フィット

【ホンダ・フィット】オイル交換時期とオイル量はどうなの?粘度は?

ホンダフィットは2001年6月21日に発表されその翌日の6月22日に発売された車です。ホンダ製品の中でも軽自動車を除いた乗用車の中で最も小さい乗用車になります。

今回はそんなホンダフィットの情報について調べてみました。

現段階ではそれぞれの良い点と悪い点があるのか、そのほかにも口コミの評価などの情報を踏まえ、

この記事ではそれらを順にご紹介していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダフィットのエンジンが不調…オイル交換時期?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダフィットは2006年に発売されたホンダ乗用車の中でも小さい車の分類になります。最新型が発表されたのが2018年7月27日に発売されたモデルである、3代目 GK3/4/5/6型になります。これはコンプリートカー「Modulo style」を追加し、さらにカスタムパーツを豊富に用意したことで売り上げもだんだんと良好になり色も選べる、まさにお客様に最適な車の提供を実現したのです。

そんなホンダ・フィットなんですが、問題となっているのがエンジントラブルです。一体どのようなトラブルが生じているのでしょうか。

結論から先に言わせていただきますと、この原因は点火によるものがほとんどだといいます。

また点火コイルの内部にある電気ノイズを取り除くことが目的の「雑防抵抗」の構造が不適切なため、「雑防抵抗」の末端部が断線するものがあり、断線が起きると点火コイルの出力が不足してエンジン不調になったとるケースも多く存在しました。

その他にもエンジンオイルの消費が多くなるといった事例もありました。

主にフィットのエンジン部分のトラブルはエンジンオイルの消費量が多くなってその結果エンジンが劣化するというものでした。

ホンダ・フィットのエンジンはいくつもの金属部品で構成されており、往復運動をするピストンが往復する筒であるシリンダー、ピストンの動きを回転力に変えるカムシャフトなどのこれらの金属部品どうしがこすれ合い、摩耗や熱で焼きついて点火を引き起こす原因が生まれます。そうしてこういった問題や事例が発生しているのですね。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

これはエンジンオイルの役割を記載している内容になります。全部で6つありまして、詳細は以下の通りです。

エンジンオイルの選び方なんですが、車種によって推奨粘度が異なるものでしてエンジンの保護性能や燃費性能などにも影響するので、推奨された最適なオイルを使うことを公式で推奨しておりました。

またHonda車には、Honda純正エンジンオイルウルトラシリーズをおすすめしていました。なぜならウルトラシリーズのエンジンオイルは、Honda車のエンジン性能を最大限に発揮するために作られた、最も信頼性の高い、Hondaオリジナルのオイルだからです。最適なエンジンオイルは、車両の取扱説明書でご覧いただくか、Honda販売店まで問い合わせることでドライバーにあったエンジンを提供してくれるようです。

そして気になるのがエンジンオイルの交換時期に関してです。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

エンジンオイルの交換目安に関しては標準的な時でだいたい1年程度だそうです。頻繁に乗り回す方に関しては半年ほどですので6か月から12か月を目安に自分で確認しながら不備があったら本店に行くことがいいと思っています。

公式にも掲載されていますが、オイルの劣化を正確に表す数値や目安などは今のところは存在しないらしいです。

ホンダフィットのオイル量は?オイル粘度は何を選ぶ?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

数値で表しますとざっとこんな感じになります。一般型のフィットはオイルは3.1~3.4と表記されています。あくまでこれが目安量ですね。ほかのフィットハイブリッドでも3.0~3.6が目安です。

そしてホンダ・フィットの最適なエンジンオイルの粘度(オイルの硬さ)は、1.5LのフィットRSで、5W-30,もしくは5W-40、1.3LのVTECで、0W-20,もしくは5W-30です。

この粘度は、フィットの取扱説明書でも推奨されている純正オイルの粘度であります。

フィットに限らずホンダのエンジンは非常に高性能でハイレスポンスです。高回転域まで回すと非常に気持ちのよい伸びで、ついついエンジンを酷使してしまいがちだと思いますので、エンジンオイルは良いものを選択するようにしましょう。待ち乗りでもあまり飛ばすことが無いという人はもちろんホンダ純正オイルでも問題ありません。

引用:http://bbs.kakaku.com/

オイルに関しての口コミの評判などを調べてみました。たくさんお声がありました。

オイル交換時期や性能に関してをこのように複数の記事で説明しているのですが、どのサイトを見ても当てにならないなんて意見が多数寄せられていました。

はっきりいってそうなんです。実際に乗用車の中でもフィットは小柄なほうでドライバーさんの乗り方によってオイルの劣化制度は下がったり上がったりするのが必然的です。

ですから少し荒い運転する方とそうでない方とたくさんいるかと思いますがそれによってオイルの劣化を生み出してしまうからなんですね。

ただ、オイルがなくなるのと劣化するのとでは話が変わってきますのでオイルがなくなるときにはエンジンからカラカラと異音が発生するのでそれが聞こえたときには手遅れになってしまいますのでだいたい6か月から12か月はめどにオイルを交換した方がよいかと思われます。

引用:http://bbs.kakaku.com/

また、こういった意見もありました。

オイルの種類(粘度)に関しては性能も重要ではありますが、お財布と相談することも重要だといいます。車にも自動車税が発生しますのでそこら辺を相談しながら決めないと後々に後悔を生むというわけなんですね。非常に参考になる意見ですね。

また、私のいうように半年で帰ることを基軸にした方がオイルだけでなくほかの性能や質の劣化を抑えることができるといった方もいました。それも個人の自由だと思っています。

引用:https://www.goo-net.com/pit

要するに、ホンダ・フィットのおすすめオイルの種類は1.5Lでは

・RS_4WD(AT_1.5)

・RS(CVT_1.5)

・RS(MT_1.5)

で、1.3Lで

・G_4WD(AT_1.3)

・L_4WD(AT_1.3)

・G(CVT_1.3)

・L(CVT_1.3)

ですね。それぞれ好みやら個人差はあるとは思いますがそれでもオススメのオイルだけでも見といて損はないと思います。検討してみるのもいいと思うので実際に本店に行ってみてみて下さい。

ホンダフィットのオイル交換費用はこのくらいかかります

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

そして金額の方のご紹介です。オイル交換費用についてです。

ディーラーでオイル交換を依頼するとエンジンオイル ウルトラNEXTのみ 約4600円 オイルフィルター込み 約8900円

エンジンオイル ウルトラGreenのみ 約4500円オイルフィルター込み 約8700円

イエローハットやオートバックスでもオイル交換は出来ますが、純正オイルを使用した方が良いので、是非、ディーラーでの交換をおすすめします。

それに伴ってイエローハットでのオイル交換費用の比較も紹介していきます。

実はネットや口コミを見るとディーラー査定よりもイエローハットでのオイル交換を推奨している方が大半を占めていました。それは信頼性よりも金額が圧倒的に安い!からなんですね。実際に私も驚きました。オイル交換となると3,4千円は超えるのが当たり前なんじゃないかと思っていたのですが実際にイエローハットで査定していただくとその金額はなんと2,3千円程度だったのです。安すぎますよね。

ディーラー査定の方が品質上の安心性などは高いですが金額面を配慮してしまうとおそらくイエローハットに勝るものはないくらいなのではと思うことと存じ上げます。

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ