タイプ

ルナシルバー・メタリック引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

ルナシルバー・メタリック

クルマの塗装で王道カラー三銃士の一角シルバー。

ルナというネーミング以上に輝いて見えるのがこのルナシルバー。

かなり明るいするシルバーとなっておりメタリックなので現行のフィットはもともとスポーティな顔つきですが

よりボディが男らしく際立ちます。

もし、色選びに迷った際の緊急避難口にはこのシルバーはどなたでも暖かく迎え入れてくれることでしょう。

シャイニンググレー・メタリック引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

シャイニンググレー・メタリック

こちらも上記シルバーと同様にメタリック系ではありますが打って変わってルナシルバーとは対照的にややマットな印象です。

グレーの割には明るめかな?といった印象を受けますがまだ幾分大人な雰囲気を醸し出してくれます。

アクティブにアウトドアなどで乗り回す!というよりかは都会の洗練された町並みをサーっと駆け抜ける方が似合うでしょう。

そんなアーバンライフを送っているあなたにぴったりなカラーでしょう。

サンセットオレンジII引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

サンセットオレンジⅡ

近年のちょっとした流行りのカラーと言えばオレンジです。

86やNISSANの各車はオレンジ設定されていてかなりの人気振りなのは周知の事実でしょう。

こちらも比較的スポーティさをウリにしているクルマで多く見受けられてフィットでも以前はRSのみでの設定でした。

サンセットオレンジⅡはソリッドなので、発色がきれい割に主張し過ぎず且つキレイにまとめてくれています。

若い人しか選ばない?と思いきやどんな年代でも受け入れられるオレンジです。

外装写真引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/modulo/

ホンダフィットの人気カラーはこれだった!

走っているクルマの色、売れているクルマの色というのは経済の鏡のようなものです。

実はクルマのカラーの人気ランキングというのは常に変わらずホワイト・ブラック・シルバーがおおよそどの車種もトップ3なのです。

これは何故かというと、中古市場に流した際に値段がつきやすいクルマであるということが言えます。

ギラギラのクルマを自分が欲しくて買ったとしましょう。

しかしこのクルマを何らかの理由から手放さないとならなくなった際には売らなくてなりません。

みなさんこういったことを考慮してクルマというのは購入するものなのですね。

クルマも立派な資産となりますからリスクは取りたくないとなるとこの3つのカラーが売れるのです。

無難な色を選んでおいて、後でもしものことがあれば売るというのが不景気の際にはよく見受けられる光景です。

これが国内の景気が良好だと景色が異なってきます。

レッド、ブルー、グリーンなどカラフルな色のクルマが売れるようになってくるのです。

徐々にメーカーも強気になってオレンジや黄色などの明るい色が出てきて街中を走るクルマがカラフルになってくるのです。

こうなってくると中古車市場にもある程度流しやすくなり、リスクを取りやすい展開になってきます。

現在フィットは定番3カラーに続いてブリリアントスポーティブルー、クリスタルレッドが続いている状況です。

レッドは特にプレミアムなカラーにつけて価格もプレミアムなのです!

ホンダフィットの手入れはこうやろう

さて、ホンダのクルマというのは、全体的にエンジンや駆動系などはとてもよく造り込まれています。

なんといってもF1の世界では世界ホンダであり、シビックやインテグラなどを筆頭にアクセルを踏んだ際のトラクションの掛かり方はとても感動します。

また、フィットも高効率で高燃費なエコカーということで一世を風靡した時期がありました。

V-TECエンジンも世界を驚かせる内燃機関でした。

ここまで優秀なクルマを造り上げるホンダですが、どうしても弱い箇所があります。

それは、塗装です。

関連画像引用:https://blogs.yahoo.co.jp/myybx178/33035093.html

ホンダの塗装というのは他のメーカーと比較するととんでもないスピードで塗装が剝げ落ちていく傾向にあるのです。

このような情報はレビューなどを見ているとそこらじゅうで発見することができるのです。

当然ながらフィットも例外ではなく無残なまでにクリア塗装が落ちてしまい中の色も褪せてしまっている画像を見ることができます。

なぜそうなってしまうかという真相は不明ですが、リセールを検討する際に色が剝げ落ちてしまっては意味がありません。

ではどうしたらよいかと言えば、愚直にクルマをキレイにすることに限ります。

日常の駐車スペースは当然ながら屋内にあるのと、屋外にあるのとではクルマの状況が全く異なってきます。

屋外にしか置けない場合は全くダメなのか?といえばそんなことはありません。

おそらくはほとんどの方々が屋外駐輪場を利用していることでしょう。

その際は、まめに洗車をすることです。

実は、週に1回水洗いで良いのです!週に1回毎回洗剤を使用するのとでは雲泥の差が出てきます。

洗車用の洗剤も、家で食器を洗う際に使用する中性洗剤も界面活性剤というものが入っておりが塗装面にダメージを与えていくのです。

現代のクルマは汚れとの闘いというよりかは、最新の洗剤との闘いの方がよりクルマに与えるダメージが大きいといわれています。

あなたのフィットを守るのは、あなたしか居ないのです。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ