比較・ランキング

【ホンダ・フィット】VS【日産・ノート】はどっちがいいの!?

ホンダフィットは2001年6月21日に発表されその翌日の6月22日に発売された車です。ホンダ製品の中でも軽自動車を除いた乗用車の中で最も小さい乗用車になります。

日産ノートは2004年9月2日に販売された車です。

今回はそんなホンダフィット日産ノートの情報について調べてみました。

現段階ではそれぞれの良い点と悪い点があるのか、そのほかにも口コミの評価などの情報を踏まえ、

この記事ではそれらを紹介していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【ホンダ・フィット】VS【日産・ノート】価格はどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/

こちらがホンダ・フィットになります。写真からでは伝わりにくいですが乗用車の中でも小さい車種になります。

ラインアップされていたのはより多くの方にフィットするクルマを目指して、Modulo style(モデューロ スタイル)がありました。

LEDフォグライトやアルミホイールが印象的に主張するエクステリアデザインを強調していて、大開口デザインとクロームメッキを随所に配した専用フロントグリルと専用フロントバンパーが上質さと自分らしいこだわりを求める方にふさわしい一台として注目を集めていました。

そしてハイブリッド車とガソリン車にFF、4WDを提供していて、乗る方の好みに応じてお選びできる品となっております。

そんなホンダフィットのきになるお値段の方がこちら。

引用:https://www.honda.co.jp/

ハイブリッドモデルでおよそ、170万~190万前後(税込み価格)でした。

エコカー減税対象車として認定されているのでお値段の方も割とお手軽になっていました。

引用:https://www.honda.co.jp/

続いてガソリンモデルですが、こちらは150万~165万円(税込み価格)となっていました。

どちらも車に対してこだわりがないという方にはおすすめできるモデルだと思います。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

次に日産・ノートになります。こちらの製品は2004年以来二代にわたって発売されている車でした。2012年にグローバルコンパクトカーとして世界、初公開されていました。

そんな日産・ノートの気になるお値段がこちら。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

価格帯はモデルによって異なっていて2WDモデルでおよそ190万から250万円ほど(税込み価格)でした。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

4WDモデルでは230万円から270万円(税込み価格)でした。

お値段で比較してみるとホンダ・フィットの方がお手軽価格でした。

【ホンダ・フィット】VS【日産・ノート】大きさは?

気になるところはもうひとつ、お値段だけではなくサイズも重要となってきます。

どちらの品もコンパクトカーとして有名ですが、比較してみるとどうなんでしょうか。

まとめてみましたのでご参照ください。

まずホンダ・フィットからです。

横幅1,695mm×長さ3,995mm×車高1,525mmという感じでした。横幅は小柄な男性が横になった感じで、車高は小柄な女性が直立したくらいですね。

これだけコンパクトだとインテリアの方も気になりますよね。順にご説明していきたいと思います。

引用:https://www.honda.co.jp/

インテリアとしましては全体的にブラックで統一されていました。とても落ち着きのある空間で足元のスペースとしましてはゆったり感は見られませんでしたが雰囲気から落ち着きのある空間を実現していました。

家族旅行に行くとなるとホンダ・フィットでは少し難しい面も見られます。しかし、前面のシートを倒してみると2人分の寝るスペースが確保できます。体を伸ばして全身でのびのびとくつろげるので少人数の際にオススメできますよね。

そして日産・ノートです。車体サイズは横幅1,695mm×長さ4,165mm×車高1,535mmでした。フィットに比べると長さとしましては長いです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

インテリアの空間はやや淡い青という感じでクールで上質な一体感が見られます。ちなみにこちらの方がゆとりもあって個人的にお勧めです。

またご家族や、友達同士などの大人数でおでかけをするとなるとやはり気になるのは荷物の収納スペースです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

ぎりぎりまでつめるとベビーカーでしたり、ゴルフラケット、トランクなど、様々な大きい荷物の収納スペースを確保することができます。そう考えるとやはり長旅をするのにはこちらをお勧めします。

また、フロントガラスの構造はホンダ・フィット同様に遮音フロントガラスの赤外線、紫外線遮断用構造になっています。側面の方は遮音対策としてリヤドア吸音材増量となっていますので重低音の音楽でも音漏れをきにすることはないと思います。

それだけではなく、後ろ側の後方部分では後方遮音対策もされていているのでまさに静寂走行車といっていいほどの実績があります。つまり、エンジンの最適制御と遮音対策の快適性を実現しているということでした。

快適な走行を楽しむことができますので不満を抱えるドライバーも少ないのでは?

【ホンダ・フィット】VS【日産・ノート】燃費はどっち?

皆様が一番気になっている部分として燃費だと思います。

やっぱり燃費がいい車とよく無い車とでは値段の方も全然違いますし、車を愛用する方にとって長年付き添うための大きな金具でもありますよね。

本日はそんな燃費について調査してみましたので参考までに。

まずは、ホンダ・フィットの方からです。こちらになります。

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダフィットはクラストップレベルの圧倒的次元を誇ります。

より少ない燃料で大きなパワーを引き出していますのでアトキンソンサイクル採用の1.5L i-VTECエンジンに加え、

高出力モーターを組み合わせており、圧倒的な低燃費とパワフルさを両立させている状態のハイブリッドシステムです。

軽量かつ高剛性のボディーとも相まって、かつてない加速感を生みだしていますので長距離ドライブにとても有能だと思います。

また、ホンダCR-V同様に3つのモード

・EVドライブモード

・ハイブリッドドライブモード

・エンジンドライブモード

を使い分けて最も効率の良いモードを選択して走行していきます。

ですのでガソリンを節約して静かに走ったり、余裕ができて少しパワフルに走りたいと思った時なんかに有能なのがこのモードでして、状況に応じて走行モードを使い分けることで燃費を節約しながらかしこく走ります。ですから圧倒的クラストップの別次元燃費記録数値を叩き出しているのですね。非常に魅力的な車です。

続いて日産・ノートの燃費情報についてです。

現在ネット上に公開されている情報ではe-powerモデルで34.0km/Lでガソリンモデルで26.42km/Lでした。あくまで実燃費数撃ちですので平均的な数値だけでみますとe-powerが20〜27km/Lでガソリンモデルが15〜20km/Lでした。

実際に試乗された方の意見としましては、数値とは別にあまり燃費の良さを感じられることはできなかったという意見もありました。

燃費数値は大げさすぎないか?という人もいるみたいなんですが、燃費数値は本当に的確で性能の良さを表すのにもっともなんですよね。ですから燃費が悪いなと思ったらすぐにでも運転の仕方を変えるべきなんです。運転の仕方によって燃費を悪くしてしまうことがあります。例えば、高速道路に乗っている時に頻繁にエンジンを切り替えてしまうといったことや、エンジンかけてすぐに発車してしまうだとか、負荷のかかる行為は決してやってはいけません。燃費劣化の原因に繋がってしまうからですね。

さて、ここまできてまとめですが、燃費総合評価で言いますと、ホンダ・フィットの方が燃費は良いと読み見れますね。

あくまでこれは私の意見ですので参考までにしてください。実際に自分の体で触れて目で見て最終的に判断するのはお客様自身です。

快適なドライブを楽しむためにもたくさん車と触れ合うのもいいかもしれません。

 

アイキャッチ画像引用:https://gazoo.com/impression/r299881.html

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ