フィット

【ホンダ・フィット】試乗評価は実際に乗ってみて良いの?悪いの?

5代目となったフィット

より力強さを増した印象のデザインと、新たに設定された2.5Lとハイブリッドエンジン。
実際に試乗された方々のコメントを交えてご紹介しましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダフィットの試乗レポート!

「フィット」の画像検索結果引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

エクステリアデザイン

まずはデザイン、ホンダの共通デザインフィロソフィーである「人・形・技術」を体現したかのようなデザイン。

デザイン的にかっこいいといよりかはいかに機能的か、いかに技術的かというところがいかにもホンダらしいと言えましょう。

コメントを見ても無難であったり、コンパクトカーの流行をたどったデザインというレビューが多いように思えます。

近年のコンパクトカーは一昔前のカワイイというよりか、幾分戦闘的なスタイルが多い傾向にあるもポイントですね。

内装写真引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/design/

インテリアデザイン

ホンダ車のウィークポイントとも言うべくインテリアデザインはやや辛口コメントが見受けられます。。

メーターや、インパネ周りなど全体的にすっきりしたデザインに収められています。

インパネの上部には、車両の様々な情報を表示してくれる6.3インチのディスプレイが収められています。

ホンダフィットといえば、タンクのレイアウトの配置によりコンパクトカーは思えないほどの室内空間です!

センターコンソールボックスは低くセットされており、中にはアクセサリー端子もあり充電器なども配置しやすく使いやすいセットになっています。

デザインは人それぞれ好みがあるから。私としては好み。機能性を包含してデザインされているものがいい。

エアロに関してはフロントマスクが、こうしても”口”に見えてしまって、そのうちノブレッセに換えようかと思ってます。
 ニッサンのデザインと酷似しているけど、あっちの方が断然かっこいい

室内空間が広くなり、特に後部座席についてはこぶし2つ分広くなった。
 しかしその分ラゲッジが縮小してしまったのには少しがっかり。
 でもスペアタイヤがない分、そこに荷物を入れられるかな。
 OPのラゲッジカバーつけているが、とても薄く本当に目隠し程度にしか使えないのにはガッカリした。

内装もとても良い感じでした。シートも座り心地が良かったし、乗り心地も静かで振動少なくとても良い感じでした。

プラスチックが多いですが うまく良くデザインされております
そしてリアシートを畳めば広大な段差無しのフラットなシートが
出来ます これホンダ車の最大の強み 

居住性は高く、デザイン面はやや辛めな印象のようです。

Honda SENSINGイメージ引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/active-safety/

走行性能・安全性能

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

フィットはホンダが誇る屈指の安全装置「Honda SENSING」が当然装着されています。

このHonda SENSINGの進化による機能は予防安全性能評価において最高ランクの「ASV++」を獲得しています。

家族をお持ちの方が検討する際は購入時にかなりここをポイントにされる方が多い様です。

また、走行性能は先代よりさらに良くなり上々の様ですね。
スズキの1200 マツダの1300とはまるで違う走りが楽しめます
どちらも合流とかの加速が遅すぎて危ない思いをしましたフィット1300は速くて峠も楽しめますよ

市街地走行はとても安定、高速道路ではHonda SENSINGの進化に感動。見た目が変わらないと言われていますが中身は大進化していると思います。」」

Honda SENSINGの安全性で家族との思い出もいっぱいになると思います。

かなり高評価を得ている様ですね。

ホンダフィットの実際に乗ってみた試乗評価は?

「vtecエンジン」の画像検索結果引用:https://carblo.net/vtec-engine

 新たなファンを増やす走行性能

さて、ここからは実際に試乗で乗ってその後購入された方の声を主に紹介していきましょう。

武骨なエクステリアからは想像しがたい乗り心地になったようなコメントがとても多いですね。

スムーズ、静か、といったようなコメントがとても多くホンダのクルマが一部のマニアックなファンから

ファミリー層へも支持を広げていっている様子がよく理解できます。

ホンダといえば、V-TECエンジンといった乗り方を期待する方はやはり一定数おります。

この代名詞とも言えるエンジンを搭載した走りにも注目が集まるホンダフィットですが感じ方かは人によって評価が分かれます。

独特のメカニズムの恩恵もある部分と、やや犠牲にしている部分もあるのは事実なようです。

この辺りも、コアなホンダファンと新たなファミリー層をバランス良く掴んで行ってる様子がよく分かります。

力強く、且つ走行性能、静粛性能、安定性を突き詰めた結果が現行のフィットにあると言えます。

このまとまりの良さが、今回のフィットの良さでありまた、少々物足りないと思う方が混在するあたりかもしれません。

ミッドナイトブルービーム・メタリック★1引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/modulo/

フィット2に比べてボディ剛性はかなり上がっているようです。フィット2RSで高速走行中に車線変更しましたら くにゃ・・と
なった事がありますが フィット3はならないです

GD3のときのようなダイレクト感 はありませんが、なめらかにパワーがあがっていく感じはいいです。
エコボタンを切ればよりパワフルになります。

乗ってすぐに感じたのがエンジン音に混ざっている「ジジジジジ」というか「ジャー–」という音です。アクセルを踏むと聞こえてきて、オフにすると音が消えます。市内などを走るシチュエーションでは結構気になります。1.3の試乗では聞こえなかったのですが、直噴エンジンのインジェクターの音らしいです。

静粛性がとてもあり、進化したHonda SENSINGが加わってより、良くなったのかと思います。
エンジン音や振動振動をほとんど感じません。走行してもロードノイズもほとんどなくとても快適でした。ボディの剛性感もあり、安心して乗れる自動車です。

「フィット 」の画像検索結果引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダフィットはこう乗れ!試乗のポイント

クルマに乗る目的は人それぞれです。

あなたはクルマに何を求めるかで、試乗する際に見方が異なってくることでしょう。

ドライブが好きなあなたは休みの日に、クルマに乗ることが趣味であったり。

仕事先へは、自家用車で通うことが日常であったり、ただただ、ホンダのフィットというクルマが好きで、、という方も。

休みの日にアウトドアが趣味で、家族を乗せてキャンプへ行くなら積載能力と居住性が大事という方も居ることでしょう。

様々な方が居られることでしょう。

実際に試乗された方のコメントを元に、試乗のポイントを考えてみましょう。

「フィット 荷室」の画像検索結果引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

大きさと積載能力

試乗して非常に運転しやすいし、後部座席も広いし、使い勝手も良いと感じました。

昔のフィットよりもかなり車幅が広がり、運転席も高くなり、別物のようになってしまったが、荷物が沢山入るのは魅力的。

車体の大きさというのはかなり重要な要素です。

もし自宅も周りが細い路地であったら?

勤務先がかなりワインディングロードだったら?

そもそも取り回すことがかなり大変ですよね…家の駐車場に入れるのが大変で買った後に買い替えをせざる負えないというのはよくある話です。

日常の生活でどうなるか、このあたりもよく見ておく必要がありますね。

安全性能

エアバッグシステム作動イメージ引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/passive-safety/

Honda SENSINGの性能がとても気に入りました。外観もとても良いです。

静かって言うのには物足りなさを感じましたが。安全面が(Honda SENSING)物凄く進化していて良かった。今のよりも満足してました。乗りやすいと

「Honda SENSINGの安全性で家族との思い出もいっぱいになると思います。

安全は、クルマを乗る上での大前提です。

試乗以前に、現代のクルマはどれだけ事故を起こしずらいクルマを造るか各メーカーがしのぎを削っています。

運転を、一つ誤ればクルマというのはただの鉄の塊です。

試乗しようとしているクルマはどれだけ安全で事故を起こしずらいのか?

ここは試乗時に、よく目を凝らして自らの身体で体験して判断をしてみる必要があるでしょう。

ハイブリッドイメージ写真引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/ecology/

燃費

走行1100Kmくらいですが、14.5Km/Lくらい。カローラが11Km/Lだった。

市内と郊外を半々で走って15km~16km/Lといったところです。同じようなシチュエーションで以前の車だと13km~14kmだったので伸びてます。

燃費性能というのは現代のクルマに於いて重要な要素です。

ガソリン代が高騰している昨今では、家計にダイレクトに跳ね返ってきます。

さらには、環境に配慮していることから電気自動車が徐々に増えています。

ただ、乗っていてワクワクすることが無いとクルマではありません。

どれだけ平凡なクルマであっても乗っていても心が躍るのか、アクセルを踏み込んだ際の喜びが得られるかがとても大事です。

また、フィットはハイブリッドかガソリンモデルかという選択も出来るのでどちらをとるかはランニングコストを抑える派か、イニシャルコストを抑える派かで異なります。

ガソリンモデルのパワフルなフィーリングか、ハイブリッドのなめらかな出だしもあなたの好みと相談しましょう!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ